topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙一重 - 2010.07.31 Sat

寂しくても暴れる勇気がないオカリナジャック、堀です。

バイトを辞めて早1ヶ月
私の生活は大きく変わりました
毎日のように会っていたバイトの友人と会えなくなったのが
寂しくてしょうがない

バイトがない日も
飲んだり遊んだりしてたのに
今は連絡を取って会おうとしないと会わなくなった

久しぶりに会ったら前と全然変わらないし
芝居を見たいと言ってくれるのを聞いて
安心する

私は友人を今でも信頼しているし
何かあったら飛んでいきたいと思ってることはかわらないのに

別々に過ごす時間が
普段のちょっとした方向の違いが
いつしか大きな距離を生み
「前にそんな子もいたね」と
共有できるものが「過去」だけになってしまうんじゃないかと

バイトしてたころは
今私がいないと店が回らないと
そう必要とされることだけで動いてたけど

今はシフトに私の名前はなく
店にとって私は必要ない

絶対辞められないと思っていたのに

あっという間に
こんなにも変わるなんて

バイトの後輩の男の子から突然電話がきた
俺バイト辞めると
今日出勤したら上司に
「髪が長いからもう帰れ
明日の出勤までに切ってこい」と言われたらしい
やんちゃ盛りの彼は髪を切る気はないらしく
だから明日も出勤しないと言った

ほんとにちょっとしたことで
あっという間にいなくなる
人間関係やつながりが
なくなるわけではないということはわかっているけど
何か確固たる「すがるもの」が存在しない気がして
不安になる

でも
彼がそう電話してきたことがうれしかった

今まで散々グチ私がゆってきたおかげだね 笑

だからこれからも
彼にはグチを言えそうです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

「選ぶ」とは、「選ばないもの」をはっきりさせることだとも思う。切るものは切る、守るものは守る。選択と決断の連続が人生だと思っています。懐疑において大切なのは節度だといいます。決めた自分に自信を持って。だって最後には『これで、いいのだ』と言いたいから。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/407-38b02b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

足りない言葉 «  | BLOG TOP |  » この俺を仏様にするくらいのリアルをくれよ

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。