topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなことがあるのか …?! - 2014.05.07 Wed

6日、水沼夫妻、我が家に来訪。奥さんにホームページの作成をお願いしていて、内容をどうするか、水沼氏経由の電話やメールでは、わたしが用語等まったく理解出来てないので、申し訳ないけど直接お話を、ということにしたのだ。

これまでわたしが書いた戯曲のリストを載せることにし、どうせ作るなら詳細なものをと考え、単行本には入ってないけど、雑誌には掲載された何本かの戯曲の掲載号をネットで調べていたら、思わぬ情報が目に入る。
昔、秘法に所属していた長野がなんと、大学の先生になってて、本も出しているというのだ。

長野隆之。札幌の高校の演劇部出身。全国大会にも出たと言っていた。はっきりと覚えていないが、高校卒業後、大学にはいるために上京。しかし、演劇を諦めきれず秘法に入団。俳優兼演出助手として、『バラバラ「百頭女」殺人事件 迷宮』に参加も、多分この公演のあと、大学に行きたいということで退団。いや、この次の結局これが解散公演となった「ひまわり」にはスタッフとして参加していたかもしれない。
そうだ、「百頭女」の次回作を、当初は「忍者の娘」というタイトルの作品を予定していて、その宣伝のために「忍者通信」という新聞(?)を何度か発行し、彼はその編集長だったはずだから …

やめた後、他の劇団員から「大学の同級生達から、おっさんと呼ばれているらしい」という話を耳にしたことはあったが。彼は老け顔で、しかも大学入学時には25、6歳になっていたはずだから、そりゃ言われるわなとみんなで笑ったりしていた。
あれから20数年を経て、まさか大学の先生になっているとは! 頑張ったんだな、エライぞ、長野!

近況を知りたいと思い、長野隆之で検索し直してみたら、なんと、彼の訃報が載っていた。
一昨年の12月に亡くなったらしい。

そんなバカな! ドラマでもあるまいし。


これも奇遇というのか、藤井先生という、わたしが3月まで勤務していた近大文芸学部・文化歴史学科の先生と一緒に、何年か前に学会で発表をしたことがあるらしいことも判明。
藤井先生とは、学部の就職対策委員として一緒に仕事をしたこともあった。先の事実を知っていれば、長野のこと、あれこれ聞けたのに …

長野は自分の公的な経歴に「秘法零番館に所属し …」などと書いていて、だから「秘法…」の検索にひっかかったのだ。
民俗学研究者のキャリアにはなんの関係もないのに、書きますかね、フツーそんなこと。
それが嬉しくまた切なくて …

わたしの辞書には「反省」とか「後悔」なんてことばは載っていないのだけれど、こんなあんまりな事実を突きつけられると …

卒論のタイトルは、『語られる民謡ー歌の「場」の民俗学』。単行本のタイトルは、「民謡の場をめぐる民俗学的研究』。
宮澤賢治の研究もしていたらしい。ご教授願いたかったが、もういない。
去るものは追わずという<わたしの生き方>がうらめしい。

胸ふさがるる思いとはこのことだ。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/880-27cec8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

泣いて、そして、笑うのだ «  | BLOG TOP |  » われいまだ修業中の身ゆえ ……

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。