topimage

2012-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その1度の角度のズレが … - 2012.08.30 Thu

20日に稽古を開始する予定だったが、台本ママナラズ一週間遅らせ、今週の月曜から始めた。
稽古初日の台本は、わたしの書式で10枚ほど。そして、本日さらに7枚追加。
上演時間を50枚・100分前後と考えているので、これで全体の1/3を踏破したということになる。
台本完成を、本番の1ケ月前、9月11日までにはと思っているが、それはなんとかクリア出来そうだ。ヨカッタヨカッタ。ま、これは取らぬ狸の …というヤツですが。

多分、前にも書いたと思うけど、以前は、本番初日の2、3日前に台本出来上がり、なんてことはザラだった。
当時わたしの芝居に関わっていただいた皆さん、ほんとにご迷惑をおかけしました。
それに比べれば。歳を経るとともに書くスピードが上がってるというこの恐るべき事実!

今週の稽古は14~18時の4時間。初日・二日目は読み合わせ。2回読んでも40分ほどで終わる。なので、残りの稽古時間の大半をずっとわたしが喋り続けることになる。聞いてる方も多分大変だろうが、もちろん、大変で疲れるのはわたしの方だ。だって、3時間以上ひとりで喋るんですよ。

二日目に話したのはきわめて基本的な、こんなこと。
世界にあるすべてのものは、構造物と考えることが出来る。構造物は、幾つかのパーツに分けることが出来る。
たとえば、この目の前にある机は、長方形の天板と2本の脚、それとそれらを繋ぐネジ等のパーツから出来ている。

言うまでもなく、演劇も戯曲も構造物である。
戯曲を成り立たせている最小のパーツは単語だ。幾つかの単語をつなげ組み合わせて台詞・ト書きが出来ていて、それらを繋ぎ、組み合わせて戯曲は出来上がっている。まずこの単純な事実を確認しよう。
さて、読み合わせは、基本的にはただ声を出して読めばよく、アタマが悪い俳優がやりがちな、バカデカイ声を出して<気持ち>をあらわにする必要はない。というか、そんな真似は害でさえある。
立ってからの稽古もそうだが、とりわけ読み合わせでなすべきことは、確認という作業である。
なにを確認するのか。さっき話したこと、戯曲の構造の確認だ。

例えば、S2は5枚・10分ほどの長さだが、これを3つのパーツに分けるとしたら、どこにスリットを入れて分けたらいいのか。更にそれぞれのパーツをまた更に3つに分けるとしたら ……
序破急の原理に則って構造化するのだ。
もちろん、ひとつの台詞もパーツを意識する。

俳優が戯曲を読解するとはこういうこと以外ではない。テーマがどうとかこうとか、そんなもんドーデモイイのだ。

戯曲の最小パーツは単語だが、いざ立って発語する時、最小単位は音になる。
いうまでもなく、「私」という単語は3つの音から出来ている。「わ・た・し」という3つの音のパーツ化=差異化が意識されたい。
などなど。目の前にある台本の一部をテキストにして延々とこんな話をした。

こういうわたしの話・考えを、そんな細かいことを言ってたら芝居なんか楽しくないし、そもそもどれだけ時間をかけたって出来ないよ、なんて思うひとがいる(かもしれない)。

何年か前、テレビでスキーのジャンプ選手を追いかけたドキュメントを見た。跳んだのをビデオで撮って、選手とコーチはそれを見て、ここはいいとかダメとか話し合っていたのだが、驚いたのは、跳び出した時のスキー板の角度が、これは1度低いとか高過ぎたとか、そんな話をしてるのだ。もちろん、その1度が距離を10メートル伸ばしたり足りなくしたりするのだろう。

わたしもこのレベルの話を芝居の現場でもしたいのだ。
一週間足らずのやっつけ仕事みたいな稽古でロクな芝居が出来ようはずがない。別に誰かにあてつけて書いてるわけじゃありませんが。











スポンサーサイト

七輪を持った小太りの女 - 2012.08.22 Wed

久しぶりに橋本治の新刊を読む。新書だ。うん? タイトルを忘れてしまった。「それはこれからどうなる?」
? 違うな。ま、内容はそんな、いろんな世の中の事象を取り上げて、なんでこういうことになってんだろう、というものですが。
「七輪を持った…」は、もちろんかの木嶋女史のこと。週刊誌などはしばらく彼女の本名伏せて、こういう形容句を使ってたなんて橋本は書いてんだけど、わたしは知らない。絶妙なネーミング。これは橋本のオリジナルではないのか。橋本もわたしと同様、彼女は言うほどブスじゃないと書き、この認識を前提にして、現代の女性は誰もが自分を美人だと思っていて、それは美人の基準などどこにもないことに気づき、美人とは要するに「権利」であることに、つまり、自分は美人だといえば<誰でも美人になれる>ということに気づいたからだと書く。更に、この国には政治・経済・芸術等々、すべてにおいて基準というものがなくなってしまったのだ、と話は広がる。

なるほどとわたしは頷いた。

頷いたのだけれど、この論理展開にはもうひとつ、これまでのような粘着性がないなと違和感をもった。これまでは執拗な繰り返しにうんざりし、アクロバティックな論理の飛躍についていけず、面倒臭いなと思いながら何度も読み返していたのに、今度の本はあっと言う間に読了してしまったのだ。所要時間約3時間。どうしたことか?

あとがきを読んで納得。体の具合がよくないらしい。病名は明らかにされてないけれど。ショック。彼はわたしよりひとつ若いのに。そんなわけで仕事もままならず、生活苦が押し寄せていて、だからこれは無理して書いた、という件を読み、更にショック。生活苦という言葉はオーバーにしても、まさかギャグではあるまい。橋本氏は、優に100を超える点数の著書を持っている、質量ともに特筆すべき、この国を代表する大作家だ。それが2年3年、仕事をしてないからといって生活苦とは!! 印税が入ってるんじゃないの? だって100冊以上の本を出してるんですよ。うーん。売れてないのかな。1年生の授業で彼の文章を取り上げた際、「橋本治って知ってる?」って聞いたら、誰も知らなかったからな。

今更だけど、世も末だ。

「現在」への敬意 - 2012.08.03 Fri

蓮実重彦の「映画時評 2009~11」の巻末に、青山真治との対談が置かれている。かなりの分量で、内容は新作「東京公園」について。
例の如く、蓮実の賛辞は大仰なもので、2011は大変な年になったが、この映画が公開されたことでも自分にとって忘れがたい年になるだろう、というような。
おびただしい数の固有名詞が頻出する。もちろん、その大半は映画監督の名前だ。「あそこは成瀬ですね」「あそこは小津の修正と言うべきでしょう」とか蓮実が言うと、青山は、そうですそうですと答える。ふたりのあまりの上機嫌ぶりに腹立たしささえ覚えたが、もしかしたら、これは下手くそな漫才と思えばいいのではないかと思い直して最後まで読む。

この本を読んで数日後、その「東京公園」をテレビで見る。ものすごく退屈。台詞のあまりの凡庸さに驚く。
映画の終わり近く、「きみは優しい。公園みたいな男だ。」みたいなことを言う。恥ずかしい。いかにもこれがテーマですと言ってるみたいで、とても恥ずかしい。これだけじゃない。全編テレビドラマで使われてるような、いろんな意味でリアリティを欠いた台詞。
先の対談で連発される成瀬巳喜男なら、この映画にあった台詞の半分以上は削ったはずだ。さっきネットで調べたら、書いたのは青山の周りにいる若いひとらしい。なに甘やかしてんだ。

ラスト近くの栄倉奈々と三浦春馬のやりとりは、それぞれのアップを切り返し切り返しする。これを蓮実は「小津の修正」と呼ぶわけだが、ここでの栄倉は確かに素晴らしい。しかし、他のシーンではCMで見る彼女とほとんど変わらない。この差異を監督は分かっていないのではないか。なぜ分からない? 小津がどうした、成瀬がどうしたと目が過去を向いていて、いまそこにいる栄倉を見ていないからだ。
大体、いったい誰に見せようというのだ、誰が喜ぶのだ、こんな映画を。監督に商業映画を撮る覚悟がない。だから退屈なのだ。商業映画を撮るには多分、口では殊勝なことを言いながら、腹のなかではそれをせせら笑っているような、性質の悪さが必要なのだ。以下に挙げる最近見た3本がその好例だ。

「赤いハンカチ」
裕次郎主演の歌謡映画。才人山崎巌が名を連ねるシナリオがうまく出来てる。ストーリーだけを取り出せばありきたりなのだが、謎解きの流れが巧みに仕組まれていて、アメリカ製のこの種の映画同様、気のきいた台詞が連発される。かっては刑事、いまは流しを演じる裕次郎が、まるで小林旭みたいに夜の町をギターを弾きながら歌うのには大笑い。最後のクライマックスシーンで、時間帯は夜なのに急にパッと明るくなったり。監督は枡田利雄。やりたい放題だ。しかし、この映画の最大のみどころは、ヒロイン浅丘ルリ子。とにかく可愛くてなおかつキレイ。最初は、おやじが甲斐性なしなので工場で働いているけなげな少女。それが、それから4年後、すっかり大人に変身。青年実業家の奥さんになってて、ミンクのコートなんか着て登場する。この時の浅丘とさほど年齢が変わらないはずの栄倉奈々に、これほどの離れ業が出来るだろうか? むろん、これは栄倉個人の能力や責任の問題ではないのだが。
「さんざしの樹の下で」
「初恋のきた道」を撮ったチャン・イー・モーの作品。「初恋…」は、映画全体の半分以上が主演のチャン・ツイ・イーのアップで占められているというスゴイ映画だが、この映画でもチャン・イー・モーの変態ぶりはいかんなく発揮されている。表向きはあくまでも、文革時代を背景にしたば哀しい恋愛映画なのだが、主役の男がなにかというとヒロインの足を触るのである。足フェチ映画。ヒロインを演じる女優さんが、浅田真央と石原さとみを2で割って5つくらい若くしたような、まあ、この世のものとは思われないような純真そうな女の子。だから、全編、見てはいけないものを見ているような感じで、それがわたしのようなオッサンの胸をときめかせるわけです。
ストーリーの詳細は省きますが、ラストシーンで涙を流さないひとは、ま、鬼でしょう。
「ジュリエットからの手紙」
イタリアはヴェローナにある、シェイクスピアの「ロミ・ジュリ」のジュリエットの家のモデルになったとされている(らしい)家のレンガ壁に、そこを訪ねてきた女性旅行者たちが、ジュリエット宛に自らの恋の悩みや人生の悩み等々を書いた手紙を貼り付けていく。そこをたまたま通りかかったアメリカから来た女性が、それらの手紙を壁から剥がして回収している女性を見て、どういうこと?と彼女のあとをつけていくと、彼女は<ジュリエットの秘書>として、それらの手紙の返事を書く仕事にたずさわるひとだった。そしてそれから …
これもまたうまく出来てる。ありがちな恋愛映画で、めまいを覚えるほどの作品ではないけれど。各所でひねりが効いていて、どうなるのかな?とストーリーの行く先に興味を覚えさせるように出来てる。タイトルもいいし。
アメリカから間もなく夫になる男と婚前旅行でイタリアにやって来る、ライター志望のヒロインを演じる女優さんがまたいい。名前は知らないけど。いかにも文章が書けそうで。そういう当たり前の説得力がある。キレイだし。

この3本、時代と国の違いはあれ、いずれも堂々とした純愛映画だ。「東京公園」の退屈さは、これらのように堂々と恋愛について語ることなく、過去の遺産を前面に押し出し、そんなにヌケヌケと語れるわけないでしょ、現代はそういう時代でしょと、嘯いているからだ。

要するにわたしはこう言いたいのだ、すかしてンじゃないよ、と。

どうでもいいけど、三浦春馬の容色すっかり衰えましたな。おっさんぽい。初めてテレビで見たときは、こんなにきれいな男の子が日本にもいたのかと驚きましたが。でも、あと20年30年経ってほんとのおっさんになったらいい感じになるかも。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。