topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとは哀しいから泣くのではなくて - 2011.01.19 Wed

わたしの競馬歴は、かれこれ40年にならんとしている。自慢にもならないキャリアだが、おかげで(?)、いまや自称日本一のパドック名人となった。要するに、その日の馬の調子・状態がよ~く分かるようになったのだ。

しかし、競馬は難しい。状態は120%の出来だけど能力の低い馬と、70%の出来だけど能力の高い馬との比較がとても難しいからだ。また、能力が低いと思われ人気のまったくない馬が、わたしが睨んだ通り大健闘しても、4着だったら馬券の対象にならないし、そんな馬が低人気をあざ笑うように1着になっても、能力も高く調子もよいと見たテッパンの馬が、レース中のちょっとしたアクシデントで凡走したりすれば、これまた馬券は紙くずになってしまう。いったいこれまで、こんな哀しく悔しい痛い目に、何度あったことか。ク、ク、ク。

でもでも。競馬はこんなことの連続だからやめられないのだ。そう。当たるからやるのではなく、当たらないからやるのだ。当たらないということを前提にするから、身の程知らずの大金は賭けないし、だから、長く長く続けられる。博打で身を滅ぼすひとは、要するにビョウキのひとだと思います。

というのは前置きで。
演技・お芝居の話ですが。最近はとんとその名前を聞かないのですが、ドイツの映画監督で、ヴィム・ベンダースというひとがいます。何本か傑作も作っていて、中でもわたしが好きなのは、「都会のアリス」というロードムービーと「東京画」という小津安二郎にオマージュを捧げたドキュメンタリーですが、それはともかく。
彼の演技論はとても明解で、それは「エモーション(感情)がモーション(行為・行動)を促すのではなく、モーションがエモーションを呼び込む」というものです。

多くのひとは、もちろんプロと自称するひとも含め、みんなこの逆だと思ってる。哀しいという感情が泣くという行為を生むのだ、と。
違う違う。ひとは哀しいから泣くのではなくて、泣くと哀しくなるのです。
TVの「ほんまでっか?!」でも、池田清彦が同じことをいってました。アタマにきたから相手を殴ったのではなく、手が先に出て、そのあとに理由づけとして「アタマに来た」が来るのだ、と。

池田氏の弁を借りるまでもなく、こんなことはずいぶん前から「科学の常識」になっているのに、いまだに「どうやったら気持ち・感情を作れるか」とか「役の気持ちになって」とか愚かとしかいいようのないことを口走るノー天気があとを絶たない。

一度も読んだことはないけれど、「ガラスの仮面」なんて結局、延々そんな話をしてるわけでしょ、きっと。そしてまた、そのお芝居版の演出をあの高名な蜷川某氏が引き受けてるわけでしょ。いやはや、愚劣の極みとはこのことですな。

ところで「ほんまでっか?!」って、誰が考えたんでしょう。司会のさんまも凄いけど、あんなコメンテーター(?)たちを揃えてみせたプロデューサー、あんたが一番!!




スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/546-b78b28c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

春素(桂) «  | BLOG TOP |  » 伝える(桂)

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。