topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん、ありがとう - 2013.12.19 Thu

あるいは、いきなり?!と思われる方もいるでしょうが、DRYBONESを、本年をもって解散致します。

解散は、ずいぶん以前から考えていました。わたしはペシミストで、なにか新しいことを始めようと思うのと同時に、これはいつまで続くのか、終わりはいつ来るのか、どのタイミングでどのように終わらせたらいいのか、と考える癖があるのです。間もなく定年で退職する現在の職場に来た時もそうでした。

オリンピックの開催が4年に一度なのはどういうわけだか知りませんが、いつの頃からか、わたしは4年を一区切りとするようになりました。なにかを始めて、4年経ったら続けるかどうかを考える。
ドラボの発足は2008年ですから、そう、発足4年目になる去年から継続すべきかどうかを考えていたのです。

そもそも、はじめは教師が主導するちょっと風変わりな学生劇団という位置づけでした。なので、入ってくる学生たちには、3年生の夏の公演を最後に引退するのが原則、それまでは授業よりなにより劇団の活動を優先してほしい、と言い渡したりもしました。この大原則が、緩やかに崩れていった、というのも解散決定の大きな理由のひとつです。
当初は想定していなかった、卒業後も劇団に残るひとが出てきました。もちろん、これはありがたいことでしたが、一方で、学生・社会人、それにわたしの混合となると、稽古時間や公演期間の設定がきわめて難しくなりました。当初はほぼ毎日稽古をしていたのですが、卒業生たちは、そんなことをしていては日々の暮らしがままならないし、一方、学生たちからは、いろんな先生のいろんな授業を受けたい、という希望が出てきて …。
そのようにして、毎日稽古の原則も崩れていったわけです。

むろん、それらを非難しているわけではありません。致し方ない事情だと思います。でも、上記の原則が守られなければ、巷に溢れるクズのような自称「劇団」となんら変わるところがないわけで、あえて高飛車な言い方をすれば、そんなところで芝居を続けることに、わたしは積極的な意義を見出せないと、こういうわけなのです。

前述したように、入ってくる学生たちには幾つかの約束をさせましたが、わたしの方もひとりは苦しいけど、劇団員がふたり残っていれば定年まで劇団はやめないと、彼らに約束をしていました。要するに、このタイミングで約束の期限も来たわけです。

劇団員からは、解散公演は?という声もありましたが、「その後」を設定しえない公演に意味などないだろう、と答えました。そんな打ち上げ花火みたいな公演、意味ないでしょ。すみません、無愛想で。

よく4年も続いたな、というのが正直な気持ちです。劇団員、スタッフとして公演に関わってくれた人たちには感謝しています。十数年前に一緒に芝居を作った、保、武田さん、原さん、そして、いまは職場の同僚になっている水沼さんと、また芝居を作ることが出来たのも、ドラボという場があったお陰です。

そして、お客としてわれわれの公演のために劇場に足を運んでくださった方々、毎度毎度悪口雑言を並べたてているこのわたしのブログに飽きもせずお付き合い下さった変わり者の皆様、本当にありがとうございました。

今後のことですが。
劇団員たちには、解散の話をした際、続ける者がいればサポートを惜しまないと伝えたのですが、今のところその意志を受け取ってはいません。
わたしももちろん、これで演劇の活動を停止するつもりはありませんが、もう劇団活動はドラボで腹いっぱい。要するにフリーになるわけですが、どこからもオファーがなければそれまで、ということですね。

わたしは退屈ということを知らない男で、そうなったらそうなったでやりたいことは山ほどあり、手元にありながら見てない読んでないDVDや本は山ほどありますし、そう、週末には競馬があって、集中すれば競馬で生活費を稼ぐことも夢じゃないと、まあ、夢のようなことも考えているわけです。

今日これから、残務整理のための話し合いがあります。ホームページやブログはどうするのか、わずかながら劇団に残っているお金をどうするか等々、まあ、考えればいろいろあるんですねえ。
それから関係者の方々も交えての納会、と。

最後に、今年亡くなった打撃の神様、川上哲治の胸をつくような名言を。

やっぱり10連覇して、お辞めになりたかったんじゃないですか、というインタヴィユアの質問に答えて、
曰く、「花道というものは、負けて渡るものですよ。勝って渡りたいと思うのは、虫がよすぎます」

もう一度。これまでご支援下さった方々、本当にありがとうございました。






スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございました

こちらこそ、ご支援賜りありがとうございました。
わたしは、生来の気まぐれ者なので、ひとっところにじっとしているのが性に合わないのです。
ブログは、場所を変えて継続したいと思っていて、こういう方面に詳しいひとに、どうしたものかと相談しているところです。
今後ともよろしくお願いします。


> 神戸から公演に足を運ばせていただいていた澤田と申します。
> いまは郷里の熊本で喫茶店を開いており、前回公演は遠くご案内をいただきましたが、伺うことができませんでした。
> 竹内さんの芝居を定期的に観れなくなるのはたいへんさびしいのですが、
> これまでの舞台を観れたこと、感謝しております。
> 今後の活動はきっとこちらで目を皿にチェックしないと(活動のホームページとか設けられませんよね、、?)ならないと思いますが、
> 気長に愉しみに待たせていただきたいと思っております。

Re: お疲れ様でした。

あ、この間は福田さん経由でメールありがとう。
昨日、引越し先が決まりました。最初は競馬場のある淀にと思っていたのですが、人気がなくてあまりに寂しく、3日おきくらいに蒲団の中で泣いてなきゃいけないんじゃないかと想像し、淀はやめて、そこから電車で3つくらい離れた駅の近くにしました。
ブログは場を変えて継続するつもりです。タイトルも変更。一応、「きのG通信」とするつもりです。
因みに、「きのG」とは、前述した福田さんも参加した「さいたま」の同窓会に、メンバーが連れて来た子供たちがわたしにつけたあだ名です。



> 竹内銃一郎様
>
> 劇団活動、そして大学でのお勤め、お疲れ様でした。
>
> 僕の方は今、てがみ座という劇団で演出をしています。あくまでも「雇われ演出」という立場を守りながら。
>
> ヒンドゥー五千回の方はもう4年近くお休みしていますが、来年辺りから新しい形で再開しようと目論んでおり、今年からその準備に取り掛かろうかと。僕の方はそんな具合であります。
>
> 竹内さんのことは(勝手な言い方ではありますが)、気にかかっておりまして、「どうされてるだろうかなぁ」と。まあブログで文章は読ませていただいていましたから「相変わらず手厳しい発言の数々!」と安心すると共に刺激を受けていたわけであります。
>
> てがみ座が何年かうちに京都で公演をやりそうなので(昨年は京都芸術センターで3日間やりまして)、また京都で打つ時には、演出した芝居なんぞ観ていただけたら嬉しく思います。
>
> また東京にいらっしゃる機会がありましたら、是非お酒でも。
>
> あ。劇団はやめてもブログは是非続けていただきたい!と。偉そうにすみません。
>
> 寒い日が続きそうです。
> どうかご自愛ください。
>
> 扇田拓也
> 08035032170
> t1000ch@softbank.ne.jp


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/856-87800bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

老いては子に従え «  | BLOG TOP |  » 訃報

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。