topimage

2013-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット時代の二巨星、堕つ? - 2013.10.28 Mon

みのもんた、「朝ズバ」降板。タモリの「いいとも」も来年3月で終わるらしい。
ふたりともわたしの同世代。もういいでしょ、止め頃でしょ。
確かもうひとり止めるひとが…あ、宮崎駿だ。ま、このひとはわたしよりかなり年嵩だが、若い人から見れば同じでしょ、60も70も。

わたしは大のテレビ好きだが、「朝ズバ」も「いいとも」も見たことがない、チラッとしか。
ついでに言うと、先ごろ評判になっていた「あまちゃん」「半沢直樹」も一度も見なかったし、「サザエさん」も「どらえもん」(正式表記知らない)も一度も見たことがない。

それはともかく。みのは、本当は止めたくなかったらしい。もっとやりたかった、それも、情報・報道番組を。要するに、「ケンミンショー」みたいな軽めの番組はもうやりたくないということだ。
ま、差別ですな、バラィテイよりそういう番組の方が上等でしょという。
彼の言動のすべてに、この手の上から目線というか、差別目線がちらついている。そして、だからこそ一般視聴者にも支持されてきたのだが、ここにきて、そんな空気も一変。彼を非難してるひとは、昨日まで彼の言動をそうだ、もっともと支持してきたひとと同じなんですよ、きっと。

ほんと怖い、一般市民。

みのは分かりやすいひとで、それが多くの支持を受けてきた最大の要因と思われる。だって、フツーのひとが思ってることを、大きな面と大きな声で言ってただけだから。
でも、タモリってなんだろう? 先にも書いたように「いいとも」はほとんど見たことがないけれど、時々チラッと見ると、自分の子供か孫みたいな若いタレント達と、他愛もないゲームなんかやっていて、毎日お昼にこんなことやってて、なにが楽しいんだろ、辛くない? と思っていた。
もちろん、楽しくなんかないのだ。だって仕事だもん、ってそういうスタンスでやっていたのだろう。
みのが底なしの野心家、自己顕示欲の亡者みたいなひとだとすれば、タモリはその対極にいるようなひと。
もちろん、タモリに自己顕示欲がないわけじゃないだろうけど、それは、大勢の前でワーワーやるようなことではなく、身内の趣味があうひとたちとドーデモイイ話を披露して、クスクス笑いあうみたいな、そういうものだろう。だから、「タモリ倶楽部」みたいなのが、彼の居場所なのだ。

明らかに対極にあるふたりだが、ネット時代というキーワードで考えると、ふたりが長く人気を保ちえたのがよく分かるのである。
みのもタモリも、芸人というカテゴリーで見れば明らかに二流のひとである。また、世が世なら、みのの押し付けがましさも、タモリの趣味性も、決して一般ウケするものではないはずだ。が、テレビというメディアがそういう<変な才能>を欲し、ネットがそれを後押ししたのだ。
特別な知識があるわけでもないのに、みのは偉そうに訳知り顔で政治や経済を語り、タモリはさんまのように特に面白いことを言うわけでもないけれど、彼の言動は、<通>を自認する人々の虚栄心をくすぐる。ジャンルは違えど、ともに<素人>という意味では同じなのだ。
ふたりは、「奥さん、素人だってなにを言っても、なにをやっても、イイトモ!」と思わせてくれた、みんなの心強い味方だったのだ。

話変わって。昨日の天皇賞を勝ったジャスタウエイの馬主は、わたしの古い知り合い。最近はまったくご無沙汰ですが、彼が生まれた時から知っていて、一時期、わたしたちのPOGのメンバーでもあった。それが、賞金1億ゲットですか。もちろん、損得だけで馬主になったわけじゃないと思います。だって、ほとんどの馬主は損してるんですから。愛馬が走る。その健気さを目の当たりにしたら、勝った負けた、幾ら儲けた損したなんて、そんなこと屁でもない。

でも一億円、ウラヤマシイー!



スポンサーサイト

それ、おかしいんでないかい? - 2013.10.21 Mon

スマホってスマホでいいの? 正式名称はスマートフォンでしょ。縮めるんなら、スマフォ、あるいはスマフでなきゃいけねんでないかい?

昨日は、NGKでざ・ぼんちの結成40周年記念のライブ?を見る。
笑った。漫才5本! ふたりとも60歳を超えてるというのに。おさむちゃん、相変わらず大量の汗をかきながらの大奮闘。彼らの繰り出すネタは、ちょっといい話じゃない。馬鹿げてる、狂ってる。
文字ではそのおかしさを伝えることは難しい。
まさとの「救急病院」という言葉を受けて、おさむちゃんは、「そう、入り口がもの凄く狭い、キューキューやねん。廊下もこんなに狭くて。ほいで、院長が雄のかまきりやねん。雄のかまきりはエッチすると死ぬねん、すぐ死ぬねん、可哀そうやねん。蝉も長いこと地面の中にじっとしとって、ようやっと地上に出てきた思たら、死ぬねん、すぐに死ぬねん ……」と、これからしばらく、すぐに死ぬ生き物の話が延々と続く。
すごいです。ちょっといい話というのは、ま、日常でみかけた、みかけても不思議じゃない話で、ちょっと笑えるというそういうものだけれど、ざ・ぼんちのネタはそうじゃありませんからね。こういう超ド級の笑いは、ま、やわい若いひとには受けないのかもしれませんが。

と、ここまではよかったんだけど、最後に歌を歌って、これが聴いてて恥ずかしくなるようなバラードで、これをふたりが二枚目風に歌う。マイリマシタ。勘弁して下さい。

関西のお笑い芸人って、なにかコンプレックスがあるのかな。きっと、自分はそれだけの人間じゃないと思いたいし、客にもそう思わせたいんだな。あの藤山寛美だって、必ず世情へのいかにも安い風刺みたいなものを入れてたし。そうだ、このひとは関西のお笑い芸人ではないけれど、勝新太郎、勝さんも、昔お会いして芝居のことを話していたとき、悪巧みを働く代官等に、当時の代議士の名前をつけたら面白いみたいなことを言うので、こっちはすっかり鼻白んでしまい ……
関西の芸人が選挙に出たりするのも、結局、自分はただの芸人じゃないとアッピールしたいんだ。とか、いくら人気があるといっても、結局関西ローカルに過ぎないんじゃないか、という不安とか不満とかも手伝って ……?

ああ、あ。ざ・ぼんちはそのままで凄いのに。なぜそれが分からないのだろう? うん? おばちゃんたちが、笑わせるだけでなく、最後はちょっとしっとりした気分になりたいと思ってるからそれに合わせてる?
関西のおばちゃん、殲滅したほうがいい。

昨日、メジャーのレッドソックスがアリーグ優勝で上原がMVP。それはいいけど、表彰式とかに子供なんか出すなよ。どーなってんだ、最近はなにかといえば、スポーツの現場に家族がしゃしゃり出てくる。
選手の家族なんか、みんな見たいと思ってる? ボクシングなんかでも子供をリングに上げて抱っこなんかして。家族愛? 知らん、そんなもん。家でやってくれ、そういうことは家で。
TVの要請だと思うけど、断れ。俺のプレーだけ見てくれたらいいんですと。

見たくないものというか、あんなもん誰が見たいと思ってるのかと不思議でならないのが、優勝祝賀会のビールかけ。当人たちはそりゃ楽しいんだろうけど、あんなもん見たくもないわ。大体、ビールは飲むものでかけるもんじゃないし。内輪でやってくれ、内輪だけで。

公私の境目がグダグダで、それを殊更に助長しているのがメディアだ。最低だな。


これはエライことですよ - 2013.10.16 Wed

面倒が重なっている。
担当している、2年生の実習授業の発表会の予定演目の上演許可がおりず、演目変更を余儀なくされることになってしまった。

学生たちがツイッター等々でもう宣伝しているらしいので、わたしたちが予定し稽古もしていた演目がなんであり、誰が上演を認めなかったのかは調べればすぐに分かることだけれど、一応ここでは明らかにしないでおく。

ここでも何度か繰り返し書いてきたように、発表されてしまったら作品はもう作家個人のものではなくなる、とわたしは考えている。むろん、規定の上演料を払わなければいけないのだけれど、それとこれとは話が別だ。
今回の場合、作家は長く病気のため入院されていて、上演許可不許可は作家の奥さんが引き受けているようだった。(交渉にあたったのはわたしでなく学生)
作家とはそんなに親しいわけではないけれど、顔を合わせれば挨拶以上の言葉を交し合うような関係で、いろいろお世話にもなったが、奥さんはまったく知らない。

上演しようと思った作品は、出演者の人数からそのまま上演するのは困難で、人数をあわせるために同じ作者の別の作品の一部を加え、それにともなって、オリジナルの何割かをカットした。
改めて書くまでもないが、単に人数あわせのためだけにそのように改変したのではなく、改変によって作品はさらに活気づき、さらには、作家の核にも迫りうると判断したからそうしたのだ。

もうずいぶん前になるが、やはり高名な作家のあまりにも有名な戯曲の上演を拒否されたことがある。
この高名な作家とも、ごく短期間だったけれど親しくさせていただいた時期があったのだが、上演を企画したときはすでに亡くなられており、なので、著作の管理は娘さんが引き受けていたのだった。作家がご存命なら上演拒否どころか、どうぞどうぞと歓迎してくれたはずだ。

今回もまったく同じで、作家と連絡がとれたら、間違いなく「いいよ」と言ってくれただろう。

はっきり書くが、上演を拒否した女性おふたり、度し難いやつ等! と言うほかない。

確かに管理をまかされ、その責任をまっとうしたいと思うがゆえの返答だったのだろう。でも、あんたらが書いたわけじゃないでしょ。「わたしにとっても大事な作品なので、安易な書き換えを認めるわけにはいかない」って、なに? 私物化っていうんですよ、そういうの。 
あんた(ら)の頑迷さは作家にとっても作品にとっても、百害あって一利なし。
あえて口汚く、誤解を恐れずに言えば、著作の管理は、上演するところからはちゃんとお金をとる、それだけやってりゃいいんですよ。あんたらに上演の可否の判断・権利まで、作家は任せてるわけではないんじゃないの?
 
このところリメイクされた作品がいかにひどいかを書いてきた。だけど、まあ、こっちの勝手な思い込みであることを承知でいえば、「東京家族」みたいなトンチンカンな作品、たとえ学生による上演だって、絶対作らない自信はあるのだけれど ……

度し難いひとたち。別役さんの戯曲の登場人物ではないけれど、自分を善意のひとと思い込み、自分の行為・判断に間違いなどありえないと思ってるから、なに言ったって通じないんだ。
古いけど、こういうの「バカの壁」って言うんですよね。

因みに、今回のタイトルは往年の人気コメディアン、ルーキー新一が連発していた当時の流行語。

忘却とは忘れ去ることなり - 2013.10.11 Fri

オ、ト、トッ。今日はわたしの66回目の誕生日。情けないやら恥ずかしいやら。
一昨日は、実習を担当している2年生の学生諸君から、昨日は卒業生の佐藤さん、大妻さんから甘いものをいただきました。かたじけない。

公演を間近に控えて、ドラボは風雲急を告げているが、わたしがなんのかのと口出しするのは得策ではあるまい。ここが力の見せ所、関係諸兄には頑張っていただくほかはない。

先週末、久しぶりに東京に帰っていつものように、競馬と映画に明け暮れる。

山田洋次の「東京家族」。「東京物語」をベースにしてとは聞いていたが、ストーリーはほぼ同じ。どこからどう見たってリメイク版だが、にもかかわらず、「東京物語」のシナリオを書いた小津、野田の名が、原作者として明記されていない。これはどういうことなのか。

監督は、この作品を小津安二郎へのオマージュだと言っているらしい。映画の冒頭にそんな字幕が出てきたような気もするが。
小津さん、この映画を見たらなんと言うのだろう? 「冗談いいなさんな」とでも言うのではないか。

「許されざる者」のリメイク版も大した代物だったが、ひどさを言ったらこっちの方が断然だ。
野球に例えれば、同じアウトでも、前者はとにかく3回バットを思い切り振っての三振だ。しかし、こちらはみみっちくボールに当てにいった挙句のPゴロ。最低である。

必要があって、久しぶりに「映画芸術」を読んでいたら、あの西部すすむ(漢字が思い出せない)が、佐高信と元文部官僚の映画評論家・寺脇研との鼎談の中で、この映画を取り上げていた。これがなんとも痛快で。言ってることがいちいちごもっとも。小津版では中村伸郎がやっていた、美容院を経営している次女の亭主を、あろうことかこぶ平(いまは正蔵だけど、いいんだ、こぶ平で)がやっていて、あいつはただのバカにしか見えないという発言に大笑い。

そう、中村は、女房の尻に敷かれた役立たずの髪結いの亭主に見えて、実はかなり優秀な女房と店のマネージャーなのだが、山田洋次はそれが分からず、ただただヘラヘラふらふらしてる間抜け野郎にしてしまってる。もしかしたら、そのような自らの愚かしい変更(読み違え?)にさえ気づいていないのかもしれない。

西部も指摘していたが、小津版には物語全般に終始、戦争の影があり、リメイク版のキモは、まさにその<戦争>をどうするかにあったはずだ。

山田版は、本当はもう少し前に作る予定だったのだが、東北の震災に山田は大きな精神的ダメージを負い、それで製作を延期したらしい。
ということは、そのダメージを乗り越える方法が見つかったからこそのリスタートだったはずだ。

で、その震災がどのように描かれているのかと思ったら、オリジナルでは原節子が演じていた、戦争で亡くなった次男の嫁にあたる役を、妻夫木(次男)と蒼井優(彼の恋人)に割り当てているのだが、このふたりはボランティアに行った被災地で出会った、橋爪功演じる父の古い友人が震災で亡くなったと、なんだかとってつけたようなエピソードで済ませているのだ。

ひょっとして、舐めてるのかな、山田洋次は。映画を、観客を、小津安二郎を、その他諸々を。

以前も書いたが、震災は確かに天災だけれど、原発問題も視野に入れれば、それはほとんど<戦争>で、ほんとに震災でダメージを受けたというのなら、なぜ、もっと大胆に震災を作品の中に取り込むことをしなかったのか。
いったいなんのためのリメイクだったのか。

他にも幾つか、「許されざる者」のリメーク版に通じるモノに気づく。

この映画には、オリジナルには確かにあった<東京>がどこにもない。風景皆無。東京ばかりでなく、父が住む瀬戸内の島がどんなところかもよく分からない。
また、バイトで舞台関係の仕事に就いているらしい次男が、では具体的に舞台関係のどんな仕事を目指していているのか(舞台美術のプランナーなのか、大道具の制作なのか、舞台進行なのか)さっぱり分からず、彼のバイト先での仕事ぶりも見ても、実際のところヤル気も見えない。そういう男として設定しているとも思えず。ほんとに適当、おざなり。

あるいは。オリジナルが作られた時代では、おそらく美容院はハイカラな女性の仕事で、だから、なにごとにも積極的で、ただの主婦じゃなく「働く女性」を志した次女(の設定)にふさわしい仕事だったのだ。しかし、それから50年余が経っていて、次女の設定を変えないとしたなら、もっと別の職業を考えなければいけなかったんじゃないの? なぜ考えない、このバカタレどもが!

俳優達も厳しかった。わたしが国宝級の器と思っている蒼井優も、なんということもなく。ま、ホンのデキがひどいからしょうがないとは言え、原節子と同じ台詞を言うのだけれど、その内実のなさ!
こぶ平のひどさは際立っていたけれど(こんな仕事を請けてはいけない)、次女役の中島朋子も、なんだろ、このひと。前から思ってたんだけど、なにかとんでもない勘違いをしてるのじゃないか、自分は上手いと。全然。やることなすこと鼻につくだけなんですよ、あんたの芝居は。
長男の嫁役の夏川結衣。いい悪い以前に、全然存在感がない。いてもいなくてもって感じで。
改めて、オリジナルで同じ役を演じた三宅邦子の凄さが分かった。別に上手いというわけじゃなく、役柄もあるのだが、概ね控えめなところにいるのだけれど、でも確かに、嫁がいる、義理の姉がいる、子供達の母親がいるって感じさせるのだ。
長男役の西村雅彦。こんな医者に誰がかかるかって感じ。知性の微塵も感じさせない。うん? それが狙い? まさか。

風景も皆無なら、人間も不在の映画。この映画に限らず、いま日本で作られている大半の映画もドラマも芝居も、そんな代物なのだけれど。 うん? それが現在のリアルな日本、東京? そうかもしれない。 


それはそれとして。周防正行の「終の信託」(でよかったのかな?)で検事をやった大沢たかをなんて、ちょっと感心してしまったけど。やっぱり昔に比べて、俳優の力量が落ちてるのかも知れない。
同じく週末に見た「集団奉行所破り」。名人小国英雄のシナリオが冴えまくってるんだけど、奉行所に押し入る連中を演じる数人の俳優たち、金子信雄だの内田良平だの里見浩太郎に混じって、わたしが見たこともない俳優が3人ばかり、これがまあ芝居の上手いのなんの! 監督は長谷川安人。このひとの名前もいまはほとんど聞かれない。どう控えめに見ても、リメイク版の「許されざる者」や「東京家族」より数倍面白いのだけれど。

今度の日曜、秋華賞にはわが愛馬ティアーモが出走! 先行して直線二枚腰を見せて、後方から差してくる有力馬たちを見事完封!
乞う、ご期待。見せまっせ、やりまっせ。

それにしても、固有名詞が出てこない。ああ! 

(補足)
俳優たちの名前が曖昧で、みんな「なんとか」ですませて書いたのだが、それは彼らに失礼だと思い、ネットで調べて書き直した。ついでに、目に入った映画の感想みたいなのを読んだら、みんな声を揃えて、泣けたの、俳優達が素晴らしかっただの、まあ、わたしの感想とは間逆の、絶賛また絶賛のオンパレード。ま、関係者の宣伝のための書き込みも多く混じってるとは思うけれど、なんとなく暗澹たる気持ちになる。

みんな、マジメに冷静に、ちゃんとマナコを開いて、映画を見ましょうよ。












NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。