FC2ブログ
topimage

2018-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪瀬の定まらない視線と安部ちゃんの舌足らず、ドーよ。 - 2013.12.04 Wed

ああ、もう師走。でも、先月半ばあたりからずっと走ってる感じ。
学部内、専攻内で次から次と難事があって、その対応のための会議が連日あって ……

そんなわけで、まだ残り一ヶ月ほどありますが、今年見た映画、読んだ本のランキングを以下に。
対象は、あくまでも今年わたしが触れたものなので、公開・発表されたのはずっと前、というものも含まれています、念のため。

映画
作品賞
①「グランドマスター」(監督ウォン・カーウァイ)
②「フィッシュ・タンク」(監督アンドレア・アーノルド)
③「ルアーブルの靴みがき」(監督アキ・カリウスマキ)
                              (順不同) 
最優秀監督賞
 アキ・カリウスマキ
 運びはゆるやかのようでいて、サクサク物語が進む。常にユーモア溢れる画面。これまでの作品から明らかに一歩先に踏み出した勇気も買いたい。
主演男優賞
 トニー・レオン(「グランドマスター」)
 ひたすらカッコイイ。渋い、とはこのひとのためにあることば。
主演女優賞
 田中裕子(「夜叉」)
 もの悲しくて、それが色っぽさにつながっている。好きだぁ。
助演男優賞
 神戸瓢介(「集団奉行所破り」)
 こんなに芝居が出来るひとがどうして評価されなかったのか。どんなひとかとネットで調べてもなにも出てこない。
助演女優賞
 「フィッシュタンク」のヒロインの妹役の子供
 こ憎らしいほど芝居がうまい。そら恐ろしい。
新人賞
 内藤瑛亮(「先生を流産させる会」の監督)
 この映画は二年前に公開されたものらしい。次回作ってもうあるのかな?
特別賞
 内田吐夢 「宮本武蔵」「妖刀物語 花の吉原百人斬り」における卓越した演出力に唸る。


①「医学部講義」神田橋條治(創元社刊)
 「生体は治ろうとする傾向を持っているの」だから、「病気が治るのは、結局、自然治癒なの」
②「意身伝心 コトバとカラダのお作法」田中泯×松岡正剛(春秋社刊)
 「私はダンスです。(中略)ダンスの方が私より大事なんですね」(田中泯)
③「溶けていく暴力団」溝口敦(講談社+α新書)
 「今、暴力団に残っているの者は年寄りか怠け者といわれる」

演劇は、A級Mの土橋くんの演出家としての手際のよさが記憶に残るくらいで、他には ……

ついでに、竹内身辺の今年のおめでた3大ニュースを。

①ティアーモ、持ち馬(といっても500分の1ですが)として初めて、GⅠのオークス、秋華賞に出走。
②POG所有馬キズナ、ダービー勝利。
③専攻の学生、芝原さんが卒業戯曲として書いた「マッシュホール」で、今年の「日本の劇」戯曲賞を受賞。

ま、こんなところですな、今年は。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして。神戸瓢介ファンの者で、検索でこちらに辿り着きました。
私も昨年から神戸さんに注目し始めましたが(日活映画ファンでもあるので、主に日活在籍時の活動が中心ですが)、お書きになっているように非常に情報が少なく、淋しい思いをしておりました。
こちらを拝読して「こんなに芝居が出来るひとがどうして評価されなかったのか」とのお言葉に、本当に胸が熱くなる思いです。
(それも長きにわたり演劇活動をなさってきた竹内さんから頂けた言葉だけに、感激もひとしおです。)
私が言うのも変ですが、ファンのひとりとして御礼を申し上げます。

私が知る限りの神戸瓢介さんの情報は、以下の通りです。
神戸さんは上方落語の噺家から俳優に転身した人のようで、1931年9月18日生まれ。
(情報ソースはこちらです。→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AE%B6%E6%9F%93%E4%B9%8B%E5%8A%A9
ごく最近得た情報によると(未確認ながら)もう故人のようです。
日活には1958年頃から1964年頃まで在籍。コメディリリーフとして大いに活躍。
その後は東映京都を中心に各社で活動。テレビの仕事(アニメ『ロボタン』の声優や橋蔵版『銭形平次』の準レギュラーなど)も多かったようです。

以上、長々と失礼いたしました。ブログの記事を大切にブックマークさせていただきます。それでは。

Re: タイトルなし

ああ、ブログなんかやってるとこういう方とも会えるんですねえ。感激。

にわか神戸ファンで申し訳ありません。
50~60年代の日活映画もそれなりに見ているのですが、どんな映画に映画に出演されてるのでしょう?


> はじめまして。神戸瓢介ファンの者で、検索でこちらに辿り着きました。
> 私も昨年から神戸さんに注目し始めましたが(日活映画ファンでもあるので、主に日活在籍時の活動が中心ですが)、お書きになっているように非常に情報が少なく、淋しい思いをしておりました。
> こちらを拝読して「こんなに芝居が出来るひとがどうして評価されなかったのか」とのお言葉に、本当に胸が熱くなる思いです。
> (それも長きにわたり演劇活動をなさってきた竹内さんから頂けた言葉だけに、感激もひとしおです。)
> 私が言うのも変ですが、ファンのひとりとして御礼を申し上げます。
>
> 私が知る限りの神戸瓢介さんの情報は、以下の通りです。
> 神戸さんは上方落語の噺家から俳優に転身した人のようで、1931年9月18日生まれ。
> (情報ソースはこちらです。→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AE%B6%E6%9F%93%E4%B9%8B%E5%8A%A9
> ごく最近得た情報によると(未確認ながら)もう故人のようです。
> 日活には1958年頃から1964年頃まで在籍。コメディリリーフとして大いに活躍。
> その後は東映京都を中心に各社で活動。テレビの仕事(アニメ『ロボタン』の声優や橋蔵版『銭形平次』の準レギュラーなど)も多かったようです。
>
> 以上、長々と失礼いたしました。ブログの記事を大切にブックマークさせていただきます。それでは。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/854-ce2b3b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訃報 «  | BLOG TOP |  » 公演のお知らせ

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。