topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MODE公演「満ちる」パンフ原稿 - 2012.03.15 Thu

タイトルのこと
                            竹内銃一郎

  松本さんから戯曲の依頼があったのは、多分1年半ほど前のことで、それからさほどの間をおかず物語を構想し、タイトルを決めた。
「満ちる」とはこの物語の主人公の名前でもある。
こんなことは言語学レベルでは常識なのかもしれないが。ひとつの言葉・文章には、それが意味するところのものだけではなく、希望や願望、往々にして反対の意味合いさえ含まれているのではないか。例えば、「わたしはまだ若い」と語るのは、「もう若くないのではないか」という恐れや不安が前提になっているはずだし、「きみは美しい」という言葉には、「確かにいまここでは美しいけど ……」という留保や、「本当はわたしの方がきれいなんだけど」、「ひとは外見だけじゃないからね」等々の皮肉が暗に込められているはずだ。
という言わずもがなのわたしの見解に従えば、このタイトルには、「満ちる」と命名された女性が「満たされざる者」であること、更にはそれがゆえに、「満たされたいと強く願う者」であることが暗に示されているだろう。
と同時に、これには潮の満ち干の意も込められていて、劇は常に希望を語らなければならないと頑なに考えるわたしは、直裁にいえば、不幸な彼女が「母なる海に包まれて幸福に満たされる」、という感動的な(!)ラストシーンを用意していたのだった。それが ……
当初は去年の連休明けには書き上げるつもりだったのだが、3・11の荒れ狂う海(の映像)を目の当たりにして、そんな目論見は消し飛んでしまった。
書けない日々が続き、すべてを破棄してまったく別のものを書いてもみたが。
呻吟のはてに(そんなオーバーなものでもないのだが)、ふと「青い鳥」を思い出す。ミチルが兄のチルチルと青い鳥を求めて旅に出るのは、むろん、このいたいけな兄妹が寂しさ=不幸を抱えているからだ。そうかとわたしは左膝を打つ(実際にはしていない)。わたし(たち)の満ちるもまた、旅の途中で思わぬ苦難に遭遇し、けれどもそれを乗り越えるべく闘っている、これはそういう物語なのではないか。そう考えたわたしは、今度は前よりもいっそう力を込めて、今度は右膝を打ったのだった(実際にはしていない)。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/731-dd69165a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

100均の傘 «  | BLOG TOP |  » わたしは意外に謙虚です

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。