topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは愛の鞭? - 2013.07.18 Thu

卒業公演用戯曲、書きあがり。明日から函館へ競馬に行くので、パソコン荷物になるし、持って行きたくないなあと、徹夜の頑張り。

時間も限られていたし、学生のピンチヒッターということもあって、もうひとつ気乗りのしない仕事だったが、一応出来るだけのことだけはやったし、もちろん、お金を取らない、いうなれば素人芝居だからといって、一切の手抜きもしていない。

これまで書いた戯曲のほとんどは(映画シナリオもそうか)、書く段階でキャストの概ねは決まっていて、だからいわゆるあてがきってヤツをしていた。能力的にもの足りない俳優など、あてがきで能力以上に評価されることもある。ま、下駄をはかせるようなものですね。ほんとは1・60メートルの身長しかないのに、あてがき効果で1・8あるように錯覚される。観客が錯覚するのはいいけれど、演じてる本人が錯覚してしまうのは困ったもので、実際、そんな俳優が巷にはゴロゴロしている。

今回は、卒業公演に誰が出演するのかは知っているけれど、わたしが書いたものは誰がやるのか全然知らずに書いた。だから、前述したような下駄は全然用意されてないから、演じる学生は、相当大変だろう。

内容は、かすかにホラーがかったミステリーというか。自分で言うのもなんだが、演じるのに繊細な神経を
必要とする戯曲だから、正直、学生たちには歯が立たないのではないかと思う。例の如く、ところどころで下らないギャグみたいなのが入るから、マジメにとればいいのか、そうでないのかが、粗末な脳の持ち主だとさっぱり分からないという ……。おまけに、演出するのも学生とくればなおさらだ。世の中には、いくら頑張ったって出来ないもの・ことがありますからね。

ひどい? ひどいくらいでいいんですよ。ほんといまの若い子たちの大半は甘やかされて育ってんだから、卒業前にこの程度の試練を与えてやらないと。愛の鞭? んー、ま、そういうことにしておきましょう。

今週末は函館。来週末は、小倉へ競馬。文字通り、東奔西走の夏休み。結構な生活です。これで馬券をあてて、ザクザクお金が入ったら、竹内はきっと昇天いたします。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/837-2b43dfdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忘れられた人々 «  | BLOG TOP |  » ちょいちょい

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。