topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての問いは猥褻である - 2011.07.27 Wed

今日は東京に帰る日。飛行機の時間は20時なので、それまでどうしたものか、と。函館市内の主なところはあらかた行ったし、喫茶店で原稿を書こうかとも思ったが…。結局、荷物は駅のコインロッカーに入れて、江差まで足を延ばすことにしたのだが、列車がない。1日上下とも4本。木古内まで行ってそこからバスでと思って行ったら、バスがない。
しょうがないので、駅前の喫茶店で本を読むことにする。
大澤真幸「社会は絶えず夢を見ている」

示唆に富んだ内容。すべての問いは猥褻なのだという。どういうこと自分で本を買って読んで下さい。でもこれ、わたしもずいぶん前から実感してたこと。
戯曲はその大半は問いからなっているわけだが、問い・返答ではなく、問いに問いで返すと、たとえそのやりとりする者たちが同性であっても、いや、同性同士の応酬は、内容に関係なく、なんかエッチだなと思っていたのだ。
戯曲を書いてると、向こうの方から勝手に使って下さいと言わんばかりに、ネタがやってくる。今朝の新聞によれば、最近、韓国やタイに、卵子を提供しに行く女性が増えていると言う。それで50~70万円貰えるらしい。今度の「心臓破り」にこれ使う
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/645-7cd0ff49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オオーイ、久保。 «  | BLOG TOP |  » きみのためにうたをうたおう

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。