topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな夜 - 2010.09.04 Sat

わたしが30年ほど前に書いた「今は昔、栄養映画館」を見に行く。演出は文学座の西本さんという若い女性。出演者も文学座のひとで、こちらはかなりのベテラン。正直なところ、あまり期待していなかった。これまでいろんなひとにわたしのホンを演出していただいたが、面白いと思ったことは一度しかない。もちろん、どこかの誰かさんのように、自作の変更は一切認めないなんて、そんな愚かしい観点から、面白くなかったと言っているわけではない。よく分からないのだ。なにがそんなに高尚なことではない。なぜそこで彼は怒りだし、彼女は泣き出すのかといった、ごくごく素朴なことがである。書いたわたしが分からないのに、普通のお客が分かるわけがないじゃないかと、見終わって落ち込んでしまったことが、これまで何度あったことか。 それが、今日の芝居はとてもよく分かったのだ。幾度も笑った。そして、なんてうまく書かれた戯曲かと、感心してしまったわけです。最後にふたりの男がパンツ一丁になるのですが、ふたりのだらしない裸が笑えてまた切なくて。
西本さんの演出家としてのキャリアがどれほどのものかは知らない。でも、腹が座っているというのか、余計なことは一切しないし、俳優にもさせない。余計なことBGNとか照明の変化ですね。舞台装置もなきに等しいもの。劇場そのものがもう最高の装置になっておりました。エンディングに流れた音楽の選曲も文句なし。サンジャンのなんとかって、古いシャンソンで、わたしも「眠レ、巴里」という芝居で使った名曲。終わってから演出家に聞いたら、彼女の選曲で、トリュフォーの「終電車」で使われていたので云々カンヌン。やっぱりインテリでした。こういう若いひともいるんだなあと、竹内とても気分のいい夜でした。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/468-a8042078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私が言うのもなんですが «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。