topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満員御礼 - 2013.04.23 Tue

「なつゆめ」めでたく終了。恐れていた地震もなく、お陰さまで、どうなってんだと思うほどお客も入った。
しかし、その理由・原因がはっきりしない、だから釈然としない。シェイクスピアをやれば客が入るというのなら、シェイクスピア押しでやってもいいんだけど ……

昨日の打ち上げで、打ち上げの始まりの挨拶ににつかわしくない、長い長い話をした。いろんな話をしたが、以下はそうのうちのひとつ。
長くやってると、よほどのバカじゃない限り、それなりのテクニックが身につく。そんなテクニックだけではなしえない作品を作りたいといつも思っているけれど、今回も出来なかった。つまり、手の内で出来てしまった、作ってしまった。それが残念だ、云々。
あるいは
保、武田さんを除くと、おそらく自覚はあると思うけれど、みんな下手糞だ。でも、下手糞はダメかというとそうじゃない。下手糞じゃないと出来ないこと、下手糞でも保や武田さんに出来ないことが出来るはずだ。うまくなろうとなんかせず、そのことを考えてほしい。高橋源一郎の受け売りだけど、誰にも自分だけが歩く道があるが、それはすでにあるものではなく自分で歩きながら作っていかなくてはいけない。誰かに憧れるのはいい、だけど、そのあとをついて行くだけでは、永久に憧れの対象に追いつくことは出来ない。自分の道は自分で切り開いていくしかないのだ、云々。

保、武田さん。俳優としての力量もさることながら、やはり、芝居への傾き方がいい。稽古に臨む姿勢が素晴らしい。生き方こそが思想なのだ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

公演お疲れ様です。
感想をこんなところに書くのも失礼な話ですが、忙しい時間を割いて2300円支払って観に行ったので、ご無礼をお許し下さい。
感想は率直に面白かったです。あらかじめ原作戯曲を読んで予習していたので、話もすんなり入ってきました。
恋愛関係にある4人の男女が入れ替わったりする分裂(?)したりするシーンは圧巻でした。

ただ、竹内さんはこのブログ内で保さんという俳優を評価していますが、俺はこの保さんの演技が始終不快に感じました。
小慣れてらっしゃるのか、力半分くらいでやってるみたいな印象を受けました。楽に流してる感じとでもいうのでしょうか。
他の若い人たちの頑張りが分かるぶん、なおさらそこが目につき不快でした。

そこだけが、不満でした。
まあ、俺の勝手な主観です。あの演技が、逆に素晴らしいと感じる人も沢山いらっしゃるでしょう。

面と向かって竹内さんや保さんに言う根性のないヘタレな俺なので、こういう形で感想を書きました。(芝居が終わった後にアンケートを書くのは、なんか嫌なんです)

以上、匿名で卑怯だとは思いますが、2300円払ったので、これくらいの無礼はお許し下さい。

竹内様、役者の皆様、公演お疲れ様でした。

横浜から新幹線で観に行った甲斐がありました。

劇場での演劇鑑賞など経験があまりないのですが、今回は身内、というかとある新人役者の晴れ舞台ということで拝見させていただきました。

数少ないいままでの演劇鑑賞は県立文化会館等の舞台と客席が完全に分けられている空間での鑑賞ばかりでした。

ちなみに憶えている演劇は「モモと時間泥棒」、あと名前は忘れましたが有名な俳優の現代劇などでした。

今回のような舞台と客席が一体となっているような場所、そしてシェイクスピアのような古典作品の観劇は私にははじめての経験でした。


おまけに(ホントは後ろのほうでそっと観ている積りだったのですが)一緒に観に来てくれた友人(大阪のオバチャンです)がよくみえるようにと、最前列中央に陣取ってしまいました。

おかげで役者さんが飛び回るたびに邪魔にならないように足をちいさく折りたたんだり、身内が目の前で演じるときはなるべく下を向いて気にならないようにと余計な気をつかったり、新鮮で楽しい経験をさせていただきました。

竹内先生の脚本は、、一人二役三役どころか、ひとつの役を何人もが入れ替わり立ち代り、

おなじセリフを機関銃のようにあるときは同時に、そしてまた場面が変わっておなじセリフが登場する、

というようにまるで台風で氾濫した川の濁流のように観劇ど素人の私を翻弄してくれました。

そのなかで一番感じたのは私の身内をはじめ役者さんたちがどれほどこの芝居のために普段の稽古にのめりこんで頑張ってきたのだろうかということです。

確かにプロの役者さんからみればまだまだひよっこの半人前かもしれません。

けれど公演が決まり、稽古が始まると電話はおろか家族からのメールにもなかなか返信が来ない日々が続きました。

それもこの公演をこの眼でみて納得がいきました。

一人何役もの為のセリフの量もさることながら同じセリフを何度も場面によって繰り返し、またひとつの役のセリフを何人もの役者がシンクロさせる為には一体どれほどの練習量とチームワークが必要だったのでしょう。

みびいきかもしれませんが、正月に帰省して顔を合わせていたときはまだまだ子供の側面しかみえていませんでした。

公演後、当人と話しましたが、開演直後は客席の私がちょっと気になったけど、逆にそれが励みになったよといってくれました。

ちょっぴり大人になった側面がかいまみえて、いつのまにかここまで成長したかと少し面映いやらうれしいやら複雑な心境におちいりつつ、大阪を後にしました。

また機会があれば娘の成長した姿を観に行きたいと思っております。

これからもよろしくお願いいたします。

長文失礼いたしました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/823-81b898bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼に感服、彼女たちに敬服 «  | BLOG TOP |  » 「どらいのなつゆめ」パンフ原稿+三国の死

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。