topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタの話 - 2011.03.22 Tue

物語(めいたもの)を書くことが常態になっていると、ネタは探さなくてもむこうからやって来る。だから、芝居なんぞやめてしまおうと思っていた5年間は、ほんとにな~んにもなかった。
再始動して今年で2年目。やっと調子が戻ったみたいだ。昔みたいに、街を歩けばネタに当たる。

ネタ1
東京の住まい近くで、興味を惹かれる二人組のお婆さんがいる。ふたりはいつも一緒だ。背格好、服装、歩くスピード、似ているけれど、微妙に違う。双子ではないかと思うけれど、その微妙な差異が気になるし、肝心の顔がよく分からない。なぜか。腰が直角に曲がっているから、下から覗きこまない限り、分からないんですよ。
ネタ2
昨日のこと。近鉄車中で、通路を挟んでわたしの向かいに座った、40台と70台、ふたりの女性の会話に笑う。
芸能人やスポーツ選手の義援金の金額についての話題。阪神の誰やらは、150万だと40台が言うと、いや、1千万のはずだと70台。この攻防の後に、70台「ナムロは5千万やろ」40台「安室やけどな」「そうそう、ナムロや」「ナムロやなくてアムロナミエや」「5千万やで。まだ若いんやろ、ナムロて」「アムロやけどな、苦労してんねん」「久米宏は2億やで」「あそこは子供おれへんから。残す必要ないから」「そいでも偉いわ」「財産あんねん。半分出したとしても、まだ2億残ってるわけやろ」「半分も出してるかいな。出してへん、出してへん」
ネタ3
今日のこと。学校からの帰り道。むこうから自転車に乗った中学生5、6がやって来る。女の子は多分ひとり。わたしとすれ違って間もなく、いきなり、兎追いしかの山~と言う歌声が。振り向くと彼らだった。見事なハモリなんだか懐かしい思い出の青春映画のワンシーンみたいで、胸がキュンとなった誰だったんだ、きみたち。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/572-a943155c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大道具製作 «  | BLOG TOP |  » ゴメン、池添くん

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。