topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外側だけを気にしていいのか? - 2011.01.29 Sat

 先日、竹内先生と居酒屋で呑んでいた席で、

『うしだは、外側を気にしている。』
と指摘を受けた。

 的確な指摘だと思った。僕は毎日の選択でも、自分に素直に判断していない。第三者の評価が優先される。


 第三者の評価にこだわる理由は大学四年間の生活が大きく影響している。


 大学で受講した『世界映画史』や『CM論』、DRYBONESでチラシ作りを担当した事は、広告、宣伝の危うさを知る機会になった。商品が売れるか売れないかは商品の質よりも宣伝、広告の質に左右される。

 だから、何か欲しい品物があっても、直ぐには買わない。例えば、レトルトカレー売場に行っても、インターネットのレヴューサイトを見て高い評価を受けているレトルトカレーを買う。映画を見るときも必ず『ぴあ映画生活』というレヴューサイトを見てから見に行く。何かで迷ったらYAHOO知恵袋を参考にする。

 この事は、日々の人間関係でも進路の選択でもそうなのかもしれない。

 日々の生活で表向きには仲良く喋っている人間が、影では悪口の言い合いをしている。
 
 物も、人も、進路も、表面的な情報はなんとも信用できない。

 さらに僕は、人から騙されやすそうだと良く言われる。実際、何度か騙された事も有る。
 だから、自分が好きなもの欲しいものにパッと飛びつくことなんてとても出来ない。


 逆に、自分が役者として見られる立場になると観客の目を気にしてしまう。良く思われたい。かっこよく見られたい。自分の本心を見られてなるものか…。

 演技をするときに、観客と自分の間に自らバリアを張ることは役者として致命的だ。そうは思っていてもついつい張ってしまう。


 宣伝も広告も素直になったらいいのに。
『このカレーはマズイですよ!』
『きっとこの映画を観たら寝ちゃうかも!』

 かっこよく、可愛く見られたいなんて人はいない。外見なんてどうでもいい社会。オシャレなんてしない。服は皆ジャージ姿で、嫌いな人には面と向かって嫌いと言える社会。皆、そのまんまで生きてる社会。
 そんな社会になったら僕も素直に生きられるし、素直な芝居が出来るのに!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/554-a943f4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

苦悩 «  | BLOG TOP |  » 岩松さんの新作

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。