topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職人の仕事 - 2011.08.03 Wed

今朝、小阪のわが邸宅に、業者がクーラーの取付に来た。
最初に30代半ばと思われる兄ちゃんが来て、少し遅れてわたしと同年輩のおじさんが登場。年齢はもちろん、その風情から当然このひとが親方だろうと思いきや、若い方が、「違う違う」と結構きつい口調でダメ出しをしている。うんおっさんはバイトかと思ったら、若い方、おっさんを店長と呼んだ。どういうことだ3分ほどでこの不可解な謎が解けた。二人は親子だったのだ。いや、真実かどうかは分からない。彼らの仕事が終わったら聞こうかとも思ったが、人見知りのわたしにそんなこと、出来ようはずがありません。

小一時間ほどかかったその作業をじっくり観察。この間、ふたりが交わした言葉は多分10コほど。主役を息子にまかせた、親父の脇役ぶりに感心する。ゴミなど出るとすぐに片付ける。1秒たりとも休むことがない。彼らの仕事ぶり、学生諸君に見せたかった。舞台の仕込みやバラシの時なんて、時間の半分くらいはボーっと立ち尽くしてる彼らに。
ま、踏んでる場数が違うわけだから、比較するのも酷な話だが…

なんにせよ、無駄のない動きは美しいもので、わたしが今朝の二人の息子だったら、文句なくわが父親を尊敬するだろう。

そんなわけで、他人を汚い部屋に上げるわけにもいかず、昨日の夜、久しぶりに掃除をしつつ、NHKのニュースを見、そのままにしていたらドラマが始まった。わたしはもう何十年も、テレビドラマをちゃんと最初から終わりまで見たことがない。なぜ面白くないから。

やっていたのは、向田邦子原作「胡桃の部屋」。あまりのことに驚く
出て来る俳優出て来る俳優、チョー下手竹下景子、ほんとにひどい。顔で説明し、物言いで更に念押し。他は推して知るべし。ネプチューンの原田なんて、ダメな素人
でも、結局演出家なんでしょう、ほんとにダメなのは。原作の古さばかりが目立って。
原作の忠実な再現がコンセプトだバカ言ってんじゃないよ、やんなきゃいけないのは、いまこれをどう読むのかって、その提示であり表明だろ。

いろいろ問題はあれ、やっぱり和田勉だの久世光彦だのは、ちゃんと職人の仕事はしてたよなあ、と思った。

さすがに話の作りに瑕疵はなく、この先どうなるんだろうと気にはなったが、どうにも我慢が出来ず、結局10分ほどでチャンネルを変えてしまいました、とさ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/651-7c910cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大人になれない子供(山津) «  | BLOG TOP |  » 始動!

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。