topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾燥肌 - 2011.11.08 Tue

2、3週間前から全身がむず痒く、アレルギーかもしかしてとんでもない奇病かと、この間ずっと不安におののく日々を過ごしていたのだったが、数日前、テレビのニュースで、「この冬、乾燥肌が大流行」というのを見て、これだと分かってひと安心
早速クスリ屋でそれ用の乳液を買って、塗ったら、痒み和らぐ。やれやれ。

沖島勲の映画「ニュージャックアンドベティ」を見る。40年ぶりの再会。
おかしな映画だ。現実と妄想が分け隔てなく、遠慮なく互いに侵入しあう。
お見合いの席が乱交の場になるという話だから、もうなんでもありなのだ。若いわたしはその潔さに心ひかれたのだろう。
巻末に、監督へのインタビューというおまけがついていた。その中で、何度も繰り返されていた沖島の言葉にわたしも同意した。
いわく、「ひとは普段、文学的なことなんてほとんど考えてないのに、なんでみんな、映画に文学的なテーマを求めるんですかね」と。

この10日ほどの間に、全身の痒みと闘いながら、3本の芝居を見た。どれも始めて見るカンパニーのものだったが、始まって10分経つか経たないうちに退屈してしまって、うとうとしてしまった。ベッドでは痒くてなかなか寝付けないのに。
退屈なのは、どれも〈文学的な〉テーマから自由になれないからだ。だから、ラストがおセンチになる、湿っぽくなる。なにか言いたげになる。
改めて言うまでもないが、文学と〈文学的〉は似て非なるものだ。優れた文学作品は、どれも乾いてる。そう、沖島勲の映画のように。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/708-ee53898f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

23と24の狭間 «  | BLOG TOP |  » 滅亡から3日(山津)

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。