topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無痛 - 2010.06.11 Fri

私の生活は無痛のままに行われてきた、無痛に感じようと意識して生活してきた。それが生命体的危機を招いている。無痛では他者を自覚できない。

竹内教授に怒鳴られた後の三限目の授業。今度はお喋りを続け西堂教授に怒鳴られる。
全くガク然である。その日の授業は生徒が書いた劇評を読み、議論の結果良いと思うものを選ぶと言う授業であった。が、全く議論にならない。話に参加しない者、何か考えがあっても何も意見がないふりをする者、何を考えてるかわからない者。
ここにいる人なら全員騙してお金を巻き上げられるのでは?
私はやる気がないのもおおいに結構だと思う。しかし、このような現場に立ち会うと頭が痛くなる。
私もその中の一部だからだ。
実際、竹内氏の実習で足音に気づかなかったのは私である。それは生活においても、部屋を片づけられない、ちゃんと三食食べられない、夜眠ることが出来ない、自分の子供にうまく接することができないなど色々な形で現れる。そしてそれは多発している。だから生命の根源的な力を回復しなければならない。現代のダメ人間はそこまできちゃってるんだ。
演劇はその根源的問題と直接向き合える絶好の場ではないのだろうか。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drybones.blog59.fc2.com/tb.php/278-0c357741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛の行為に恋なんて関係ない «  | BLOG TOP |  » 22期生。

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。