topimage

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりの幸福感に思わず涙が …… - 2012.06.22 Fri

先週末、来年のダービーをめざしてのPOGドラフト開催。
今年のダービーは、新会員のAさんの持ち馬がなんと1着3着! またしても竹内大敗の巻だったわけですが(でも、馬券は取ったゾ)。そのAさんと初めてのご対面。
わたし達のPOGは、わたしとわたしの劇団にいたIと始めたのだった。発足以来20年余。3人になり、4人に増えたかと思ったら、1人減り2人減り。10年ほどはIとふたりでしみじみやっていたのだが、一昨年からIの仕事の取引先のひとSさん(推定年齢38歳 二枚目なのに独身)が会員になり、そして去年からIの会社の同僚のお父さんであるAさんが加わったのである。
聞けば、Aさんはわたしより2歳年下だが、競馬歴はわたしより数年長いという剛の者。めでたくドラフト終了後、一同寿司屋へ。もちろんAさんの奢りだ。ドラフト開始から、じゃこれでと別れるまで約5時間。ここでも繰り返し書いてきたように、わたしはいい歳をして人見知りなので、初対面のひととこんなに長く一緒にいられたことすら奇跡に近いことだが、驚くべきことは近年あまり味わったことのない幸福感に満たされていたことだ。
考えてみれば、もう何十年も、仕事に直接関係のないひととこのように親しく話をしたことがない。なんの緊張感もなく、競馬オヤジ、競馬アンちゃんたちと、まさにユルユル状態で過ごした5時間の幸せ ……。

なにもかもがうまくいかない中年男の自動車事故から物語は始まる。
病院のベッドで目覚めるが、仕事があると包帯のままベッドから抜け出す。彼は郵便配達員だ。かってはまるでサッカーの一流プレイヤーそこのけのフットワークで郵便物の仕分けをしていたのに、今はあのざまだ。と彼のノロマな仕事ぶりを嘆く同僚たち。あいつを昔のようにするためにはどうしたらいい? 心優しい仲間たちはあれこれ手を尽くすがなかなかうまくいかない。彼はすべてに自信をなくしているのだ。

本の万引きを常習としている仲間のひとりが、なくした自信を取り戻すには、自分が愛してやまない相手から自分は愛されていると思い込めばいいのだ、と万引きした心理学関係の本の一節を引用し、語る。

男に尋ねると、自分の人生でもっとも敬愛し、そして愛されたいと思っているのは、サッカーの名選手エリック・カントナだと答える。

この映画にわたしは深く感動し、念のためにとネットで調べてみると、なんと映画の中でカントナを演じているのは本物のカントナだとあって、驚いたのなんの! だって見事な役者っぷり。
男の部屋にはカントナの大きなポスターが貼ってあり、映画の中で幾度もカントナのゴールシーンが映し出され、その時点ではカントナ役は俳優だと思い込んでいたから、ニセモノ(?)のカントナが蹴ってるのと本物のゲームをミックスしてるのか、凄い編集だなと感心していたのだった。

男にはふたりの息子がいて、そのうちのひとりの肌の色は黒い。再婚した奥さんの連れ子だという台詞があったが、ふたりともそうなのか、どっちかひとりがそうなのか、その説明はない(多分)。いずれにせよ、揃って出来が悪く、男の言うことは聞かず、不良仲間とつき合ってもいるらしい。おまけに、奥さんは男と子供捨ててどこかへ行ってしまったらしい。
男の最初の奥さんとも、近所に住んでいるらしいのだが、ほとんど会ってはいない。ふたりの間には近々大学を卒業するらしい、シングルマザーになってる、優秀な娘がいて、彼女が両親のよりを戻そうとあれこれ手を尽くすが、女の方が男を許しておらず、これもまた男が抱える不安のタネとなっている。

何もかもがうまく行かない。男が途方に暮れていると、きまってカントナが現れる。そして男に、いまはどうすべきかを、サッカーの戦術を例に引いてアドバイスをする。

男を絶望の淵に立たせるような事件が起こる(具体的には書かない)。カントナがアドバイスを送る。そして男の仕事仲間の男たちが、男のために立ち上がる。
マキノ雅弘の痛快娯楽映画のラストを彷彿とさせる、笑えて泣ける感動の立ち回り(?)。

誰が言ったか、世の傑作・名作と呼ばれた作品は、古今東西、ジャンルの別なく、この世はいかに地獄であるかを描いたものだ、と。確かに。シェイクスピアだって、喜劇より悲劇の方が評価は高い。わたしにしてからが、例えば、2,3週間前に見た川島雄三の「貸間あり」。大いに笑ったけれど、あれはこの世の地獄を描いたものだ。
幸福感に包まれるラストシーンをもった映画に傑作がないわけではない。しかしこの、「エリックを探して」のように、幸せ過ぎて泣いてしまったのはおそらく生まれて初めてではないか。
監督はケン・ローチ。この映画の製作陣にも名を連ねているエリック・カントナは90年代に活躍した名選手で、いくつかのクラブを渡り歩いたあと(問題児だったらしい)、香川真司が来期から加わるマンチェスターUで才能が一気に開花。
と、まあこれはネットからの受け売りでなおかつ多分不正確な情報でした。気になるひとはご自分で。

唐突ですが、いまわたしはなでしこの宮間に胸キュン(古ッ!)です。




スポンサーサイト

濃口/薄口 - 2012.06.14 Thu

先週末、東京に帰ると「悲劇喜劇」がわたしの原稿が掲載された号を送ってきていた。
なんとなく嫌な感じ。以前ここで書いたように、「戯曲の書き方」という特集に応えたのだが。
10人ほどの劇作家が寄稿しているのか。なんだかみんな力比べ、自慢合戦をしているようで。もちろん、わたしも例外ではない。
改めて断るまでもなく、書いたものを表に出すということは「自慢」が前提となっている。ましてや、編集者は、あなたの創作の秘密を教えて下さいといっているのだ、自負心がひと一倍強いひとびとである、誰もが他に負けまいといきり立つのは無理からぬところとはいえ。みっともない。
久しぶりにブルーな気分になってしまった。

「悲劇喜劇」の巻末にはいつも対談形式の劇評が載っている。いや、劇評などと言う代物ではなく、老人ふたりがお互いが見た芝居をつまみながら茶飲み話をしている、というもの以上でも以下でもないが。
そこでもまた、「満ちる」をとりあげたついでにと言った感じで、どっちかのご隠居さんが「竹内さんの作風は変わりましたね」みたいなことを言っていた。
わたしは自分の芝居に誰が来たのかをほとんど知らないが、ご隠居Aさんは、いったいいつのどの芝居と比較してこんなことをおっしゃっているのか。もしかしてこの20年30年、わたしの芝居を見たことがなかったのではないか。
年長者をつかまえてこんなことを書くのもナンだが、バカも休み休み言え!

変わらないことがいいことならば、わたしが昨日見た芝居は、こんな御仁にはおススメだ。
ビックリした、唖然とした、そのあまりの変わりなさに。
いろいろ差し障りがあるので、多くは書かないが。
吼えてるわりには中身がなく、いや、中身がないから吼えるしかないとそれは心得ているのだろう。だから、当然のことながら味気ないこと甚だしい。売り文句とは裏腹にびっくりするくらい薄口。
変わらないことと理屈がないことは、ローカルであるために必要不可欠であることを確認した。収穫はそれだけ。

それはそれとして。先ごろ逮捕された菊池某の変貌ぶりはただ事ではない。長らく手配写真でおなじみになっていた顔は20年近く前のものだから、そりゃ老けてるのは当たり前だけど、顔の長さが違ってやしませんか。
更に驚いたことには、この間に(10年前だったか)撮られた写真の顔が、手配写真とも現在のもともまったく、まったく違うじゃありませんか。

3人ともほんとに菊池某なの? 指紋が合致したって警察は言ってるようだけど。

これも何回か前のここに書いたことだが、いま次回作を準備していて、<クリーニング屋><美容整形>、それに3週間ほど前だったか、<なりすまし>が新たにキーワードとして加わっていた。

<なりすまし>は、何年か前、秋葉原にトラックで突っ込んだ加藤某に関する著書を読んで、これは面白いと思ったのだ。
知っているひとは知っているように、彼はこの現実社会には自分の場所がないと思い、ネットの掲示板で特殊なキャラクターを演じていて、そこだけが自分の居場所と思っていた。にもかかわらず、自分になりすました誰かがそこを荒らし放題荒らしまくって、ために、最後の自分の居場所もなくなって、あんな凶行に…ということらしいのだが。

そこへ、菊池某。不謹慎と知りつつあえて書くが、飛んで火にいる夏の虫とはまさにこのこと。

菊池某は、長く同棲していた高橋某ともどもこの十数年、櫻井姓を名乗り、縁もゆかりもない(らしい)ひとになりすましていたのだ。
それにしても、この菊池某の人生の濃さといったらどうだ。17年の逃亡生活もさることながら、先の高橋某と別れたのは別の男が出来たためで、しかしなんということか、その別の男が同じ高橋姓のプロレスラー並みの体を誇り、なおかつ、女房子供までいたというではないか。

逃亡生活などというと、地味でひっそりと普通は考えるが、彼女はまったくその逆で。イイネ、イイネ、イイーネ!

いまもなお逃亡を続けている高橋某。監視カメラのくぐり抜け方を研究していたらしい。
お蔭様で(?)、わたしは退屈を知らない幸せな男だが、彼も退屈を知らない人生を送っているようだ。

あ、唯一わたしが退屈を覚える時間がありました。劇場の客席にいるとき。あ、でも退屈なときは寝ることにしてるから、やっぱり退屈はしてないのか。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。