topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほーほーの共有 - 2010.06.17 Thu

サッカーにさほどの興味があるわけではないが、時々テレビで見てしまう。
今回のWカップ中継は、俯瞰のひき絵が多用されている。これが素晴らしい。ピッチの緑の上を、白・赤・黄・青等々が動くさまがとてもきれいだ。驚くべきは、敵と味方に分かれているはずの22人が、フルタイム動きっぱなしなのは言うまでもないが、まるでひとつの運動体のように見えること。

要するに、これは現代サッカーの方法が出場選手すべてに共有されている証しだ。もちろん、個々の技量差や戦術・フォーメーションの違いはあっても、根本のところで共有されているモノがあるのだ。

芝居もあんな風に出来たらと思う。ひとつの運動体のように見えて、なおかつ個々の技量が際立つような芝居。
しかし、この国の大半の芝居の大半の俳優は、舞台上で過ごす大半の時間を休養に充てている。そのようにしか見えない。台詞を言う俳優だけが動いて(それも不必要に!)、他の俳優は自分の台詞が来るまでスイッチ・オフ! およそ運動体とは対極にある代物だ。動けば個々が、これがわたしの個性だといわんばかりに勝手に動いてる。その無様さ!

方法の共有どころか、そんな意識さえない上に、稽古の絶対量が足りないのだから、なにをか言わんやだ。

芝居を続けているわたしの専攻の卒業生に、日常的に稽古してる? と聞くと、大半は、というより全員が、公演の二ヶ月前くらいからしか…と答える。なぜ? と聞けば、バイトで忙しい、と。大変だなとは思うけれど、改めて言うまでもないことだが、一年のうち数ヶ月しか練習しないサッカー選手なんているだろうか? 一年の大半をバイトで過ごすひとは、フリーターであって、俳優でもなんでもありません。その自覚がほしい。

わたしが劇団をやってた時は、日曜以外はほとんど毎日数時間の稽古をしていた。最初は日曜もやっていたが、鴻上くんに、やり過ぎでしょといわれ、彼のアドバイスに従ったのだった。懐かしい。

DRY BONESの稽古量は、通常は週三日。本番の一ヶ月前くらいから週5・6となる。わたしの知る限り、この量の稽古をしている劇団は、少なくても、関西にはほかにないのではないか。もちろん、これでは少なすぎますが。

話は唐突に変わりますが、小さいテレビだダメだ。先に書いた「俯瞰のひき絵」の美しさを感じたのは、東京の家の大型テレビを見ての感想。河内小阪の仮住まいにあるテレビは13インチ? 昨日、原稿がすすまないのでテレビをつけたらスペインVSスイスをやっていたのだけれど、さほどの迫力も美しさも感じられず、スコアの字が小さすぎて、0対0なのか、0対1なのか、1対1なのかが判読できず、イライラしてしまった。
ま、お蔭で、大阪にいる間はWカップスルーで、サクサクと仕事も捗るわけですが。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/304-44c51b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パンクしちゃって困ったことよ «  | BLOG TOP |  » カッカしている人がいたら

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。