topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動的平衡? - 2010.09.02 Thu

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」ようやく読了。
筆者は分子生物学の研究者。筆者が水先案内人、時には探偵もどきにもなって、病原体、ウィルス、DNA等々の発見の苦闘の歴史が綴られている。
最初はなじみのない固有名詞や、専門用語が連発されてアタマが痛くなったが、少しすると慣れて、なるほどなるほどとうなづきの回数が増える。ま、知らなかったこと、あやふやにしか理解していなかったことを、新たに知ることは、当然のことながら、ま、楽しいわけです。

生命とは、「自己複製するシステム」であり、「動的平衡にある流れ」である。なるほどですね。
詳細に記すとわたしの理解のボロが出るのでやめますが、生命(体)を維持するためには、その秩序が守られるためには、絶え間なく壊されなければならない、と。それが、「動的平衡にある流れ」の中身で、これは、国、家族、劇団のような集団も同じことがいえるのではないかと思い、わたしはなるほどとうなづいたわけです。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/463-7d4c33a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

存在意義ではなく «  | BLOG TOP |  » ガラクタ(SCOTを見に行って)

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。