topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あともう少し - 2014.07.18 Fri

あれはアクセス件数というのか。このブログのそれをいま確認したら、033230になっていた。
あともう少しで「3並び」になる。パチンコならば、大当たりだ、多分。パチンコはもう30年以上もやってないから、いまはどうなってるのか知らないが。

一日に1万10万のアクセスがあるブログもあるらしいから、それらに比べたらまことにささやかな数字だが、そういう人気ブログの多くは、多分、食い物や犬猫の可愛い写真入りだろう。ご承知のように、わたしのブログときたら、グダグダと文字だけが並んだ愛想もクソもないものだから、いつもお付き合いを頂いている皆様方には、感謝にたえない。

そういうわけで。「3並び」記念に、日頃ご愛読いただいている方々に、わたしの戯曲集のプレゼントはどうかと考えたのだが、その途端に、嫌な記憶が甦る。
もう何十年も前の話だが。あれはなにがあってそうなったのか、まったく記憶にないのだがとにかく、わたしの「竹内銃一郎戯曲集①~④」全巻を差し上げます、希望される方は応募して下さい。と、公に示し、それに、「但し、1名様に限らせていただくので、応募者多数の場合は抽選に致します」、と付け加えた。
だけんどもしかし。二桁くらいはあるだろうと思っていた応募が、な、なんと、ひとり! なにが抽選じゃいッ! とわたしはそのとき、ひどく傷ついたのだ。
なので。広く希望者を募りませんが、「竹内、読みた~い」という方は、その旨そっと、コメントかなにかでお知らせ下さい。

「moon guitar」も、あと残り少しのところまで来ている。いま現在45枚。50枚前後で終わらせたいと思って書いてきたので、あと5枚+α。野球でいえば、最終回のマウンドに押さえ投手がいよいよ登場、といったところ。サッカーに例えれば、幾本かのパスをつなぎ、時にはドリブルも織り交ぜながらゴールエリアまで詰めてきて、あとはシュートを叩き込むのみ、である。

岩松(了)さんは、書いてるときは読み返さない、修正もしないと公言されているが、わたしは繰り返し読み直し、修正も繰り返す。その修正の大半は、語尾だとか、「沢山」を「いっぱい」にとか、言葉の位置を変えるとか、実にみみっちい、多くのひとは、その修正に気づかないような種類のものだ。

改めて言うまでもないことだが、台詞=言葉には、意味だけでなく、音やリズムも含んでいる。台詞は俳優がそれを発語することで観客に伝えられる。多分、多くのひとは、台詞に同意したり疑念を抱いたり、あるいは、感動したり泣いたり笑ったりするのは、言葉の意味への反応だと思っているのではないか。しかし本当は(?)、まず台詞の音の響きやリズムからなにかを感じ取り、意味はそれに遅れてやって来ているはずなのだ。
わたしの修正のほとんどは、台詞のリズムの調整に絞られている。

どういうリズムを良しとするかは、体調に左右されているようで、もちろん、体調は日によって違うから、昨日はOKとした台詞が、今日はNGということもよくある。昨日と今日、どっちを採るか、判断に迷うこともしばしばだ。

C・イーストウッドは、基本的にワン・テイクしか撮らないらしい。多分、彼の俳優としての経験がそういう方式を選ばせたのだろう。テストを繰り返すたびに俳優(の演技)は出がらしになっていく、そう思っているのだ。
一方、小津安二郎は、10回20回とテストを繰り返すことで知られている。多分、小津は、出がらし状態の向こうに、俳優個人の真実、あるいは、それさえも超えた人間=世界の真実が見えるはずだ、と思っていたのだ。

最近、「自分らしさ」とか「ありのままで」などという言葉が批判の的になっているようだ。Wカップに出場した日本チーム(の選手達)が、「自分たちのサッカーが出来れば」と繰り返した挙句に惨敗してしまったことがキッカケだ。

小津が執拗にテストを繰り返したのは、わたしが前述したような「(映画の)心地よいリズムの探求」のためであったと思われるが、もうひとつ、「自分らしさ」などという迷妄から、俳優を解放するためでもあったのではないか。
C・イーストウッドも方法は違うが、求めているのは同じことである。本番一発で決めるということは、少しのミスも許されないということだ。そんな状況下で、「ありのまま」など通用するはずもない。舐めるな、という話である。

このところは、3枚書いて2枚消し、という進行具合だ。あと5枚。出来ることなら今週中に終わらせて、早く楽になりたいのだが。週末の競馬が …‥







スポンサーサイト

● COMMENT ●

ぜひ読みたいです!
、、しかし一般に入手できる戯曲集は全部読ませていただいているような、、単行本などになっていない戯曲が読めれば嬉しゅうございます!
でも、舞台が拝見できるが一番でございます。

Re: タイトルなし

おめでとうございます。早い者勝ちということで、あなたに戯曲集、贈らせていただきます。
上記メアドまで、お名前・住所をお知らせ下さい。

> ぜひ読みたいです!
> 、、しかし一般に入手できる戯曲集は全部読ませていただいているような、、単行本などになっていない戯曲が読めれば嬉しゅうございます!
> でも、舞台が拝見できるが一番でございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ご愛読ありがとうございます。
わたしの戯曲賞プレゼントのこと。先にコメントいただいた方は、わたしの戯曲は
全部持っておられるということなので、他の方に権利(?)をお譲りしたいというでした。
イノブタさん、もしも戯曲集をご希望されるのでしたら上記メアドまで、
お名前・ご住所をお知らせ下さい。

> いつもBlogを楽しみに読ませて頂いています。
>
> 3並び…おめでとうございます(*^^*)
> 戯曲集は、少し出遅れてしまったので、図書館に借りに行って楽しみたいと思います。
>
> これからも竹内さんの口から、どんな言葉が飛び出してくるのか楽しみにしています!

戯曲欲しかったです

狙っていたのですが油断していました。
いちおう欲しがっている者が他にもいたとお知りおき下さい。最近のファンです。
最初は早とちりで好きな台本もらえるのだと勘違い。見ることができなかった「満ちる」を読んでみたかったし、「Moon Guitar」を読んでから土橋演出を楽しむ、というのも面白そう、など妄想してしまいました。
私も戯曲集は図書館に借りに行こうと思います。

Re: 戯曲欲しかったです

ご愛読ありがとうございます。
「満ちる」の台本は、雑誌「テアトロ」の2012・4月号に掲載されています。
「moon guitar」の台本も、なんらかの形で不特定多数の方々が読めるようにしたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。


> 狙っていたのですが油断していました。
> いちおう欲しがっている者が他にもいたとお知りおき下さい。最近のファンです。
> 最初は早とちりで好きな台本もらえるのだと勘違い。見ることができなかった「満ちる」を読んでみたかったし、「Moon Guitar」を読んでから土橋演出を楽しむ、というのも面白そう、など妄想してしまいました。
> 私も戯曲集は図書館に借りに行こうと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/898-1b0160c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

果報は寝て待て。 «  | BLOG TOP |  » 美しさ=人知を尽くし、超えたもの

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。