topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰か教えて - 2011.06.07 Tue

この前も書いたのですが。書いたものが、というか、別のところに書いたものをコピーしてここに転載すると、文章の一部というか、かなりの部分が飛んでしまう。「悲劇喜劇」に書いた文章もそう。昨日の夜、途中が飛んでるのを発見し、その部分を書き足した。で、いま見たら、今度は後半部分が消えている。
なぜだ?

しつこいけど、もう一度チャレンジ!


劇(戯曲)、動くもの。
     「蒲団と達磨」(作 岩松了)に触れながら
                         竹内銃一郎

本は動かなければいけない。これは池袋の書店の壁に掲げられていた、生物学者の福岡伸一の言葉。ならば、劇=戯曲においてをや?
 動いているとは、生きているということ。だから、と続けるといかにも短絡的だが、お題をいただいてわたしが真っ先に考えたのはこのことで。
 すでに亡くなっておられる作家、ご存命ではあるけれど、失礼を承知で記せば、実質すでにもう終わってしまっておられる作家、わたしよりずっと若いけれど、変わりばえのしない作品・世界を描き続けて飽きない、動かざることゴルフボールの如き作家の作品は除こう。それに、入手困難な作品を除き、外国の同時代作家のほとんどを知らず、自作を挙げる図々しさを欠いているとなれば、あとはもう岩松了氏の作品しか残らない。
 生きているとは、新たに生まれつつあることであり、新たにうまれつつあるとは、刻々と変化・変貌を遂げているということだ。ここにきての氏の作品ごとに示す変化・変貌・変幻ぶりは、「大丈夫?」と声をかけたくなるほどの、無謀というべき激しさである。わたしをして新作を心待ちにさせる作家は、目下のところ氏をおいて他にはいない。
 これだけではない。動くこと=運動的なるものは、不安定・不均衡によってもたらされるのだが、たとえば、氏の初期の傑作「蒲団と達磨」は、その運動的=不均衡なるもので満たされている。断るまでもなく、作品自体もきわめて運動的なのだ。冒頭のト書きからすでに氏特有の世界が提示されている。
舞台には、黒い紋付を着た妻と寝間着の夫(不均衡①)。ふたつの蒲団が敷いてあるのでそこはふたりの寝室なのだろうが、なぜかカラオケセットが置かれてあって(②)、「さらに、異様と言うべきか、ふたりの間、部屋の奥の方に、体をエビのようにくの字に曲げ、夫婦に背を向け、横たわっている男がいる」という(③)。夫は新聞を読んでいて、妻は急須にポットのお湯を注いでいる。
かってわたしは、「岩松さんは世界を動詞で描くのだ」と書いたことがある。立つ、座る、歩く、新聞を読む、お湯を注ぐ、等々の動詞によって示される行為の具体の連なりと、人物たちの登場・退場による、その場の空気の濃淡の変化が醸し出す滑稽と哀切が、氏の劇のすべてなのだ。
「静けさは、時の深さを告げるよで……」。夜も更けているらしい。ふたりの沈黙がもたらすそれなりの緊張感。その中で、ふっと洩らされるため息のような次なる言葉が(④)、この劇の最初の台詞だ。

夫 これは、夕刊じゃないな……

 以降、まるで石ころだらけのグランドでなされる野球のように、イレギュラーバウンドめいた、ズレと間違いと勘違いな台詞のやりとりが続き(不均衡の連続!)、夫の招きでやって来た妻の前夫の次の台詞で、この過激な劇の幕はおろされる。

小松 ……アチャー…… いい天気になりそうだな……

 わたしたちは、語るべきこと、語りたいことの多くを語ることが出来ない。言葉は常に思いとすれ違うのだ。とはいえ、なんという無意味! こんなにゆるい、舐めたような台詞で始まり終わる劇の書き手が、他にいるだろうか。
舐めている? なにを? それはおそらく、多くの作り手や観客たちが疑う余地のないものとしている、「劇的なるもの」のすべてをだ。
笑いがなければいまどきの芝居じゃないよね、とか。いやいや、演劇にはやっぱり高邁な思想や社会(批判)的なメッセージがなければ、とか。演劇・戯曲の生命線は台詞だから、言葉遊びって劇の本流だよね、とか。劇って非日常的な世界を描くんでしょ、お客様は神様です、誰が見ても分かって楽しめるものじゃないとね、テンション、テンション! 「演劇の底力!」、等々。
 動くということは、信じない、ということなのだ。
 氏の数多ある作品の中から「蒲団と達磨」を選んだのは、たまたま最近、勤務する大学の授業で取り上げたからで、他に理由はない。なんでもよかったのだ。というより、ひとさまに薦めるかどうかはともかく、わたしがもっとも読みたいと思う戯曲は、氏の次回作である。出来映えなど問題ではない。谷川雁(違うかも?)の言葉を借りれば、「完成がなんだ!」なのである。
                       (「悲劇喜劇」2011年7月号)





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/612-1c9c74f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三十路 まであと… «  | BLOG TOP |  » いろいろよろしく

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。