topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるようになるわ - 2011.05.16 Mon

30歳の女性監督が撮ったらしい「あの夏の子供たち」のラストで、「ケセラセラ」が流れる。ヒッチコックの「知りすぎた男」だったか「間違われた男」だかで、ドリス・デイが歌っていたあの曲。
ケセラセラ。なるようになる、という意味。なるようになるとは、なるようにしかならない、ということだ。

上原なんとかって若い女の子が自殺したという。どういう事情があったか知らないが、痛ましいことである。また、ロッケンローラー・内田は、振られた女の家に不法侵入したらしい。脅迫してもいたらしい。

ケセラセラ、なるようになるわ 先のことなど分からない
これは「ケセラセラ」の日本語の訳詞である。しかり。ものごとはなるようにしかならないから、それがたとえ理不尽であっても、事実として受け止めるしかないし、先のことなど分からないのだから、自分の先行きを考えても仕方ないのだ。人生はままならない。競馬をやってるとそれが身に染みて分かるのだけど。ああ、先週も惨敗。どこまで続くぬかるみぞ

ところで先の映画のこと。中年の映画プロデューサーの、仕事に家庭サービスに、多忙な日々がドキュメンタリータッチで綴られるのだが、素晴らしいスピード感。物語の詳細は、いつか見るかも知れないひとのために明かさずおくが、エピソードの豊富さは通常の量のざっと3倍ほどあり、けれど、そのひとつひとつを決して深追いせず、あっさりと次に移る。これが素晴らしいスピード感の秘密だ。
彼には3人の娘がいるのだが、長女(高校生?)を演じる女優さんは、美少女という言葉はきみのためにあるのだ、といいたいほどの女の子。彼女は、父親の会社に映画の企画を持ち込んできた若い男と付き合うようになり、一夜をともに…という気になるエピソードも、成瀬の映画のそれと同様、大きくもなく重くもない出来事として片付けられる。その呆気なさが心地よい。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/601-36444de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダービーへの道① «  | BLOG TOP |  » 赤色のワンピース

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。