topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強、勉強。 - 2011.01.06 Thu

アラ、二日前に書いた原稿がない。せっかく映画「ジャックの刺青」と大和屋脚本の凄みと楽しさを書いたのに。保存しなかったのか

「坂本龍一 音楽の学校」を見る。教育テレビで。バッハ篇、ジャズ篇、ロック篇、それぞれ30分×4回。各回、半分は坂本と研究者もしくはミュージシャンとの対談(鼎談)、残り半分が小中高校生相手のワークショップという構成。
わたしは音楽に関してはほとんど無知なので、とても勉強になった。バッハの音楽は当時のダンスミュージックだったこと。ジャズのモダンからフリージャズに至った筋道、坂本らYMOの実験性等々。
音楽は楽器という、自らのスキルの程度を推し量る計器があるから、自己過信を許さない。だからだろう、坂本なども先人の仕事にとても敬意を持っている。
また、子供たちとのセッションも、耳を疑うほどの素晴らしさ。数十人の子供=素人とプロ中のプロが一緒に、フリージャズやってたフリージャズだから、もちろん即興。凄い凄い。芝居でもあんな風に出来たらな、と。必要なのはスキルと知性と、なにより意欲ですな。

チャンドラーの「大いなる眠り」「リトル・シスター」読了。後者は村上春樹の新訳だが、これがイマイチ。チャンドラーの小説には、クズみたいな人間しか登場しないが、ハルキ訳には、このクズ感、腐臭感、汚濁感がないのだ。前者の双葉十三郎訳は、当然のように古めかしく、おまけに怪しい日本語が頻発するのだが、にもかかわらず(だからこそ?)不思議なグルーブ感があって、ワクワクさせられる。
そうだ、坂本教授もグルーブ感はズレから生まれると言っていた。
表現は、正確ならそれでいい、というわけではないのだ。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/540-38ada599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

共視 «  | BLOG TOP |  » 茜の空 太陽の下

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。