topimage

2014-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいねえ、品のないのが - 2014.02.12 Wed

塩田明彦の新刊「映画術」に感じ入る。
塩田さんとはその昔、大和屋宅で二度ほど会い、大和屋さんの本の制作過程でも会い、それからわたしの芝居にも何度か足を運んでくれた。もちろん、だから褒めるわけではない。

映画美学校での講義を活字にしたもので、対象は俳優志望の若いひとだったようだ。ここで書かれている(語られた)ことが、ちゃんと受講生に受け止められているとしたら、はっきり言ってわたしの大学の学生たちより相当レベルが高い。
映画とはどう見たらいいのか、どういう俳優がいい俳優か。きわめて高度な内容が平明なことばで語られている。
例えば、成瀬の「乱れる」は冒頭からなぜ見ているわれわれをハラハラさせるのか、とか。

映画と演劇を同じ土俵に上げて比較するのもアレだが、どうなんだろう、ひとつの台詞、ひとつの動き、ひとつのシーンがどうすれば成立するのか、彼みたいに詰めて考えてる演劇の演出家なんて日本にはいないのではないか。塩田さんは動線という言葉を使っているが、芝居でいうとミザンセーヌというヤツ。成瀬はどういう動線を考えているかとか、溝口は「西鶴一代女」で男と女をどのようにして「越えてはならない一線」を越えさせているかとか。内容はもちろん、塩田さんの語り口自体がスリリングでワクワクさせられる。

こういう講義をしようにもねえ、大半の学生は興味もたないからしなくなってしまったんだよねえ、わたしは。

劣悪なわが国の演劇の現状。先日も、知り合いの書いた戯曲が上演されることになったのだが、それについては演出家からいろいろ書き直しの要求が出て、というからその具体を聞いたら、まあ、ほんとアタマ悪くて。そうじゃないかなと思っていたらやっぱりカスだったという ……

美空ひばりのことを、「いいねえ、品がなくて」と褒めたのは石原慎太郎。「品がないって言ったって、下品じゃないんだな。ぎりぎりのところ。そこが一般庶民をひきつけるんだな」

性格は変えられるけど、品格ってやつは変わらないといったのは小津安二郎。そうか、前述の某演出家、アタマも悪いが品格が最低なんだな、きっと。もちろん、直接会ったわけではないのだが、なんか不必要に偉そうで。
スポンサーサイト

実際、時間に切れ目はない訳で - 2014.02.08 Sat

昨日の最終講義、つつがなく終了。受講者50人ほど? 他学科の先生もおられたが、卒業生も含めほぼ女子!
そのあと、大学近くの居酒屋で二次会。ここでも、松本、水沼両先生以外は全部女子!(遅れて卒業生の福谷が来たが)ともに大いに結構。東大阪の降雪5ミリ?

そんなことより、佐村河内守騒動だ。NHKのドキュメンタリーで彼を見た時、多分誰もが感じたと思うけれど、なんて胡散臭いヤツというのが第一印象。名前も「さむら こうちのかみ」だと思っていたから余計に。
黒づくめの衣裳で、長髪、サングラス、それに耳が聞こえず、足元もおぼつかない。これだけでも相当だが、曲が出来ないといって後頭部を壁に激しく何度も打ち付けるなど、ほとんどマンガ・アニメの登場人物ではないか。
アニメ映画の音楽も作曲していたというから(もちろん代作だが)、こういう異様な風体も関係者には容易に受け入れられたのだろう。
いかにもTV業界好み。いわゆる一般庶民の多くも、こういう胡散臭い人物がお好みであることは、得体が知れないのになんだかいつも上から目線のデヴィ夫人だの叶姉妹、あるいはゲイタレントのなどの受け入れられ方を見ればよく分かろう。

彼との関係を18年も続けた代作者の方にはいっそうの興味がわいた。最初は違和感を感じ、性的な関係でもあったのではと思ったが、週刊文春の彼の弁明を読んだら、とても納得がいった。
18年という年月はとても長いように思うけれど、わたしが大学に勤務していた15年は振り返るまでもなくあっという間に過ぎてしまったような気がするし。彼もあるときから、こんなことはもうやめよう、いつやめようと考え続け、実際、そんなことも佐村河内に伝えてもみたようだが、それが聞き入れられず、そんなこんながありながらズルズル18年が経ったのだ。
わたしもよく、来月からはタバコをやめようとか、今週中には部屋の整理・掃除をなどと思いながら、結局はズルズルと無為な日々を過ごしてきたのだ。
だって実際、1月31日と2月1日の間に切れ目なんてないんだもの!

最終講義といったって、まだ入試監督だの卒業式だの、大学でこなさなければいけない業務は残っているし、さらに言えば、大学で知り合った幾人かの人たちとはこれまでと同様に付き合うことになるはずだから、定年退職になるからといって、さしたる感慨もないもないのだ。
大学の時間的制約がない分、多少気持ちが楽になるくらいで、多分これからもこれまでと同様の時間がズルズルと流れ、わたしはそれに流されていくだろう。



人生の無意味! - 2014.02.03 Mon

先月末に、東京の住まいを引き払ったのですが、想像はしていたけれど、これがまあ大仕事で。
ショックだったのはゴミの山。部屋の半分はゴミで埋まってたのだという恐ろしい事実が判明。

300本ほどあったビデオのうちの250本ほどはゴミとして捨て、本も300冊ほど、売ったりゴミで出したり。演出ノートなんてのも押入れからどっさり出てきて、これもゴミ。上演台本も、数十冊出てきたうちの、データーで残してあるものは全部廃棄。服も着れなくなったものが大量にあってこれまた廃棄。賞味期限を1年以上オーバーしてる食料品、これまた大量廃棄。使用不能の電化製品も大量にあって、廃棄。
ほんと、全部あわせたら凄い量で、なんだか自分の人生がゴミのような、無意味なモノであったという事実をつきつけられたような気分。ま、薄々気がついてはいたのですが。

明日4日に、新しい住まいに荷物が届く予定。古い着物を脱ぎ捨てて ……、という、うきうき気分の昨日今日。

あ、今週、わたしの最終講義があります。

日時 2月7日(金) 16:30~18:00
場所 近畿大学Eキャンパス A館201教室

オールカマーなので、学外の方もお時間と興味があれば是非いらっしゃって下さい。

内容は当然(?)、学究的なものではなく、古い友人でもある松本、水沼両先生に進行役をお願いし、おふたりの質問に答える、という形のものになるのではないか、と。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。