topimage

2013-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世の出来事とは思えない … - 2013.06.27 Thu

大学に入ってまだ間もない頃だから、今から40年以上も前のこと(なんて長く生きてしまったのか。こんなはずではなかったのに)。一時期、新宿の歌舞伎町にあったタロー(TAROだったかも?)というジャズ喫茶に通い詰めていた。といってもまあ、月にせいぜい2、3度程度だったと思うけれど。田舎から出てきて都会の何もかもが物珍しいということもあったのだろうが、多分それより、粋がっていたのだ、その当時はもちろん、いまに至るまでジャズなどというものに耽溺したことなど一度もないのだから。
そもそもそこへ行くキッカケになったのは、これまた粋がって読んでいた日本読書新聞や映画評論という映画雑誌等々に、いま山下洋輔トリオが凄い、なんてことがよく書かれていて、その山下洋輔トリオが毎週のようにタローがライブをやっていたからなのだった。どこからそんな情報を得たのか?歌舞伎町に映画を見に行ったついでに、ちょいと横丁探訪をしていて、名前だけは知っていたタローを見つけたのかも知れない。当時はサブカルチャー、というよりカウンターカルチャーの勃興期であり、その代表がジャズであり演劇であり、そしてマンガだったのだ。

というこれは長い前置きで。
前述の山下洋輔トリオの演奏というのは、それはそれは凄まじいもので、客が10人入れるかどうかという狭いスペースだったこともあろうが、もの凄い音量でもの凄いスピードなのだ。フリージャズといわれるヤツ。
その日は確か、従業員2人(1人だったかも?)を除くと聴衆はわたしひとり。だからその凄まじいものがわたしひとりに向かって押し寄せてきたのだ。小一時間もやられたのだろうか、終わって外に出ると、走っている車がすべてノロノロ運転をしているようで、ぶつけられてもかすり傷ひとつ負わないのではないかと思われ、実際そうしてみたい誘惑にかられもしたのだった。なぜそんなことになったのか。感動なんてものもあったのだろう。トリオがもたらした疾走感が残っている身体感覚を物差しにすると、走ってる車なんて止まってるのと変わらないように思われたのかもしれないし、単純に、あまりの大音量に耳がバカになって、聴力によって得られる外部の情報の入力量が減り、危険を察知する能力が一時落ちていたのかも知れない。
その昔、打撃の神様といわれた川上哲治は、絶好調時には投手の投げる球が止まって見えたというが、ま、これは関係ないか。とにかく、あのときの世界が止まってしまった感じはいまだに記憶の中に残っている。

最近、それと似たような体験をした。映画「グランドマスター」。物語の舞台は、日中戦争を挟んだ20年ほどの間の中国。その時代の様々な流派のカンフーのグランドマスターたちの文字通りの苦闘を、ブルース・リーの師匠といわれるイップマンを中心に描いたものだ。
冒頭、激しく降る雨の中でトニー・レオンが数十人を相手に戦うシーンから始まって、トニー・レオンとチャン・ツイ・イーが闘うシーン、この映画の白眉といっていいはずの、雪降りしきる中、駅のホームで、すぐ脇を走る列車をバックに闘うツイ・イーと彼女の父の一番弟子。あえて俗な形容を使うが、いずれもまさにめくるめくような美しさで、この世の出来事とは思えない。もちろん、映画なのだからこの世の出来事であろうはずはないのだが、なんだろう、あのリアリティというか、肉迫感というか。
ずっと息を詰める感じで見ていたから、その体の状態がスクリーン上の出来事にシンクロし、それをリアルと感じたのだろうか。「この世の出来事」の中には、映画体験、観劇体験等々も含まれていて、だから、こういう経験(体感?)はこれまで一度もなかった、ということだろうか?
とにかく、車が止まって見えることはなかったけれど、見終って劇場を出ると、足が地につかない浮遊感、つまり、歩いているのだけれど、自分の足で前に進んでる感じがしないという感覚に襲われたのだった。

それから数日後、もう一度見ようと思って布施のシネコンに行ったら、上映時間を間違えていて、そのまま帰るのもシャクだし、かといって2時間以上もどこでどう潰していいか分からず、同じシネコン内でやっていた「フィギュアなあなた」を見ることにする。監督は石井隆。「名美」シリーズ他、これまで何本かこのひとの映画を見ているが一度も面白いと思ったことがない。それなのになぜ見た? 主役の佐々木心音という女の子が気になって、それでついつい誤った道へ ……
これが予想以上のひどさ。主役の男が酔った勢いで、肩がぶつかった相手に因縁をつける。ところが、相手はとんでもなくケンカの強い男のような女(!)であることが分かり、一目散に逃げて古い雑居ビルに迷いこむ。
追っかけは映画の基本のひとつだが、なんのスリルもサスペンスも感じられず、また、迷い込んだ雑居ビルがまるで魔窟のようでと、話はそうなっているのだが、そんな怪しさ・妖しさは微塵もない。更に具合が悪いのは、主役の男が愛してしまうフィギュアにそれを演じる女優さんの名前(心音と書いてここねと読む)をつけて、そう、完全に男を自分と重ねてしまっているのだ。いい歳こいて、気色ワルッ!
更に更に、許せないのは、心音さんがせっかく下半身を曝け出してガンバっているのに、ゼーンゼン、エロスの欠片も感じられないという …。
監督の無能と趣味の悪さ全開という映画である。

話が横道にそれた。で、そのバカ映画が終わると、すぐに「グランドマスター」へ。
先に、これまで映画等々でも見たことがなかったから「この世の出来事とは思えない」と感じたと書いたが、まさにそれで。つまり、一度もう見てしまっているので、もう「この世の出来事とは …」感はなく、
ただ、話の、というか、画面の細部がよく見えて、とりわけ、数はそう多くはないが、イップマンの奥さんの美しさとこの映画の中で占める位置・必要性がよく分かったのだった。

それにしても、トニー・レオンのかっこよさはどうだ。男の色気っていうんですか? よく分かりませんが。常に柔和な表情を浮かべ、格闘シーンになると当然、体からは相手を圧する気が漲るわけですが、でも、顔だけは柔和なんですよ。厳しい目をしているのに顔は柔和。なんでこんなことが可能なんでしょう?

実在したイップマンがどういうひとだったかは知らないけれど、トニー・レオンが演じたような、通常の人間など及びもつかないような人間は実際にいるのだと確信させる力が彼にはあって、それも<リアル>を感じさせるのかもしれない。
スポンサーサイト

魅せられて - 2013.06.20 Thu

何回か前に触れた映画の題名を間違えてました、また!!
「フィッシュストック」ではなく、「フィッシュタンク」です。ストックとタンク。似てるっちゃ似てますけど。

その時に退屈だと書いた映画「ヒミズ」。でも、唯一例外というか、これはイイかも?と思った女優さん、二階堂ふみが出演した、岩松さんの「不道徳教室」を見る。

期待に違わずといった感じで、目を見張った。というか、彼女が舞台上にいる時はずっと彼女を追いかけていた。それこそストーカーみたいに。物語の軸になっているのが、実は女子高生と彼女をストーカーしている高校教師なのですが。
ま、そんな不埒な行為をしたくなるのも無理ないさ、と納得させるのに十分な可愛さ。いや、可愛いだけなら、今時腐るほどそんな女優さんはいるわけで。
舞台女優の良し悪しは、結局、立ち姿と声で決まるわけですが、彼女はどっちもハナマル。とりわけ声に素晴らしく力がある。AKBの大半にいらっとするのは、あの甘ったるい声のせいですが、彼女らの声と対極にある声と言えば想像が出来るだろうか。蒼井優の声にも驚いたが彼女に匹敵する素晴らしい声の持ち主。更に。実際のところはよく分からないけれど、演出家・岩松さんの要求にそのまま素直に従ってやってるわけじゃないな、と思った。分からないところ、妥当だとは思えない要求は平気でスルーしてやってるのではないかと。若いのに大物感たっぷり。もちろん初々しさもあって、とりあえず言うことがない。率直に言って、相手役の大森南朋に力がなく、彼女の力量がフル回転されないもどかしささえあった。

でも、以前に石原さとみについても書いたが、潜在能力の高い俳優ほど、結果的に恵まれないのが日本の現実の環境で。石原さとみの代表作ってなに?といわれても、誰にも答えられないんじゃないか。多分、当人も。あんなにデキル女優さん、そんなにいないのに。

二階堂ふみ。テレビサイズでは間に合わない豊かな才能。開花した姿を観たいのだけれど ……


「悲劇喜劇」今月号掲載原稿 - 2013.06.11 Tue

この不均衡!
       岩松了「月光のつつしみ」に触れながら

  安定的なるものは非運動的である。運動的なるものは、不均衡から生まれる ……。

 水が流れるためには高低差が必要だ。会話も同様である。ことばを交わしあう者たちの間に、そのことに関する知識・情報の差が必要だ。むろん、水が高いところから低いところへ流れるように、会話もまた知識・情報の所有量の多いほうから少ない方へと流れる。即ち、前者が後者の優位に立ち、その場のイニシアチブを取ることになる。時に、声が大きい、腕力が強い、無内容だけれど言葉数の多い者が、その場を支配することもあるが、いずれにせよ、日常、舞台上を問わず、多い・強いものがその場の主役と考えられよう。が、この劇では、驚くべきことにそんな〈当たり前〉がひっくり返されている。
 登場人物は6人だが、ワンシーンしか登場しない田中を除いて台詞の多い順に並べると、弟、姉、宮口(姉弟の幼馴染)、若葉(弟の妻)、牧子(宮口の婚約者)となろう。劇が始まって間もないト書きに「このドラマはこの弟とやがて登場する姉の物語」とあり、この台詞量の多寡がそれを裏書しているかに見えるが、実はそうではなくて、舞台上にいながらほとんど黙して語らぬ牧子の一挙手一投足が、舞台・物語(の行方)を支配しているのだ。この文字通りの主客転倒は、冒頭のト書きと台詞ですでに明らかにされている。
 
   湯気につつまれるように部屋の中央で、トランプ手品をしている男(宮口)と、そ
   の相手をしている女(牧子)。ふたりはあたかもこの家の夫と妻のようにみえるが
   ……

宮口 もう一度、やってみようか。
牧子 うん。
宮口 何度でもできるよ。(以下、二行の台詞)
牧子 ホントだ。
宮口 不思議でしょ?
牧子 なんで?
宮口 なんでって、そりゃ手品だからさ。
牧子 え? わかんない。なんで?

 いかにもぞんざいな「うん」という返事も、連発される「なんで?」と同様、相手の次なる言動を催促しているのは明らかである。この自らは語らずして他に言動を要求する不遜さは、登場人物が増すごとにさらに増長され、あろうことか、「わたしずっと喋らずにいたんだから、これくらいしたっていいでしょ」と言わんばかりに、ついにはこの他人の家の台所にあった包丁で自らの手首を切ることになる。むろん、この帳尻あわせは度が過ぎている。更に。舞台となるこの家のバス・トイレにはドアがないのだという。部屋(リビング?)が湯気につつまれているのは弟が入浴中だからだが、家の中ではもっとも秘すべき場所、他人の視線を遮ることによって安らぎを得られるはずの寛ぎの場所が、常時オープンになっているのだ。この転倒! そして、この欠損を補い覆い隠すように溢れかえる、小道具の過剰さはどうだ。トランプ、セブンブリッジの結果を示す紙切れに始まって、壁にハンガで吊るしてある姉のワンピース、扇風機、牧子のコンパクト等々。むろん、それらはただ単にこの家の日常の構成物件の立場を超えて過剰に自己主張し、結果、登場人物たちはそれらに自らの言動を拘束され、振り回されることになる。ここにも主客の転倒が見られる。更に。秘すべき場所のドアの欠損と対になるような空間が用意されている。その部屋の三分の一くらいは、カーテンで仕切られているというのだ。その閉じられた場所は、一ヶ月ほど前から居候をしている姉のためのものになっていて、ベッドまであり、当然、カーテンだから開け閉めされ、その度に、見られたくないもの・見てはいけないものが露にされる。即ち、ドアの欠損を実際に観客が目にすることが出来ないという〈欠損〉を補う、これは過剰な帳尻あわせになっているのだ。
 一方で。この劇は三場よりなり、序破急という古典的な構成法に則っている。そして、それぞれの場はいずれも、終わったところから始まる。即ち、一場は宮口のトランプ手品が終わったところから、二場は夕食が終わったところから、三場は手首を切った牧子を病院に運んだあとから。そう、転倒と過剰を繰り返すこの物語は、それらを裏切る、こんなつつましい容れものに納められているのだ。この不均衡!

                      *

大学の「戯曲研究」で、岩松さんの「月光のつつしみ」を取り上げることにし、その講義原稿をまとめていたところ、「悲劇喜劇」から、岩松さんについて何か、という原稿依頼が。飛んで火に入る夏の虫か? と講義原稿をもとに書こうとしたのだが、依頼原稿の文字数は2千字で、一方、講義用原稿は7千字。肝心なところを端折ってしまった感あり。ま、でも ……

送ってきた「岩松了 特集号」を見たら、予想していた通り、わたしが岩松さんと初めて言葉を交わしたのは ……みたいな、まるで結婚式の友人のスピーチみたいな、アレだけはやめたいとわたしが思ってた内容の原稿がほとんど。
なんだろう、その手の内々感覚。TVのバレィテイはみんな、そんな内々関係、その場に集まった者達同士の近しさを、視聴者に見せ付けることだけで成り立っているけど。

他人の距離感を保ちましょうよ。岩松作品のこれ、基本でしょ。

がきんちょめ! - 2013.06.06 Thu

若松孝二の映画「三島由紀夫」は力作だったか、もちろん、力作=傑作とは限らない。
シナリオがよろしくないのだと思う。どこにピントが当たっているのか分からない。三島なのか、副題にもあるように、彼の周りにいた若者たちなのかが。三島によりウェイトを置くのなら、作家活動にも触れる必要があっただろうし、若者達にウェイトを置くなら彼らの性的なるものがどうだったのかくらいは描くのが当たり前だろう。結局、関連図書を2、3冊も読めば誰もが入手できる事柄しか描かれていない。
いろいろ裏事情もあろうが、寺島しのぶ演じる三島夫人の物語の中の立ち位置がまったく分からない。必要だったのか。必要ならこれももう少し三島とのふたりだけのシーンをじっくり作るべきだったはず。
なぜ三島があれほど思いつめ、追い詰められ、自衛隊の駐屯所に乗り込んでいったのか、結局分からないし(理屈はともかく映画的に)、そもそも三島といえば同性愛好者なのに、その空気感がほとんど伝わってこないのはいかがなものか。関係者に配慮した? 若松孝二=スキャンダリストともあろう者がなぜ?
三島役の井浦なんとかという俳優も、頑張っていたけど、彼がどうこうというよりやっぱりシナリオかな、わたしが知ってる三島とほど遠く …。それこそ、三島=スキャンダリストでしょ。そういう匂いがまったくしなくて。マジメだよねとからかいたくなるような …。三島といえば、バカみたいなわざとらしい高笑いでしょ。

園子温「ヒミズ」も同じような感想をもった。震災後の福島が舞台になってるんだけど。写された風景ともども、テレビで何度も見たなといった代物で、また主役のふたりの主人公、ともに15歳で、元気に振舞ってる女の子と、表情をなくした男の子というキャラクター設定も、更には、劣悪な環境の中でもそれまでの日常とさほど変わりなく(表面的には)、明るく振舞ってるおじさんおばさんたち、というのもあきれるほどに退屈。
同じ15歳の少女の物語、「フィッシュタンク」とは月とすっぽんだ。園ってひとも力を入れれば傑作が出来ると思ってるんじゃないか?

その「フィッシュタンク」。
前に書いたケン・ローチ「天使の分け前」と同様、舞台はイギリスの小都市で、彼女が住んでる環境は底なしといっていいほど劣悪だ。
父親はいない。母親は酒に溺れ、毎日のように似たような連中を家に呼んでパーティを開いてる。
彼女には小学校低学年と思われる妹がいるが、彼女もまた母親たちと同様、酒を飲みたばこを吸ってる。もちろん15歳の少女も。
ある日、男が彼女達の家に来て、同居するようになる。母親の恋人だ。彼の車でドライブすることになる。
そんなことは子供達も初めてのようだ。車中で男が音楽を流す。母親が「変な趣味ね」といわれたその曲は、「夢のカルフォルニア」(ママス&パパスのじゃない)で、この曲がこれ以後、物語の中で大きな役割を担う。こういうところで、ああ、シナリオがいいなと思う。
少女はダンスが好きで、でも友達がいないからいつもひとりで踊ってる。ある日、ダンサー募集のチラシを見て、応募しようと思い、「夢のカルフォルニア」で踊ることにする。ってことは、母親の愛人のことが好きになったってことですな。で、当然のように紆余曲折ありながら、ラスト、彼女はその町を出て行くことになるわけですが、その紆余曲折の曲がり方折れ方がまことに繊細で感心しました。そして当然のことながら、ささいなエピソードでさえも、常にスリルとサスペンスをともないながら描かれる。ここらへんが、シナリオの違いもさることながら、先に挙げた2本の日本映画と大きな違い。

久松静児「つづりかた兄妹」。子供の頃、小学校の映画鑑賞会で見たはずだが、もちろん記憶は見たという以外は皆無。どうせお涙頂戴ものでしょとタカをくくって観ていたら、これがなかなかの出来映えで。
1950年代(?)の枚方が舞台。メチャメチャ、今では嘘でしょといいたくなるような貧乏な家に6人の子供がいて、小・中学に通ってる上の3人はそろって作文がうまく、いろんなところに応募して何度も入選、家にはその賞品であるラジオだの勉強机だのいっぱいある。この手の話にはよくあるのだが、父親は腕のある職人なのだが、ろくに働かないで酒を飲み、飲めば女房を殴ったりするロクでなし。一方、母親はにもかかわらず毎日家のためにせっせと働いてる、みたいな。
子役達がいい。まあ、時代が違うわけだから、単純に比較するのもアレだけど、最近のこましゃくれた子役達と違って、顔云々ではなく存在自体が可愛い、健気で。学校の先生役が香川京子。文句なし!
最後はやっぱり涙涙で、わたしも泣いてしまったけれど、後味がとてもよろしい。これ、モデルがあるんだけど、どこまでホントだろう? 最後に物語の中心になってる小学生の次男が病気で亡くなるんだけど、これが本当だとしたら、相当可哀そうです。ほんと、泣いちゃう。

そうだ。「フィッシュタンク」の小学生の妹のことを書かねば。凄い芝居をしてる。芝居とは思えない。日本の子役達のように、大人の愛玩物じゃないんですよ。いつも目が据わってるし。だけど、可愛い。この子も最後に泣かせやがる。まいった。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。