topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅せられて - 2013.06.20 Thu

何回か前に触れた映画の題名を間違えてました、また!!
「フィッシュストック」ではなく、「フィッシュタンク」です。ストックとタンク。似てるっちゃ似てますけど。

その時に退屈だと書いた映画「ヒミズ」。でも、唯一例外というか、これはイイかも?と思った女優さん、二階堂ふみが出演した、岩松さんの「不道徳教室」を見る。

期待に違わずといった感じで、目を見張った。というか、彼女が舞台上にいる時はずっと彼女を追いかけていた。それこそストーカーみたいに。物語の軸になっているのが、実は女子高生と彼女をストーカーしている高校教師なのですが。
ま、そんな不埒な行為をしたくなるのも無理ないさ、と納得させるのに十分な可愛さ。いや、可愛いだけなら、今時腐るほどそんな女優さんはいるわけで。
舞台女優の良し悪しは、結局、立ち姿と声で決まるわけですが、彼女はどっちもハナマル。とりわけ声に素晴らしく力がある。AKBの大半にいらっとするのは、あの甘ったるい声のせいですが、彼女らの声と対極にある声と言えば想像が出来るだろうか。蒼井優の声にも驚いたが彼女に匹敵する素晴らしい声の持ち主。更に。実際のところはよく分からないけれど、演出家・岩松さんの要求にそのまま素直に従ってやってるわけじゃないな、と思った。分からないところ、妥当だとは思えない要求は平気でスルーしてやってるのではないかと。若いのに大物感たっぷり。もちろん初々しさもあって、とりあえず言うことがない。率直に言って、相手役の大森南朋に力がなく、彼女の力量がフル回転されないもどかしささえあった。

でも、以前に石原さとみについても書いたが、潜在能力の高い俳優ほど、結果的に恵まれないのが日本の現実の環境で。石原さとみの代表作ってなに?といわれても、誰にも答えられないんじゃないか。多分、当人も。あんなにデキル女優さん、そんなにいないのに。

二階堂ふみ。テレビサイズでは間に合わない豊かな才能。開花した姿を観たいのだけれど ……


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/832-cde5e13c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世の出来事とは思えない … «  | BLOG TOP |  » 「悲劇喜劇」今月号掲載原稿

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。