topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き - 2012.01.21 Sat

石原慎太郎が芥川賞の選考委員を辞めたらしい。理由は飽きたとのこと。
ということは、今までそんなに飽きずにやってたわけだ。ふーん。都知事も辞める辞めるといいながら、いま何期目になるのだ
都知事はもちろん、芥川賞の選考委員というのも、いわば公職で、そういう公職にひとりの人間を長く就かせておくのはよくないし、大体、自分で退けよ。気づけよ、それくらい。だから退いた遅いツーの。

前回の続きだが。
ストーリーの紹介が面倒になってしまった。大体、ストーリーってなに
「ストレンジャー…」も「男は…」も「座頭市」も、ストーリーにまとめてしまえば、実際の映画ほどの差異はなくなってしまう。どれもロードムービーだし。

ストーリーだの俗にいうテーマだのは、結局、互いの差異を掻き消し、実体を見えなくさせるものなのだ。

「ストレンジャー…」はまことにひとを食ったような映画で、ニューヨーク、クリーブランド、フロリダと、彼ら3人は移動するのだが、どこへ行っても、カメラは部屋からほとんど出ないのだ。だから結果として、どこ行ったって同じ、ということになる。いうなれば、反(半?)ロードムービーなのだ。

いわゆる事件などほとんど起こらない。けれど、殺人や恋愛だけが映画的事件じゃない、というか、それらを写したって、ほとんどの映画は映画になってない。

ラスト近く。フロリダのモーテルの一室。朝。ハンガリーの女の子が目覚めると、ぶらぶら男たちがいない。また彼女を置き去りにして競馬に行ったのだ。
彼女は、クソッと言って立ち上がり、タバコを探すために部屋を一周し、寝ていたソファーに戻ってタバコに火をつける。この一連の動きのリズム、スピード、隙のなさ、心地よさ。美しい
これこそ〈映画の事件〉と呼ぶべきものなのだ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/723-5b158aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この、うつけ者! «  | BLOG TOP |  » これも映画だ!

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。