FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れのち雨のち … - 2014.03.24 Mon

土曜深夜。関テレの「うまんちゅ」に大和屋くん登場。懐かしや、10数年ぶりの再会。テレビの画面越しだけど。
髪が真っ白になっていて、一瞬目が点に。苦労してんだなあ。でも、天皇賞馬の馬主だもんなあ。
もう41歳。その話しぶりが若い頃と同じで、怪気炎。笑った。ジャスタウェイ、今週のドバイも勝っちゃうんだろうか?

なんてことがあったと思ったら、今日の昼過ぎ、思いがけぬ訃報が届く。卒業生が亡くなったという。まだ27,8ではなかったか。いくらなんでも若すぎるゾ。いくら非情なわたしでも、沈むときは沈む。

というところへ、その2時間後。これまた思わぬひとから電話。最初の劇団、斜光社の後半から次の劇団、秘法零番館の初期の公演ポスターを作ってもらっていたSくん。ことばを交わすのは、多分30数年ぶり。初めて会ったときは、まだ美大の学生だったが、幾つになったの? と聞いたら58で孫が3人もいるという。アチャー。

寺山修司の、多分「コメット・イケヤ」(ラジオドラマ)だったと思うけれど、新しい星が発見されたときには、どこかでひとつ星が消えてる、世界はプラスマイナスがゼロになるようになってる、というような台詞があったが …

「王になった男」。韓国映画。酒席でタイコ持ちみたいなことをやっていた下賎な男が、王に似ているというので影武者になって …というお話。どこといって新味はないが、シナリオがうまく書けてる。とりわけ脇役が。演出も手堅く、俳優達もお上手。王妃役の女優さん、役に相応しい高貴な香りを醸しだしている。どういうお方であろうか?
めまいを覚えるほど美しい!



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/867-9b7a014f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

慎んで、慣れないことは、大切なことです。 «  | BLOG TOP |  » わたしだって一応生身の人間

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。