topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑ったり怒ったりラジバンダリ - 2011.06.23 Thu

ちょっと必要があって、ネットで「わたし」を検索した。
あれはなんなんだろう竹内のデビュー曲とか竹内に憑きそうな悪霊とか、そんなことが書いてあって、それが結構的を射ていて笑った。
わたしに憑きそうな悪霊の誘い文句は、「仕事手伝おうか」らしい。当たってる最高に笑ったのが、わたしの座右の銘で、「ビールは生に限る」ビールはあんまり飲まないんだけど。
あと、種々の年齢はというのがあり、肉体年齢は5歳で、会話年齢は89歳だという。5歳の肉体というのは若々しいということか、それともしゃきしゃき動けないということか。89歳の会話年齢というのは、まともな話が通じないということか、それとも深淵で思慮深いということか
恋愛年齢はなんと21歳嬉ぴー

わたしの戯曲集「ひまわり」に3000円の値段が付いていた。と思ったら250円というのもあった。どういうこと

某地方都市の公共ホールがわたしに無断で「月ノ光」を上演していた。ホール主催で、パッと見た時は、ワークショップの発表会のようなものかと思ったら、しっかりお金を取ってた。高校の演劇部やわたしの専攻の授業発表のような無料公演だって、いくばくかの上演料を払っているのに。
わたしは基本的に、自分の戯曲をわたしの知らない人たちが上演してくれるのは、とても有り難いことだと思っているので、永井某さんのように、一字一句直すなとか、三谷某さんのように、上演まかりならんなんて下らないことは言わない。だけど、上演するなら断れよ。ましてや公共ホールだろ、法律無視はマズイんじゃないの正式な名前忘れたけど、松本市の公共ホールさんよ。分かってるあんたらちょっとした泥棒さんなのよ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/620-952af0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アドリブナイトでネムレナイト «  | BLOG TOP |  » 何と

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。