topimage

2013-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼に感服、彼女たちに敬服 - 2013.04.30 Tue

週末、久しぶりに東京に帰って競馬三昧。が。土曜日の青葉賞、わがPOG持ち馬のレッドレイブン、期待を裏切り一番人気で惨敗。日曜日の天皇賞。フェノーメノはゆるぎない本命馬と見て、馬券はこの馬から買ったが、まさかゴールドシップが3着を外すとは! そう、3着でよかったんですよ、そしたらしこたま儲かったのにィ。

土曜日の夜。WOWOWで「ヘルタースケルター」を見る。想像以上のひどさ。なんといったらいいのだろう、映画になってないのだ。まるでスチール写真を並べたみたい。時間が流れてるって感じがまったくしない。若い頃、どういう話の流れだったのか、大和屋さんの奥さんが「下手な監督って、ひき絵がとれないのよ」と言っていたが、確かにひき絵がなかったような気がする。あったとしてもまったく印象にないのだから、なかったと同じだ。
俳優たちも、どこか投げやりな感じで。原作者の岡崎京子が草葉の陰で泣いてるぜ、ほんとに。

逆にこれが映画だと思わせたのが、続いて放映された「先生を流産させる会」だ。実際に起こった事件をモデルにしたらしいが、さっきネットで確認したら、なんとわたしの生まれた町でそれは起きたのだと知り、ビックリ。
それはそれとして。いつものように映画のストーリーは明らかにしないが、俳優たちの面つきが前述の映画とはまったく違う。とりわけ、女子中学生5人組に流産させられる先生役を演じた宮田亜紀の目つきが凄い。怖い。闘う女! こんな女優さんがいるんだあ。ネットで調べたら、これまた奇遇で(?)、ずいぶん昔に大和屋さん宅で何度か会い、わたしの芝居にも来てくれていた西山洋市さんや、高橋洋さんらの映画に出演しているらしい。でも、どこで生まれていま幾つ? 等々は明らかにされてない。気になるぞ、竹内は。
まるで「エイリアン」のヒロイン、シガニー・ウィバーみたい。それは、映画自体が「エイリアン」を思わせたせいかも知れないけれど。女子中学生5人組もいい。みんな素人らしく、正直、揃ってブサイクなのがいかにも田舎の中学生といった感じでとてもよろしい。リーダー役を演じた女の子が、これまた闘う女の顔つき目つきでとてもいい。
監督の内藤というひとは30歳くらいの若いひと。確かに、話は怖いけど、瑞々しい映画。ひき絵もばっちり。
内容が似てなくもない「告白」とも対極にある。シャボン玉を吹かせたり、スローモーションにしたり、そういうアホなことは一切しない。この潔さに感服。

あ、ひとつ思い出した。アンゲロプロスが「霧の中の風景」を撮るとき、主役の子供たちを決してフォトジェニックには撮るまいと決めていたという話を。そう、「ヘルタースケルター」は、なんでもかんでもフォトジェニックに撮ってしまうから、映画にならないのだ。

日曜。天皇賞で負けたので、まだ最終レースが残っていたけれど、ここはひき時と自らに言い聞かせ、16時、チャンネルをグリーンチャンネルからWOWOWに切り替える。中島みゆきのコンサートが放映されたのだ。
といっても、7年前のものだけど。久しぶりに見えるみゆきさん。頑張ってる。なんでそんなに? と思うほど、見てるこちらが辛くなるほどに。なんか、頑張らなくていいからみたいな、そんな優しいメッセージが肯定されているこの時代に!
アンコール曲の「地上の星」が凄かった。浪花節語りみたいなだみ声を交え、吼えてる、と思ったら、間奏が入ったそのあとは一転、可愛い少女みたいになって歌ったのだが、その切り替わりの時に、なにを思ったのか、キッとカメラを見据えた顔つき目つきの鋭さといったら!

通常TVに映る顔は、それこそ岩松さんの「月光のつつしみ」の中の台詞を使えば、「自分の後ろには、一億人がいる」みたいな面つきだ。イケシャーシャーって言うんですか? わたしは皆さんの味方ですみたいな、皆さんもわたし(の意見)に賛同してくれてるんですよね、みたいな臆面のない顔を曝け出してるのに、先の宮田亜紀といい、みゆきさんといい。わたしはすっかり敬服してしまったのだ。
スポンサーサイト

満員御礼 - 2013.04.23 Tue

「なつゆめ」めでたく終了。恐れていた地震もなく、お陰さまで、どうなってんだと思うほどお客も入った。
しかし、その理由・原因がはっきりしない、だから釈然としない。シェイクスピアをやれば客が入るというのなら、シェイクスピア押しでやってもいいんだけど ……

昨日の打ち上げで、打ち上げの始まりの挨拶ににつかわしくない、長い長い話をした。いろんな話をしたが、以下はそうのうちのひとつ。
長くやってると、よほどのバカじゃない限り、それなりのテクニックが身につく。そんなテクニックだけではなしえない作品を作りたいといつも思っているけれど、今回も出来なかった。つまり、手の内で出来てしまった、作ってしまった。それが残念だ、云々。
あるいは
保、武田さんを除くと、おそらく自覚はあると思うけれど、みんな下手糞だ。でも、下手糞はダメかというとそうじゃない。下手糞じゃないと出来ないこと、下手糞でも保や武田さんに出来ないことが出来るはずだ。うまくなろうとなんかせず、そのことを考えてほしい。高橋源一郎の受け売りだけど、誰にも自分だけが歩く道があるが、それはすでにあるものではなく自分で歩きながら作っていかなくてはいけない。誰かに憧れるのはいい、だけど、そのあとをついて行くだけでは、永久に憧れの対象に追いつくことは出来ない。自分の道は自分で切り開いていくしかないのだ、云々。

保、武田さん。俳優としての力量もさることながら、やはり、芝居への傾き方がいい。稽古に臨む姿勢が素晴らしい。生き方こそが思想なのだ。

「どらいのなつゆめ」パンフ原稿+三国の死 - 2013.04.16 Tue


                    口上
 
 大抵の人間は、自分が思っているほど利口ではない。もちろん、わたしもそうだ。人間は愚鈍で滑稽で、だから悲惨な生き物だ。遅まきながらこの事実を確認したのは20年ほど前の夏、北海道の牧場めぐりをしていた時。悠然と草を食む馬たちのあまりの気品には知性さえ感じられ、「ああ、彼等に比べて人間は ……」と、わたしは嘆息したのだった。そして、「これは何故?」と考えて得た結論が、「馬は無闇に喋らないからだ」というもの。ナニソレ? という勿れ。
 言葉は人間の最大の発明品で、人間が他の動物よりも優位に立てたのも、多分それがゆえだけれど、しかし、言葉に翻弄されているのが人間の常態だ。言葉を振りかざせば振りかざすほど、その人間のよって立つところの脆弱さが明らかになり、愚鈍と滑稽と悲惨が露になる。とりわけ言葉を口にする時、それは際立つ。チェーホフ劇の面白さの根っこは、おそらくここにある。例えば「かもめ」の、作家のトリゴーリンが、女優志望の田舎娘ニーナにあれこれと質問を浴びせかけられ、それに応えるシーン。一見すると、彼はあたかも滔々と作家論や表現論を述べているように見えるが、その語られる内容の空虚さは語る当人にも分かっており、にもかかわらず、彼女の関心を惹きたいという下心も手伝って、喋り続けねばならぬ状況下に置かれてしまった彼。おまけに炎天下である。汗を拭き拭き語っているのであろうその様は、まさに愚鈍と滑稽と悲惨の極みである。
 今回の演目に、なぜシェイクスピアを、「なつゆめ」を選んだのか。むろん、選んだのはわたしだが、正直なと
ころ自分でもよく分からない。が、稽古を進めるなかでなんとなく見えてきたのは上記したこと、即ち、喋りまくる人間の滑稽と悲惨を劇の前面に押し出した作品を作りたい、と思ったのではなかったか。ご承知のように、シェイクスピアの台詞は長い。これでもかとばかり重ねられる修飾句。おまけに、非日常的かつ非口語的な言葉からなる福田恆存訳を台本のベースに選んだので、俳優諸君の苦労も並大抵ではない。言葉との苦闘・格闘を繰り返す彼らの奮闘ぶりをとくとご覧あれ。(笑)
 改めて思う。誰とも知らぬ観客を前に、必ずしも喋りたいわけでもない言葉を喋り続けねばならない不条理を好んで引き受ける俳優・役者は、人間のなかの人間、即ち、俳優とは、人間のなかでもっとも滑稽で悲惨な人間なのではないか、と。(この無礼な言い草も、悲惨を悲哀と言いかえれば、少しは許して頂けるだろうか?)
 本日はご来場、ありがとうございました。

三国連太郎が亡くなり、それについてのインタヴーに息子の佐藤浩市が応えていた。
離婚会見などで、インタヴューに応じる女優さんの堂々たる受け答えに感服したことはこれまで何度もあったが、
佐藤浩市のそれも、立派さという点において、これに並ぶものがわたしの記憶にはない。決して饒舌ではないのに、多くのことが語られていた、それも毅然として。終始、三国のことを「みくに」と呼んでいた。芸人の父子の確執といえば、猿之助・香川照之のそれを想起する。あれもまた、テレビのドキュメンタリーで見たが、壮絶なもので、しかし、彼らは和解したのだった。
多分、家の存続ということがあったからだろう。が、三国・佐藤は互いを俳優としては認めつつ、父・子であることを認めない、その厳しさ。われわれのような凡人とは人間のデキが違うのだろう。

それにしても、佐藤浩市の代表作ってなんだろう? もったいない。





全力投球とは - 2013.04.09 Tue

今日は、稽古場の都合もあり、フェアリーズ、もとい女房連中のみの稽古でした。

妖精の歌と、そして、シーン5。

シーン5の、最も大きな問題点について、指摘してくださいました。

それから、こんな話も。

前に誰かが書いていたような気がしますが、竹内氏の喩え話は、いつもとてもわかり易いです。

野球の球は、測った時に速いことが良いのではなく、バッターが速いと感じることが大切なのだ。
90キロの球の後に、130キロの球が来たら「おおっ」と思う。
でもいつも130キロの球を投げていたら、バッターはその速さに慣れてしまうだろう。

塚本は130キロの球を投げるのが気持ちいいから、全ての演技が130キロで、だから、バッターは飽きがくる。


今日の内容はどらいのなつゆめの稽古の中で、一番長く記憶に残るだろうなと思いました。


余談ですが、フェアリーズ以外は今日はお休み、ということだったので他に誰も居ないんだろうな―と思っていたら、舞監の北村さんと、丑田さんと桂さんの姿が。多分皆さん竹内氏に用事があっていらしていたと思うんですが、塚本は勝手にあったかい気持ちになっていましたうぬぼれかこの野郎ごめんなさい。たとえ稽古であっても、第三者として観てくれている存在がいるのはいいなって分かってるんです皆さんの目的は竹内氏であるとごめんなさい。山津さんも、シーン5のとき側で観ててくださっていやもう本当にだめだとんだうぬぼれ野郎だごめんなさい。


本番まで、あと8日。
明日は、通し稽古です。

千花

日々、狂いゆく - 2013.04.07 Sun

長い長い春休みも終わり、学校がスタートしました。
同時に、「どらいのなつゆめ」本番まで2週間を切ったという現実。
改めて文字にすると焦る。え、もうそんな間近なの!?

本日は、部分部分で小返しをしつつ、基本的には通し。
何だか、竹内氏のツッコミが冴え渡っていたというか、役者のボケがやたら多かったというか、そんな日でした。



松本くん、自分のミスに自分で爆笑しているのに対して。
「一人で笑ってるよ…」

若尾さん、小返しを中断して竹内氏が指摘した動きを、みんなが見守る中長いこと一人で楽しそうに問答しているのに対して。
「一人でしゃべってるよ…」

丑田さん、目をこするという演技の際、今日はドーランを塗っての稽古だったので手が白くなってしまい、何度も手につかないように目をこすろうとするも上手く行かず、唸り始めたのに対して。
「もうやめとけよ…」

塚本、小返しを始める際に、さあ出番だと舞台上に設置されているスロープを元気よく登ったら、思いの外角度が急だったのとすべすべの板だったのとで、ズサァーッと綺麗に滑って大の字になったのに対して。
「大丈夫かこの稽古場…」


次々とおかしなやつが出てくるな…と、半ば呆れ、半ば心配?しつつ「ヒッヒッヒ」と笑っておられました。
こんなところを拾ってツッコミしてくださる竹内氏はとても素敵だと思いました。
し、竹内氏にここまでツッコミさせる役者の面々も、なかなかの強者だと思いました(塚本はただのアホです)。


~最近の稽古場アルバム~

PIC_0154.jpg

盗☆撮☆失☆敗
稽古場の向かいの空き部屋で、ひとりコッソリ(?)鏡を見ながら稽古していた松本くん。

PIC_0144.jpg

ある日の稽古終わりの若尾さん、桂さん、山津さん。癒しの寝そべりショット。

PIC_0089_20130408004152.jpg

寝そべりショットその2。保さん。

PIC_0116.jpg

今回は優雅にワルツを踊ります。その練習中。

PIC_0146.jpg

ダンスと言ったら武田さん。武田さんに一人ひとり動きをチェックしてもらってます。

PIC_0129.jpg

見てたら踊りたくなっちゃった。関係ない人もみんなで一緒にダンスレッスン。

PIC_0159.jpg

優雅。


さあ、本番まであと少し!
今週も、ほどよく狂ってゆきましょう。

塚本千花でございました。

ラストシーン - 2013.04.04 Thu

今日はラストのシーンを重点的にやりました。
あ、若尾です(笑)
パロディーに見えないと意味がない!!
前のシーンと同じにならないためには
もっとダイナミックなことをしなければならないと(°∀°)
意外に大袈裟に驚く動作をするというのは難しいことですね(^-^;
あと、ダンス!!!これはヤバい(;゜∇゜)
足がからまるからまる!!!
今日から学校が開始してしまったので夕方からの稽古となります(*_*)
明日はガイダンス!!!
もうそんな時期か!!!???
春がやってきました。
浮かれてる場合じゃありません!
桜眺めてる場合じゃないんですね...
oh my god!!!!

3日明けの稽古 - 2013.04.04 Thu


こんにちは若尾です。
31日、1日、2日と叩きだったので
3日ぶりの稽古でした。
1場から6場までこがえしでしました。
本番まで残すところ約2週間となりました(*_*)
もうすぐじゃん!!
この2か月あっという間でした(^q^)
早い...
昨日は細かいところ演出つけていただきました。
注意されたところをそのままできたら
いいのですが(笑)
時間って早いですね..,-w

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。