topimage

2012-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナリスマシ - 2012.07.25 Wed

柴崎友香の新刊「わたしがいなかった街で」読了。
小説の単行本を買うなんて、もう何十年ぶりかも知れない。文庫で読んでる、というか、もう小説なんてほとんど読まない。
昨日。つい、東某という名前にひかれて「キャラクターズ」の文庫を買って読んだが、まったく橋にも棒にもかからない代物で。日本の小説、とりわけ純文学と称される類のものは、死と恋愛と、とどのつまりはわたくしごとばかり書いていて、それさえ書いてれば評論家も安心して批評を書けるしょうのないもの、みたいな批判を前置きにして、結局腐った業界内の瑣末なことを書き散らしているだけのものだが、そこで挙げられている主人公の敵・味方の固有名詞の大半は、コアなファンならともかく、わたしですら名前は知ってるけど作品は読んだこともないし、読みたいとも思わない作家・評論家の類で、例えると、サッカーのJ2の控え選手くらいの知名度の人々。なにチマチマしたことを書いているのか。その神経が分からない。

柴崎の新しい小説はこんな話だ。
主人公(のひとり?)の女性の引越しから始まる。彼女は35歳。引越しは離婚したためで、新居は、以前、独身の頃に住んでいた世田谷の若林。彼女は契約社員で、近所に昔、同じ職場で働いていて友達になった、シングルマザーも住んでいる。
主人公は、家でひとりの時はいつも、戦争もののドキュメンタリーを見てる。時々アタマをかすめるのも、広島のホテルでコックとして働いていた祖父のこと。彼はたまたま原爆が落ちたときに、爆心地の近くにあったそのホテルにはいず、もしその時いたら、自分はこの世に生を受けていなかったのだ、ということ。
彼女は大阪生まれで、20台の一時期、カルチャーセンターみたいなところで写真を学んでいたことがあり、そこで知り合った同年代の男といまでもつきあいがある。でも、性的な関係があるわけでもない。ものすごく親しいのにキスもしない。
これがかえって変にエロティックなのだが。この男は定職をもたず、沖縄に行ったり山に入ったりと、昔懐かしい形容を使えば、風来坊的生活を送っている。
その他にも5歳くらいの子供から60台のおじさんまで、幾人ものひとが登場するのだが、いわゆるフツーということになってるひと、家族があって会社勤めをしていてというような、政府がありうべき家庭と想定しているはずの枠組みにおさまるひとはほとんど登場しない。そして、これがフツーなのだ。フツーなんて想定しえないことが。

ひと昔前だか、ふた昔前だか、自分探しなんて言葉が流行ったが、それは探せば「自分」が見つかることが前提にあってのことだったはずだ。でも、もうそんな、探せば見つかる「自分」なんてどこにもいないのだ。
うん? 中田ヒデはまだ探してる? なんなんだ、アイツ。

かの木嶋嬢もワタシではない、セレブになりすまし、秋葉原で事件を起こした加藤某も、ナリスマシテタラナリスマサレテ、オウムの菊池某、高橋某も、ナリスマシテいたのは、逃げ続けるためにというより、もちろん最初はそうだったのだろうが、何年かが経過するうちに、櫻井某と名乗ってる方が足に地がついてるような感じになったからではないのか。みんな「ここにいるわたしは、わたしじゃない」と思いながら生きているのだ。憧れとか、自らの否定とか、そういうことではなく、その方が多分楽なのだ。

ドラボの次回の新作「蒸気愛論」は、まあ、こんな話です。

今日は前期授業の最終日。午前中は「戯曲研究」で、「1・2・3で『かもめ』を読む」なんて内容。これだけじゃなんのことか分からないと思いますが。4・5限は、「卒業戯曲」の個人指導。

これでやっと新作書くのに全力投球出来る。万歳!






スポンサーサイト

近況報告 - 2012.07.18 Wed

お尻に火がついた。本を書かねば、「蒸気愛論」を。
今回のチラシ制作を頼んだ武田さんは仕事が早い。遠く彼女が住む尼崎からサクサクという音が聞こえる。

かの木嶋嬢を主人公(?)にしたノンフィクション「別海から来た女」読了。マスコミもこの本の著者も、繰り返し彼女がブスでデブだと書くが、もちろん、決して美人ではないけれど、少なくともこの本の表紙に使われた彼女の写真は、言うほどブスじゃない。わたしの思うところを言えば、美人は1万人にひとりくらいで、あとの9千数百人はどんぐりの背比べ、蓼食う虫も…の類だ。

顔と言えば、昨日テレビで見た鳥羽一郎の顔が凄かった。雑巾を煮しめたようなという形容がぴったり。その声もその顔に見事にマッチングしていて。なんかちょっと感動してしまった。

同じ番組で、石川さゆりが「天城越え」を熱唱。それはいいんだけど、そのバックで能楽師ふたり、変に大仰な、その分安っぽい装束を着けて、曲に合わせて舞っていたのだが、それがただもうウロウロしてるだけの無様さ全開で。うまくいくわけないでしょ、歌謡曲にあわせて舞うなんて。ちょっと考えれば分かりそうなもの。なんでもやりゃあいいってもんじゃない。

先々週から大学に上海から短期留学生が来ていて、週に1コマ3週間、彼らの授業を受け持つ。橋本治の「愛の矢車草」の一部をテキストに芝居をさせた。商船大学の日本語学科の学生だから、別に芝居をやりたいわけじゃなく、半信半疑で始めたが、これが、初見でスラスラ本が読めて、今日の最終授業では台詞も暗記させてああせいこうせいと演技の注文も出したのだが、ほぼこちらの要求に沿った芝居が出来たのにはびっくり。
正直、うちの学生に比べても遜色ないというか、それ以上だったのでちょっとショックを受けてしまった。

録画してあった「マイバックページ」を見る。予想以上の出来。W主役の妻不木聡と松山ケンイチを始めとして、俳優陣いずれも悪くない。とりわけ出番が少ないがその声が耳に残る忽那汐里が思いのほかよく、それから1シーンしか出ない三浦友和が重いパンチを放つ。
監督は山下敦弘。このひとの名を知ったのは、元木隆史の傑作「ピーカン夫婦」の出演者として。軽い芝居をすると感心したら、実は監督だったのだ。そうだ、「マイバック…」のタイトルロールに元木の名前が変なところに載っていたが。

原作も久しぶりに読む。やっぱりムカツク。著者の川本氏とは一度だけお会いしたことがある。わたしの芝居を見に来て、同行した編集者に紹介されたのだが、まともに挨拶もせず。あとでシャイなひとだからと聞かされたが、そういうことじゃないな。ひととしてなにかが欠けてるよと思ったのだった。それは、この本のメインになっている「赤衛軍」事件に関するこのひとの対応の仕方にやはり認めがたいことを感じていたという、その先入観も手伝っていたのかもしれないが。

やっぱりこのひとちょっと世間を甘く見てるよな、と不快感が残る原作に比べると、映画はずっと冷静で清潔。それは主役の妻不木が醸し出す空気感なのかもしれない。


自らの野生を忘るること勿れ - 2012.07.10 Tue

ヌッ、しばらく見ないうちにこのブログの<お客さま>数が2万を超えていた。
始めた頃、3年位前か、500を超えたァなどと、今はドラボを辞めて真面目にサラリーマンをしている河田が自分の手柄のように騒いでたことを思うと、まあこれは大変な数字で。

ありがとうございます。

いまさらマスコミ批判も虚しいが。このところニュースでは連日、大津で起きた中学生の自殺問題を大きく取り上げられている。女性の市長がマスコミの取材を受けて泣いたりなんかして。

改めて言うまでもなく、マスコミの基本姿勢は、強いものに巻かれろ、尻馬に乗れ、弱そうなヤツは叩け、である。これはいまに始まったことではないと思うが、ここにきてこれらが目に余る。

この自殺事件をめぐる取り扱いなどそのいい例である。
確かに、学校や教育委員会の対応もよくないし、いじめた(らしい)やつ等もそれを周りで黙って見ていた同級生等も、ま、救いがたいバカタレだが。

申し訳ないけれどはっきり書く。中学生や小学生が自らの命を絶つのは、分かりやすく言えば、今日を生き延びたって明日いいことがあるとは思えないからだ。そして、そのことを打ち明ける相手、受け止めてくれる相手が周りにいないという孤立感を抱えているからだ。

なんでそうなる? 問題ありなのは、本当は親じゃないの、学校や教師じゃなくて。

昨日のニュースで、埼玉だったかの小学生が自殺して、亡くなった子供の両親が、いじめが原因じゃないか、学校の管理不行き届きで起こったことではないかと裁判に訴え、それが敗訴して、納得いかないと記者会見に応じる様子がテレビに映っていたけれど。
申し訳ないですけど、お顔も声もとても弱弱しくて。お父さん曰く、亡くなった子はとても優しい子で、クラスメートの悪口など言うような子じゃなくて、みたいなことを話していたのだが、その子が話さなかったのは、ご両親に心配をかけたくなかったからで、ということは、そういう話をガッシと受け止めて「許さん!」と拳を振り上げるようなたくましい親だったら、子供も話をしたんですよ、多分。年端もいかない子供にそんな気を使わせてどうするんですか。あなたたちに話が出来たらその子は死なずにすんだんですよ、多分。

学校や教師はどうしようもないと言っておけば、自らのアリバイ作りになる。マスコミはね、そう思って調子こいてなんやかや言ったり書いたりしてる。
その代表が尾木ママなんて言われて明らかに舞い上がって醜さをましてるアイツ。学校はイジメを認めると、評価が下がって云々みたいなことをしたり顔で言ってた。確かにそういう事情はあるのだろうが、なんだろう、対岸の火事を論ずるみたいな感じでムカツク。

久しぶりに蓮実重彦の映画本を読む。その中で激賞されていた「ファンタスティック ミスター・フォックス」をたまたまWOWWOUでやっていたので見たら、これが面白い!

タイトルからも分かる通り、主人公はきつねで、だから当然のようにファンタジーなんですけど。
詳しくは書かない。簡単に記す。きつねを中心にした小動物たちと悪辣な人間どもとの激しくもユーモラスな闘いの記録なんです、これは。
とてもいい。笑える。泣ける。スピード感と情感に溢れてる。人形劇なんですけど。
主人公のきつねの顔が可愛くないから、自らを可愛いと思ってるアニメファンなど見向きもしないだろし、見てもこの映画に終始流れるダンディズム=かっこよさなんてまるで分からないだろう。

主人公とその奥さん、主人公とそのちょっと変わった息子の関係がとてもいい。
主人公は自分(たち)の野生を忘れてはいけないと繰り返す。

ナイーブな心性の少年少女を持つご両親たちには、ぜひ見ていただきたい映画だ。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。