topimage

2018-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケロリンと生きるという選択 - 2014.06.06 Fri

喉がひりひりするので、まだ花粉が? と思いきや、どうも風邪をひいてしまったらしい。少々熱っぽくてからだもだるい。

火曜日、ウイングフィールドで芝居を見た際、わたしは冷房の風が直撃する席に座っていたのだ。多分、あれが原因だ。その日はなんということもなく、翌日の午前中は2時間ほど散歩をしたのだが、体調の異変に気づかず、夜、お風呂に入ったのもまずかった。床につくがなかなか寝つかれず、眠れないまま朝になって、ようやく体調不良に気づく。
幾日も続いた猛暑にダメージを受けて、からだが弱ってもいたのだろう。

横尾忠則の『隠居宣言』読了。編集者の用意した質問に横尾が答える、という体裁になっている。大半の質問は、「隠居」に関するもので、となると、結局のところ、横尾は自らの人生観が語るほかなく、退屈ではないのだが、似たような話の繰り返しで途中で飽きてしまった。質問が似ているのだから、答えが似てしまうのは当たり前の話だ。

ここで何度か前に書いた、深沢七郎と健さん。おふたりとも横尾とはつながりがある。もちろん、意図していたわけではない。
F・S氏は、彼の団子屋の包装紙のデザインを横尾に依頼していて(ただで!)、また、横尾の健さんファンは有名で、あれはなんの映画祭だったか、背中に刺青を背負った健さんを真ん中に置いたポスターも描いている。それがきっかけなのか、11PMで実現したふたりの対談は、ともにもじもじして10分ほど何も喋らず、そのまま終わってしまったことで、いまも伝説となっている。

隠居宣言は、自由の獲得のためだったと彼は書いている。まさに時代の寵児であったイラストレーター時代は、忙しいばかりでほんとに辛かった、と。そして、隠居生活の快適を知って、あと10年早く宣言すべきだったとも。

よく、仕事に追いまくられて忙しい状態を、自慢げに語るひとがいるが、イスラムの世界ではそういうひとは軽蔑の対象になるらしい。神への祈りに割くべき時間を削って働いているからだ。

いまだに「生涯現役」を誇らしげに語るひともいる。横尾は、定年になったらもう働くのをやめて、好きなことをしながらのんびり暮らせばいいのにと書いているが、わたしも同感だ。
サラリーマンにはある定年が、わたしらのような仕事にはないので、自分で決めなければならない。横尾の宣言はそういう含みがあったようだ。ま、需要がなくなれば自然にリタイア、ということになるわけですが。

一度は読むのを放棄したが、一応最後まではと思い直し読むことにしたら、こんな箇所があった。

「異路倫」と書いて「ケロリン」って読むんです。異路倫っていうのはどういう意味かというと、「アウトサイダー、異端」っていうことです。ドロップアウトしたっていうことかな。つまり、世の中の約束事、慣習、慣例、習慣、常識、定番、法律、法則を無視した生き方ですね。(中略)そういう生き方の技術を学ぶ、隠居の技術っていうのはそういうもんじゃないかなと思いますね。

これは、隠居と隠者とはどう違うのかという質問への回答で、鴨長明(隠者の代表)みたいな生き方は、ストイック過ぎるでしょ、もっと気楽に、という言葉につなげたもの。

アウトサイダー、異端というとなにやら大仰だが、ケロリンという音がいい。ふざけているようで、カッコイイ。




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/888-4fefe272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

表現は全体でするものだから … «  | BLOG TOP |  » 荒唐無稽の彼方へ

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。