topimage

2013-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられた人々 - 2013.07.26 Fri

二週間ほど前になるのか、広島の山中で16歳の少女が殺されて遺棄された事件がマスコミを賑わせ、それから一週間ほどして、今度は山口県の過疎の村で、63歳の男が村人5人を殺して逃亡。さっきネットのニュースを見たら、隠れていた山中で逮捕されたらしい。

一方の事件は、被害者・加害者がともに若年であり、もう一方はともに老齢なので、そのことだけを取り出せば対極にあるのだが、おそらく誰もが感じていると思うけれど、ふたつの事件はとても似ている。

16歳の少女が被害者になった事件は、不思議なことに、被害者・加害者の親たち=大人の影すら感じられず、一方、63歳の男が加害者となった事件の集落の構成メンバーには若者どころか、50歳台すらいない。

両者は対をなしている。一方は一方の鏡像なのだ。

ともに、極端に閉じられた世界。一方はネットのラインで繋がれた、わたしなどから見たら、淡いというほかない関係で、一方は、ひとがいないという理由であろう、携帯が繋がらない、フェイス・ツー・フェイスでやりとりをするしかない、過度に密な関係。
一方は、ラインという虚構の世界であるがゆえの、面と向かって一対一だったら決して口にするはずのない、暴言が殺人を引き起こし、一方は、多数派に与しないと生きてはいけない、都会の孤独とは違う他者の過度な干渉と逃げ場のなさが、殺人の引き金を引かせたのだ。

16歳・事件の加害者の中には、その事件当日に初めて顔をあわせた者もいるという。明らかに、関係のパースペクティブが狂っている。

16歳の子供達は事実上、親に捨てられており、63歳の男が住んでいた集落の人々は、子供達に捨てられている。容疑者の男が都会から村に舞い戻ってきたのは、親の面倒を見るためだった、というのがなんとも皮肉である。

とりあえずの仕事をすべて終わらせ、この一週間ほどテレビ三昧の生活。画面では、とりわけバラィティと呼ばれている番組は、どれも、出演者たちの仲の良さを見せ付けるのがテーマになっている。
Aがなにか言うと、即座にBが茶々を入れ、Cがそれになにかを上乗せして、みんなが笑う、みたいな。
その丁々発止は、言うまでもなく繊細な神経を必要とされる、誰もが出来るものではない高度なものだが、視聴者の多くがそこから感じるものは、「ああ、仲良しがいていいなあ。あんなやりとりが出来る仲間がいたらいいなあ」というものであるはずだ。

都会であれ、過疎の村であれ、どこにいても、孤立感にさいなまれずにいられない現在。こんな酷薄な社会がこれまであったろうか。いまだにネット社会万歳みたいなことを得々として語る輩の神経が分からない。
ネットの存在がさらに孤立感を深めているのに。

はたして、いま演劇がなしえることとは?

一ヶ月ほど夏休みをとるので、このブログも、しばらくお休みです。
これはいつも研究室にあるPCで、時間の空いたときに書いていて、私有のPCはネットに繋いでないのです。

熱中症にご注意を。

では。

スポンサーサイト

それは愛の鞭? - 2013.07.18 Thu

卒業公演用戯曲、書きあがり。明日から函館へ競馬に行くので、パソコン荷物になるし、持って行きたくないなあと、徹夜の頑張り。

時間も限られていたし、学生のピンチヒッターということもあって、もうひとつ気乗りのしない仕事だったが、一応出来るだけのことだけはやったし、もちろん、お金を取らない、いうなれば素人芝居だからといって、一切の手抜きもしていない。

これまで書いた戯曲のほとんどは(映画シナリオもそうか)、書く段階でキャストの概ねは決まっていて、だからいわゆるあてがきってヤツをしていた。能力的にもの足りない俳優など、あてがきで能力以上に評価されることもある。ま、下駄をはかせるようなものですね。ほんとは1・60メートルの身長しかないのに、あてがき効果で1・8あるように錯覚される。観客が錯覚するのはいいけれど、演じてる本人が錯覚してしまうのは困ったもので、実際、そんな俳優が巷にはゴロゴロしている。

今回は、卒業公演に誰が出演するのかは知っているけれど、わたしが書いたものは誰がやるのか全然知らずに書いた。だから、前述したような下駄は全然用意されてないから、演じる学生は、相当大変だろう。

内容は、かすかにホラーがかったミステリーというか。自分で言うのもなんだが、演じるのに繊細な神経を
必要とする戯曲だから、正直、学生たちには歯が立たないのではないかと思う。例の如く、ところどころで下らないギャグみたいなのが入るから、マジメにとればいいのか、そうでないのかが、粗末な脳の持ち主だとさっぱり分からないという ……。おまけに、演出するのも学生とくればなおさらだ。世の中には、いくら頑張ったって出来ないもの・ことがありますからね。

ひどい? ひどいくらいでいいんですよ。ほんといまの若い子たちの大半は甘やかされて育ってんだから、卒業前にこの程度の試練を与えてやらないと。愛の鞭? んー、ま、そういうことにしておきましょう。

今週末は函館。来週末は、小倉へ競馬。文字通り、東奔西走の夏休み。結構な生活です。これで馬券をあてて、ザクザクお金が入ったら、竹内はきっと昇天いたします。

ちょいちょい - 2013.07.17 Wed

選挙も近いと言うのに、もうひとつ盛り上がらない。
ということも関係ありそうだが、夜9時のNHKニュースで、一昨日は宮崎駿へのインタヴュー、昨日は、いま評判になっている(らしい)いとうせいこうの小説「想像ラジオ」を取り上げ、それぞれに、天気予報やスポーツニュースを除けば実質40分ほどしかない枠の中で、10分近くを割いていた。

「想像ラジオ」は、先の震災で亡くなった主人公(?)が、まさしく想像ラジオのDJとなって、同じ亡くなった人々に励ましのメッセージを送ると、わたしの理解ではそんな内容であるらしい。

この小説の読者たち、とりわけ震災で近親を亡くした人々が励まされ、癒されている、らしい。

わたしはこの手の美談めいた話にはきわめて懐疑的だ。いや、その小説を読んでそう感じたというのは本当なのだろう。が、ひとは小説やら映画やら演劇が提示している、俗にいうテーマやストーリーなどにそれほど心を動かされるものだろうか。ましてや、生きていく勇気を与えられたと思うだろうか?

もちろん、ひとはそれぞれで、ずいぶん昔に、「一杯のかけそば」なんて、話の内容も忘れてしまったような、陳腐きわまるありがちな感動話に心揺さぶられる人たちが、常に少なからずいることも事実だ。

しかし、その種の感動にはきまったパターンがあって、ひとのよい人々、自分が善人以外の何者でもないと思っている人々は、そんなパターンを見せられると、まるでパブロフの犬のように、ほとんど反射的に涙を流したりするのだ。

少なくともわたしは、小説や映画や演劇に接して、生きていく勇気や希望を与えられたことはない。

という自分を基準にすると、心動かされるのは、というより、身体レベルでいい感じになるのは、音楽でいう「グルーブ」を感じたときで、何回か前にここで簡単に触れた「グランドマスター」がいい例だ。
別にあの映画のテーマやストーリーに<感動>したわけではない。俳優達の動き、カットの繋ぎ、背後で聞こえる音や音楽、色彩等々が一体に押し寄せてきたその感じが、今まであまり経験したものではなく、その異界に連れられていく感(?)に奮い立たされてしまったのだ。

「想像ラジオ」はもちろん読んではいないし、ほとんど関心の外だから、わたしが手に取ることはないと思うけれど、この小説に触れ、生きていくことに前向きになれたという人々は、繰り返しになるが、そこで提示されているテーマ等々によってそう思ったのではなく、この小説が持つグルーブ感によって消沈した心身に刺激を与えられ、その活性化が彼らを前向きにさせたはずなのだ。

大半の学生たちは、物事をほんとにお手軽に考えている。レポートも実習の発表もほとんどやっつけ仕事だ。もちろん、自分の若いころのことを思えば、偉そうに言えた義理でもないのだが。彼らにつきあうのがしんどい。歳のせいもあるのだろう。定年というのは適切な制度だと思う。

お手軽感は、学生たちの専売特許ではない。前述した「想像ラジオ」を取り上げる手つきもほんとにお手軽で、要するに、小説を小説として受け止めるのではなく、震災と言う時事に結びつけ、そういう<アクチュアリティ>こそ作品の生命線で、そこをちょいちょいといじくって感動話にまとめてハイ一丁上がりという、もう何十年も繰り返されてきたパターンに乗っかっているだけなのだ。

宮崎駿にもほとんど関心はないけれど、「その通り」と頷かせるようなことを、インタヴューの中で語っていた。
彼は、主人公が立っているときのその姿勢をどうするか、風になびく髪をどうするか、そういうことがわたしの思想だ、という意味のことを言っていたのだ。

わたしがこれまで関わってきた優れた俳優さんたちは、こういうことが分かっているひとたちだった。だから、A地点からB地点まで5歩で移動して、止まってふたつ数えてから台詞を言ってくれ、などというわたしの注文に、好奇心をあらわにして応えてくれたのだった。
ありがたいことに、このひとのキャラは? とか、この時の気持ちは? などという、学生たちが当然のように口にする愚劣な言葉は、このひとたちから一度も現場で聞いたことがない。

下手糞な俳優も、退屈な評論家も、頭の中身が19世紀以前を生きているという点では同じだ。

以前にも書いたような気がするが、演劇は生きているもので、いつも動いているから、それをつかまえるのは容易ではない。だから、19世紀以前を生きている連中は、演劇に麻酔の注射を打って、虫ピンでとめて、上から横から<演劇の遺体>をちょいちょいと見るくらいで(下から斜めから見るような面倒なこともしない)、ちょいちょいと批評という名に値しないような文章を書いたり、ちょいちょいと戯曲・台本を読んで作者の意図を汲み(不変で揺るがしがたいものだと思っている!)、その立体化が俳優や演出家の仕事だと思ったりしている。

なんという傲慢! なんという卑屈!

突然話が変わるようで、実は前につながっている。
一年以上も前のこと。本屋に行ったが買いたいと思っていた本が見つからず、映画・演劇コーナーをのぞいたら、もう何年か前に出たものらしい、松本人志の映画批評をまとめた本があり、手にとって見た。
むろん、批評というようなものではなく、本人も感想文だと確か書いていたような気がする。
とりあえず、少なからぬひとは彼を天才だと称している。その前提でこの本に接すると、どこが? と思わざるをえない、というか、ほんとは度し難い勘違い野郎なのではないかと、わたしはいささか憤りを覚えたのだった。
決定的だったのは、ボン・ジュノの「グエルム」評だ。彼は、この監督は笑いが分かっていないと切捨て、韓国では通じても日本では通じない、だから客が入らないのだと続け、更に、自分は笑いのプロだからその辺のことはよく分かる、と結んだのだった。(正確ではないかも知れないが、要するにこんな内容)

とりあえず、彼がタレントとして有能なのは認める。が、彼が作った3本だか4本だかの映画がいかに退屈なものかは多くのひとが知っている。むろん、ボン・ジュノの作品と松本の映画を見れば、多くのひとは、両者の間には天と地以上の開きがあると思うだろう。
要するに、映画に関しては素人以下の無能のひとだということだ。そして、これも普通に考えれば分かることだが、彼の主戦場であるテレビ番組で要求される笑いと、映画における笑いとは似て非なるものであり、彼がそれぞれの現場で本当に苦闘を重ねていれば、こういうお手軽な批判はできないはずなのだ。

先にタレントとして有能であることは認めると書いたが、正直、彼への称賛の声がわたしには理解できない。これも以前に書いたと思うけれど、NHKで作られた彼のコント、くすりとも出来ず、また、番組での立ち位置も、談志がビート・たけしに言ったらしい「お前は物事の表層を撫でてるだけだ。そんなことがほんとに面白いのか」というようなものだ。

誰かが言ったことをまぜっかえして笑いをとる。これはこまっしゃくれた子供がするようなことで、かく言うわたしが子供の時分によくやっていたことでもある。ほんとに松本は笑いのプロなの?

いいのか、こんなお手軽なことで。

昨日の深夜、台本が書けないのでTVをつけたら、浜田と東野の「ごぶごぶ」をやっていて、それで唐突に、「松本の笑いのプロ発言」を思い出したのだ。
浜田は、こんなバカなことはきっとプライベートでも言わないだろう。そこがとても好ましい。






度重なる災難!! - 2013.07.10 Wed

先週木曜。専攻の卒業公演の台本の一部(短編3本立てのうちの1本)を書かざるをえなくなる。
金曜。授業はなかったが台本を書くために大学へ。涼しいし。大体のプロットを組み立て、夜7時頃、家に帰るべく走らせていた自転車のペダルが、急に軽くなったと思ったらチェーンがはずれてる。すぐには直らず。クソ暑い中、自転車を引きながら15分歩く。
土曜。原稿を書こうと思ってPCを開き、昨日まで書いたところを読み直し、一部修正を加えようとしたら、シューンといった感じで画面が消えてしまう。何度繰り返しても同様。数ヶ月前にジュースをこぼして以来、幾つかのキーが使用不能になっていたのをダマシダマシ使っていたのだが、とうとう万事休す。学校まで行くためには自転車を直すしかなく(暑い中を20分以上歩いていられない)、ええいとばかり難波のビックカメラに行って、中古の今まで使っていたものより小型を買い求める。それでも8万近く。高ェー!

台本、亀のごとき歩みながら、毎日少しづつ書き進めていたのだが、昨日、5人の登場人物を4人に減らせないかと、演出担当の学生から連絡が入る。現場の事情があるらしい。もう!!

1からというわけではないが、大幅な変更を余儀なくされてしまった。

お祓いでもしなければ。
来週の週末は函館へ競馬に行くことになっている。勝てば、目出度く災難を吉に変えられるのだが、はたして …?

選挙ってなに? - 2013.07.04 Thu


自慢じゃないが、生まれてこの方、選挙なんぞというものにほとんど行ったことがない。
3回くらいかな。初めて選挙権行使が可能になった選挙と埼玉県知事選と、もうひとつは、青島幸男が参院選に出たとき。多分それだけ。どれも30年以上も前のことだから、きっと投票の仕方も忘れてる。
投票日は日曜になってるけど、人生の三分の二は競馬のことを考えてきたわたしが、くそ忙しい日曜日に、投票なんぞ行くわけがない。というか、別の投票を、勝ち馬投票をしてるわけだけど。

今日が参院選の公示日だというので、昨日の夜のニュースでも、各党首たちが雁首並べて、記者たちの質問に答えてるところを流してた。

自分のことは棚に上げ。どいつもこいつも詰まらない顔してやがる。小沢もかってのような傲岸不遜さがすっかりなくなってしまい、ただの内気そうな醜男になってしまった。安部ちゃん、日本の総理が満足に日本語を喋れないというのはどうなんだろう? 国威国威と彼が言い募る様は、ほとんどギャグにしか聞こえない。海江田、顔にほとんど皺がない。まるでそれは空っぽの脳みそを物語っているかのようで。橋下の童顔、どんどん馬鹿っぽくなってる。言葉の薄っぺらさもますます。ひと昔前までの政治家の顔は、どこか胡散臭く、だから、総理にもなった宮沢や海部のいかにも人柄よさそうな顔が物足りなく思えたものだ。
それが! 公明党の山口、せいぜい二部上場企業の部課長クラスの顔でしょ、そつのないのだけが取り得みたいな。みんなの渡辺、こいつは悪そうな顔してるけど、不満顔。小さいことにクヨクヨしてそうで、とても大きな仕事が出来そうにない。いつ見ても違和感があるのが、みどりの風の女性。元キャビンアテンダントみたい。あるいは、宝塚の男役? 声がさわやかね。いつ見ても聞いてもウザイ福島とは対照的だ。こいつ、いつまで現ポストにしがみついてんだ? 
キャッチフレーズもまた凡庸で。広告代理店とかついてるんでしょ、どうせ。それでアレ?
自民党の「ねじれ解消」とか「景気回復」とかは分かる。でも、民主や小沢のとこがいってる、「暮らしを守る」とか、なに? 全然インパクトなし。野党が守るなんていってたらしょうがない。一番分かりやすいのが「自民と対決」みたいなことを掲げてた共産党。あとはホントはヤル気なんかないでしょ、みたいで。

選挙ってどうなんだ。先日の都議選の投票率なんて40%くらいでしょ。いいの、これで? 民意が反映された結果になるの?
一票の重みなんていったって嘘だし。あなたの一票で別になんも変わらんし。

画期的な選挙に関する提案がある。3日くらい前にふと思いついた。選挙できるひとを減らす。選挙権があるひとの1%、もしく0.1%くらいに。それを無作為抽出かあるいは、近々国民総番号制になるらしいからそれを利用して、性別、年齢、職業、収入等々を考慮してなるべく不公平にならないように選ぶ。
(裁判員はどういう風にして選んでいるのだろう?)
仮に、10万人しか投票できないとしたら、多分、選ばれたひとは極力その権利を行使しようとするだろうから投票率は上がるし、一票がほんとに重く感じられるはずだ。貧乏人や女性たちが、私たちにも選挙権をと言っていた時代じゃもうないんだから、いいの、みんなに選挙権あげなくったてって。
こうすれば、選挙にかかる費用も劇的に軽減されるはずだし、ついでに、議員数も衆議院200、参議院100に減らせばいいのだ。

ネット選挙だ? PCで投票できるようになるのかと思ったらそうではなくて。わたしの提案に比べたら、全然画期的じゃない。
 
少し前に、岩手県議が、ブログだかツイッターだかに、自分が行った病院の対応がいかにひどいものだったかを書き散らして、それが問題になってみんなに叩かれて(炎上?)、それで自殺してしまったという …。ひどい話だ。ネットなんかなければ彼の歪んだ性格も表沙汰になることはなかったのに(?)

 


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。