topimage

2013-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん、ありがとう - 2013.12.19 Thu

あるいは、いきなり?!と思われる方もいるでしょうが、DRYBONESを、本年をもって解散致します。

解散は、ずいぶん以前から考えていました。わたしはペシミストで、なにか新しいことを始めようと思うのと同時に、これはいつまで続くのか、終わりはいつ来るのか、どのタイミングでどのように終わらせたらいいのか、と考える癖があるのです。間もなく定年で退職する現在の職場に来た時もそうでした。

オリンピックの開催が4年に一度なのはどういうわけだか知りませんが、いつの頃からか、わたしは4年を一区切りとするようになりました。なにかを始めて、4年経ったら続けるかどうかを考える。
ドラボの発足は2008年ですから、そう、発足4年目になる去年から継続すべきかどうかを考えていたのです。

そもそも、はじめは教師が主導するちょっと風変わりな学生劇団という位置づけでした。なので、入ってくる学生たちには、3年生の夏の公演を最後に引退するのが原則、それまでは授業よりなにより劇団の活動を優先してほしい、と言い渡したりもしました。この大原則が、緩やかに崩れていった、というのも解散決定の大きな理由のひとつです。
当初は想定していなかった、卒業後も劇団に残るひとが出てきました。もちろん、これはありがたいことでしたが、一方で、学生・社会人、それにわたしの混合となると、稽古時間や公演期間の設定がきわめて難しくなりました。当初はほぼ毎日稽古をしていたのですが、卒業生たちは、そんなことをしていては日々の暮らしがままならないし、一方、学生たちからは、いろんな先生のいろんな授業を受けたい、という希望が出てきて …。
そのようにして、毎日稽古の原則も崩れていったわけです。

むろん、それらを非難しているわけではありません。致し方ない事情だと思います。でも、上記の原則が守られなければ、巷に溢れるクズのような自称「劇団」となんら変わるところがないわけで、あえて高飛車な言い方をすれば、そんなところで芝居を続けることに、わたしは積極的な意義を見出せないと、こういうわけなのです。

前述したように、入ってくる学生たちには幾つかの約束をさせましたが、わたしの方もひとりは苦しいけど、劇団員がふたり残っていれば定年まで劇団はやめないと、彼らに約束をしていました。要するに、このタイミングで約束の期限も来たわけです。

劇団員からは、解散公演は?という声もありましたが、「その後」を設定しえない公演に意味などないだろう、と答えました。そんな打ち上げ花火みたいな公演、意味ないでしょ。すみません、無愛想で。

よく4年も続いたな、というのが正直な気持ちです。劇団員、スタッフとして公演に関わってくれた人たちには感謝しています。十数年前に一緒に芝居を作った、保、武田さん、原さん、そして、いまは職場の同僚になっている水沼さんと、また芝居を作ることが出来たのも、ドラボという場があったお陰です。

そして、お客としてわれわれの公演のために劇場に足を運んでくださった方々、毎度毎度悪口雑言を並べたてているこのわたしのブログに飽きもせずお付き合い下さった変わり者の皆様、本当にありがとうございました。

今後のことですが。
劇団員たちには、解散の話をした際、続ける者がいればサポートを惜しまないと伝えたのですが、今のところその意志を受け取ってはいません。
わたしももちろん、これで演劇の活動を停止するつもりはありませんが、もう劇団活動はドラボで腹いっぱい。要するにフリーになるわけですが、どこからもオファーがなければそれまで、ということですね。

わたしは退屈ということを知らない男で、そうなったらそうなったでやりたいことは山ほどあり、手元にありながら見てない読んでないDVDや本は山ほどありますし、そう、週末には競馬があって、集中すれば競馬で生活費を稼ぐことも夢じゃないと、まあ、夢のようなことも考えているわけです。

今日これから、残務整理のための話し合いがあります。ホームページやブログはどうするのか、わずかながら劇団に残っているお金をどうするか等々、まあ、考えればいろいろあるんですねえ。
それから関係者の方々も交えての納会、と。

最後に、今年亡くなった打撃の神様、川上哲治の胸をつくような名言を。

やっぱり10連覇して、お辞めになりたかったんじゃないですか、というインタヴィユアの質問に答えて、
曰く、「花道というものは、負けて渡るものですよ。勝って渡りたいと思うのは、虫がよすぎます」

もう一度。これまでご支援下さった方々、本当にありがとうございました。






スポンサーサイト

訃報 - 2013.12.09 Mon

昨日、松本くんからすまさんが亡くなったとの連絡あり。一週間ほど前に、松本くんからすまさん、相当悪いらしいというメールを貰っていた。

すまさん。すまけいさん。今年の3月、わたしが台本を書いたMODE公演「満ちる」(松本修 演出)に主演。脳梗塞でしばらく休んでおられ、朗読劇なるものを年に一、二度やっておられたようだが、これが何年ぶりかの舞台出演だった。

すまさんと初めて接触したのは、もう30年ほども前になるのか。もっとも、この時は直接お目にかかったわけではないのだけれど。
劇評家村井健の誘いがあって、俳優の小田豊、豊川潤と「桃の会」なるものを結成。旗揚げ公演に、小田か豊川だかが、ふたり芝居なら、イヨネスコの「椅子」はどうかと提案し、どちらかが、すまさんがその昔、「椅子」を翻案してやってるから、その時の台本を貸してもらったらどうか、と。で、お願いしたら、台本なんていったってマトモなものじゃないし、竹内さんがおやりになるのなら、自分でお書きになったらどうかと言われ、ならばと書いたのが、「今は昔、栄養映画館」。

それから10年ほど経って。木場勝己から、その「今は昔、…」を上演したいと連絡があり、その時点ですまさんの名が挙がっていたのかどうか定かではないが、すまさんがお出になるのなら、とその演出を引き受けたのだった。

名優の条件として、三つの<チ性>が必要、というのはわたしの持論で、即ち、知性、稚性、痴性である。

知性とは、物事を論理的に考えられるということ。
稚性のチは幼稚のチで、幼心を持っているということ。
痴性のチは、イレギュラー、つまり、なにをするか分からない、犯罪者の匂いがするということ。
砕いて言うと、頭がよくて、可愛くて、怖いひと、ということになります。

で、すまさんはまさにそういう俳優さんでした。
演出してるとき、そこはこんな風にとわたしが注文を出すと、「またバカなことを」とか「竹内さん、あんた俺をどうしたいの?」とか言いながら、軽々と演じてくれるのでしたが、芝居途中で吹き出したりして、その時のいたずら小僧のようなチャーミングな笑顔が忘れられません。

このあとしばらくして、癌で入院。それからまた何年か後に、前述した脳梗塞になられ、今回の訃報に。
確か、以前にも書いたはずですが、わたしに接触した後に、大病になられたり、亡くなられたひとが結構多いのです。そんなにストレスを与えた自覚はないのですが。ああ、罪深きわが人生 …

最高のすまさんが見られるのは、映画「光る女」。闇の組織の頭目で、大きな権力を持っているのはもちろんだが、男のわたしでさえゾクッとするほどの色気を撒き散らす。おまけに強いのなんの。だって、あのプロレスラーの武藤とガチ(に見える)で闘うんだから!
あんな役が出来る俳優、外人ならいそうだが、日本人ではすまさん以外思いつかない。
ああ、この映画の監督、相米慎二も亡くなりましたねえ …

ご冥福を祈りつつ、合掌。





猪瀬の定まらない視線と安部ちゃんの舌足らず、ドーよ。 - 2013.12.04 Wed

ああ、もう師走。でも、先月半ばあたりからずっと走ってる感じ。
学部内、専攻内で次から次と難事があって、その対応のための会議が連日あって ……

そんなわけで、まだ残り一ヶ月ほどありますが、今年見た映画、読んだ本のランキングを以下に。
対象は、あくまでも今年わたしが触れたものなので、公開・発表されたのはずっと前、というものも含まれています、念のため。

映画
作品賞
①「グランドマスター」(監督ウォン・カーウァイ)
②「フィッシュ・タンク」(監督アンドレア・アーノルド)
③「ルアーブルの靴みがき」(監督アキ・カリウスマキ)
                              (順不同) 
最優秀監督賞
 アキ・カリウスマキ
 運びはゆるやかのようでいて、サクサク物語が進む。常にユーモア溢れる画面。これまでの作品から明らかに一歩先に踏み出した勇気も買いたい。
主演男優賞
 トニー・レオン(「グランドマスター」)
 ひたすらカッコイイ。渋い、とはこのひとのためにあることば。
主演女優賞
 田中裕子(「夜叉」)
 もの悲しくて、それが色っぽさにつながっている。好きだぁ。
助演男優賞
 神戸瓢介(「集団奉行所破り」)
 こんなに芝居が出来るひとがどうして評価されなかったのか。どんなひとかとネットで調べてもなにも出てこない。
助演女優賞
 「フィッシュタンク」のヒロインの妹役の子供
 こ憎らしいほど芝居がうまい。そら恐ろしい。
新人賞
 内藤瑛亮(「先生を流産させる会」の監督)
 この映画は二年前に公開されたものらしい。次回作ってもうあるのかな?
特別賞
 内田吐夢 「宮本武蔵」「妖刀物語 花の吉原百人斬り」における卓越した演出力に唸る。


①「医学部講義」神田橋條治(創元社刊)
 「生体は治ろうとする傾向を持っているの」だから、「病気が治るのは、結局、自然治癒なの」
②「意身伝心 コトバとカラダのお作法」田中泯×松岡正剛(春秋社刊)
 「私はダンスです。(中略)ダンスの方が私より大事なんですね」(田中泯)
③「溶けていく暴力団」溝口敦(講談社+α新書)
 「今、暴力団に残っているの者は年寄りか怠け者といわれる」

演劇は、A級Mの土橋くんの演出家としての手際のよさが記憶に残るくらいで、他には ……

ついでに、竹内身辺の今年のおめでた3大ニュースを。

①ティアーモ、持ち馬(といっても500分の1ですが)として初めて、GⅠのオークス、秋華賞に出走。
②POG所有馬キズナ、ダービー勝利。
③専攻の学生、芝原さんが卒業戯曲として書いた「マッシュホール」で、今年の「日本の劇」戯曲賞を受賞。

ま、こんなところですな、今年は。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。