topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしののぞむもの?「じゅんちゃん ……」 - 2010.06.16 Wed

先週木曜、久しぶりに京都へ。水沼先生演出の「授業」を見に行ったのだけれど、この芝居についてはいつか改めて書くことにして。

終わって夜遅く大阪に戻るのも面倒で、翌日東京へ帰る予定もあったので、京都のホテル泊。そこで、思わぬ収穫が。

ホテルのテレビで見た映画「question」に出ていた水元ゆうなという女優さんが素晴らしかったのだ。
この映画の監督、亀井亨は、近年の日本映画の中で、わたしがもっとも刺激を受けた「テレビばかり見てると馬鹿になる」を撮ったひと。
「テレビ……」の主演、穂花も目を見張らせる存在感を見せていたが、この映画の水元ゆうなも抜群。少しハスキーな声がたまらない。彼女が「じゅんちゃん」と亭主の名を呼ぶたび、わたしの背筋を快感が走った。
少々文学的な画作りと筋立てが気にならないわけではないが、女優さんを魅力的に撮れる監督は本物。そうだ、「病葉流れて」の吉野紗香も悪くなかった。

翌日、新幹線に乗るまで少し時間があったので、フランソワへ。ここは古い喫茶店。
もう四半世紀も前になるのか。山中貞雄をモデルにした映画のシナリオハンティングのために、ここを取材し、それ以来、京都に来て時間があれば必ずここに来ることにしている。
筋向いの「鳴瀬」も健在。この2店はともに、その昔、当時の京都の若い映画人のシナリオ創作集団「鳴滝組」が溜まり場としていたところ。山中もそのメンバーのひとり。とりたてて鳴滝組に思い入れがあるわけではないけれど、なぜかここはわたしのもっとも「懐かしい場所」になっている。

話は元に戻る。学生の中には、わたしのことを「じゅうちゃん」と呼ぶ不届きな連中がいることをわたしは知っている。ハッキリ言う。わたしは焼肉じゃなーい!
「じゅんちゃん」はならよい。わたしはその昔、「純一郎」というペンネームを使っていたのだ。水元さんの声に過剰に反応してしまったのは、多分そのため。

水元さんに直接、「じゅんちゃん」と呼ばれたい。それがいまのわたしの「のぞむもの」。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/300-c5c2c072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★厳罰★(桂) «  | BLOG TOP |  » にんげんっていいな

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。