topimage

2012-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう次が? - 2012.04.26 Thu

公演が終わったばかりだが、もう次回作にとりかからねばならない。次は10月。指折り数えると、あまり悠長に構えてはいられない。

とりあえずタイトルは、「すちーむ愛論」。美容整形とクリーニング屋の話。なぜこんなことを思いついたか?
それがよく分からないから笑ってしまう。
あえて自分の中を覗いてみると。
橋本治の「恋愛論」はいいな、というのがあったのではないか。そこから「愛論」という単語を思いつき、アイロンだからクリーニング屋かな、と。アイロンで殴るというのも閃いたけど、芝居じゃ危ない。

整形は? 前に「オカリナ」を構想してたとき、先ごろ死刑が求刑された木嶋香苗女史とイギリス人の英語教師を殺害して逃げていた市橋某が、同じ美容整形の病院に行ってたらしいというのが面白くて、これで芝居が描けないかと思っていて、そこから来たのだろう。

しかし、実際はどうなるか。まだ雲を掴むような段階なので …

去年の12月だったか、あるひとに戯曲のプロットを要請され、書いて渡したのだが、劇団内の選考に洩れてしまったという連絡が先月の末にあり。
竹内さんらしくない、という感想が選考したひとから聞いたとか。
まただよ。教えてほしい、竹内らしいものとはどういうものか、ほんとにあんたはその<竹内らしいもの>を求めているのかを。

以下がその<竹内らしくない>戯曲のプロットです。

 乾燥肌のチェーホフ(仮題)
                   作 竹内銃一郎

【登場人物】
国枝 巧  ……「茶烏賊の会」主宰者。70代。「ワーニャ」のセレブリャーコフを演じる。
        造園会社社長。友人の妻だった多恵子と結婚するもいろいろあって離婚。現在は独身。
海江田 努 ……「茶烏賊の会」元メンバー。今回は20年ぶりの参加。50代。ワーニャを演じる。
        フリーの俳優。普段は友人の通販会社で働いている。妻子あり。       
谷口喜直  ……「茶烏賊の会」演出家。50代。テレーギンを演じる。
        国枝の会社に勤務。独身。  
金城 隼人  ……「茶烏賊の会」メンバー。30代。アーストロフを演じる。
        世界史担当の高校教師。独身。
杉本 純平  ……「茶烏賊の会」には今回初参加。20代。演出助手等雑務担当。下男を演じる。
        多恵子の夫が経営する工務店でバイト。大学中退。漫画家志望。       
松山多恵子 ……「茶烏賊の会」の創立メンバー。マリア(ワーニャの母)を演じる。60代。
        専業主婦。籠目、国枝と結婚・離婚し、今の夫は3人目。籠目との間に一男一女あり。
芦原舞子  ……「茶烏賊の会」メンバー。40代。マリーナ(乳母)を演じる。
        歯科医師(家業)。バツイチ。現在は独身。 
石子 巽  ……「茶烏賊の会」の元メンバー。今回は5年ぶりの参加。30代。エレーナを演じる。
        声優。普段はスナックでバイト。独身。       
中川冬実  ……「茶烏賊の会」には一年前に入会。ソーニャを演じる。20代。
        金城の教え子。3ヶ月ほど前からバイトで国枝の家の家事手伝いをしている。


【物語】
「茶烏賊の会」は、チェーホフ作品上演を目的として、某大手劇団を退団した国枝と、チェーホフの研究者で多恵子の夫だった故・籠目陸夫とが中心となって創立した劇団である。多恵子、国枝が所属していた劇団の研究生だった海江田、谷口も創立メンバーの一員。
劇団は、今年から創立30年になる来年にかけて、チェーホフの俗に言う「四大劇」の連続上演を企画。
物語は、その第一弾である「ワーニャ伯父さん」の上演をめぐって、劇団内で持ち上がる<様々な問題>と、それが解きほぐされる過程で明らかになる<複雑な恋愛>が、「ワーニャ伯父さん」の内容をダブらせ、更に、アポリネールの傑作短編小説「詩人のナプキン」の奇妙なテーストを借りつつ、時に哄笑を交えながら切々と綴られる。

<複雑な恋愛模様>とは?
①海江田は、かって国枝の妻であった多恵子と関係を持ち、それが原因で国枝と多恵子は離婚し、海江田は
 劇団を去る。
②谷口と巽はかって恋愛関係にあったが、巽は他の男のもとに走り、谷口は捨てられる。
③冬実は金城を慕っているが、金城は巽を追いかけている。
④舞子は谷口のことが好きなのだが、谷口は巽を忘れられない。
⑤しかし、金城も谷口も巽の眼中にない。
⑥国枝は、年甲斐もなく、冬実に告白をする。
 (杉本は、人間の女性に興味がない)
                      *
舞台は、国枝の住まいの一部を改造した劇団の稽古場。全4場。

①再会
 夏の終わりの昼下がり。稽古が始まって3日目。種々の事情で稽古参加が遅れていた金城と巽が、この日初めて顔を出し、表面的には和やかに旧交を温めあうが、そこかしこでギクシャクした人間関係が顔を出す。
②深夜の酒宴
 それから10日ほどが過ぎ。稽古後、稽古場でみんなで酒を飲むことになる。
 酩酊の度が増す中で、巽がこの稽古場に通うようになってから、妙に体が痒いのだがと言うと、海江田、多恵子、金城も実はわたちも俺も言い出す。谷口が、酔いにまかせて巽に縒りを戻そうと迫ったり ……
 家に帰る者、酔いつぶれてしまう者 ……。冬実は杉本に、金城への切ない思いを洩らす。
③決裂
 それから1ヶ月ほど後の昼下がり。国枝は、舞子が降板を申し出ていることを皆に伝える。当然のように場は紛糾。とりわけ谷口は荒れ狂い、メンバーの誰彼構わず、激しく糾弾する。それに呼応するように、皆口々に自らの不満を他にぶつける。が、皆、からだのそこかしこが痒くてたまらず、当人たちの荒ぶる気持ちとは裏腹に、なんとも珍妙なやりとりが繰り広げられる。
④告白
 同じ日の夕方。一人去り、二人去り、国枝と冬実だけになる。冬実が、公演は中止になるのか、劇団は解散するのかと尋ねると、国枝は、中止も解散もしないと断言し、「ワーニャ伯父さん」の最後の場面を稽古しようと言って、こんな風にやるのだと、冬実が演じることになっているソーニャを自らが演じて見せる。

                                            終わり 

スポンサーサイト

誰がそれを決めるのか? - 2012.04.24 Tue

「いちご大福姫」昨日無事終了。
今回の公演は、日々客席の反応が異なり、それがわたしにはとても楽しかったのだった。
初日は、カーテンコールで歌う「達者でな」に手拍子が入り、翌日は短編が一本終わるたびに拍手があったり、その翌日は出演した武田さんのタップダンス教室の生徒さんたち(と、いっても平均年齢推定72歳)から、武田さんへの掛け声がかかったり。

打ち上げ終了後、帰り道でドラボ・メンバー大久保から、かなり本質的な悩み・疑問がわたしに投げかけられた。
楽日前日の舞台が終わったあと、稽古と本番は違う。稽古場では当然いなかった観客が本番にはいる。別に観客におもねることはないが、客席からの圧力を押し返す強さがほしいと、大久保個人を名指しで話したのだった。
それに対して彼はかなり動揺し、次のように考え悩んだらしいのだ。

相手の芝居が稽古で作り上げたものと違うように感じる。その場合、相手に合わせるのにさほどの困難は感じないが、しかし、その「稽古とは違う芝居」を認めていいのか、違うのを<正常>に戻した方がいいのではないか、しかし、そうすると、相手と自分の間にズレが生じてしまってうまく流れなくなるのではないか。

なにが正しいのか、それを誰が決めるのか。と、彼は考え込んでしまったようなのだ。

それに対してのわたしの答え。分からない。
事後的に、つまりその日の芝居が終わったあとでなら、あそこが悪かった良かったとはいえる。けれど、芝居が進行している間は、なにが正しいのかそうでないかは誰にも分からないし、そんなこと誰にも言えないのではないか。瞬間瞬間に選ぶしかないし、その選び取る基準は稽古によって得られるものであろうけれど、本番は稽古と違うのだ。

先にも記したように、本番の舞台には、稽古と違って観客と言う不確定要素が関与する。他にもその日の天候や温度や、社会の動向にだって関与の余地はある。そういった様々な不確定要素を引き受けながら、その日の<舞台>は作られる。そうでなければ嘘だ。稽古場でもよく口にするのだが、毎日同じ芝居を繰り返すことに飽きないのなら、役所にで勤めて毎日はんこを押してればいいだろう。
これまでも何度も書いたはずだが、すでに出来上がったものとして対面する小説や映画等と違って、観客はいま作られつつあるものとして演劇に接しているのだ。作られつつあるものだから、失敗もするし、あるいは、舞台上で失敗をしてしまったときに、観客は演劇の本質を見るのではないか。

今日の実習の授業でも同様の話をした。基本的に芝居に失敗や間違いはないはずだ、と。むろん、綿密かつ緻密な稽古を積み重ねた上での話だが。
誰かが台詞を間違える、忘れる、出とちりする、BGMが流れない等々。これらは通常ミスのように思われるが、しかし、野球でよく言う「ピンチのあとにはチャンスあり」ではないが、ピンチ=ミスはチャンスでもあるのだ。例えば、野外ライブで演奏中に豪雨に見舞われるとか、その豪雨のために電気系統がダメになって照明が消えた、音も聞こえなくなった等々、普通に考えれば致命的と思える状況が、かえって会場の雰囲気を盛り上げ、演奏者も観客もノリノリに、なんてことは容易に想像出来よう。

稽古で確認した<正しさ>も、本番では危ういものとなる。なにが正しいのか分からなくなる。それでも瞬間瞬間になにごとかを選択しなければならない。それをスリルと感じることが出来れば、とりあえず俳優の卵の殻くらいは破ったことになるのかもしれない。



「いちご大福姫」公演パンフ原稿 - 2012.04.12 Thu

 変わる/変わらない

 わたしも昔は若かった。そんなはずはない、と反論するひとのために(いるのか?)、その証拠をお見せする。
 
   燃える思いを拳に込めて

 これは最初の劇団のキャッチコピー。30数年前のことです。若いですね、恥ずかしいですね。それから数年を経て。
 
   変わらないこと それは変わろうとする意志だ

 これは誰やらの詩の一節で、芝居の台詞として引用し、それを二度目の劇団のキャッチコピーに流用したもの。もしかしたら最後の「意志だ」のあとに、!! なんてのがついてたかもしれない。どっちにしたって熱い、熱すぎる。でも、若いというのはこういうことだとわたしは思う。健気だ。 

 先日、ある公演のアフター・トーク(最近はポストパフォーマンス・トークなどと言うらしいが。フン!)で、進行役(MCって言うのか?)を務めた旧知のY氏がわたしに、「ずいぶん作風が変わりましたね」と、幾分の皮肉と批判を込めて言うので、「20年以上もなにも変わらなかったら、バカでしょ」と応えたのだった。この国に限らず世の多くの人々は、この道一筋50年みたいな、<変わらないひと>には敬意を表する。掘り下げる=深い=偉いということだろう。けれども、とわたしは自己弁護する。掘り下げる、即ち、垂直に下りていくことと横に滑って行くのと、どこが違うのか、その距離が同じならそれらは等価ではないのか、と。いい加減、ひとっところに落ち着いたらどうだ? 大きなお世話です。前述の「燃える~」のあとにこんなフレーズが続きます。

    はるか遠くへ もっと向こうへ

 今回はわたしの孫みたいな若いひとたちに戯曲の執筆をお願いしました(水沼氏は除く)。互いの刺激になればという思いがあったからです。こっちは十分にいただきましたが、彼らの方は?

 本日はご来場、まことにありがとうございました。

貧しさに負けた? - 2012.04.11 Wed

この4月1日から、学内のパソコンのシステムが変わって、こちとらなかなか対応できない。
この数日、そんなことに時間をとられ、腹立たしいやら情けないやらで ……

そうだ、まず訂正をしなければ。何回か前、イラク映画「バビロンの陽光」について書いたとき、アメリカとの戦争で400万人が亡くなったみたいなことを書いてしまったが、違います。フセインの圧制下で殺されたひとの亡骸が400万体ほど、国のあちこちで引き取り手のないまま眠っていると、こういうことのようです。
無知を曝け出してしまいました。

こんなわたしが偉そうな口を叩くのは、天にツバするようなものですが。
とうとう新学期の授業が始まり、例年に倣って今年も1年生対象の「文章表現」という授業でアンケートをとる。
どんな内容かと言うと、「あなたがいまもっとも関心がある、作家、アーチスト等クリエイティブな仕事をしているひとを3人挙げて、その理由を簡単に記して下さい」というもの。

集計してみたら、今年は意外な結果が出た。
この数年、ずっと首位をキープしていた尾田栄一郎が0票。それとは逆に、何年か前までは2、3票あったのに、一昨年昨年と票がなく、終わったのかと思っていた西尾維新に5票ほど集まる。
いったいなにが起こっているのか?

首位だなんだといっても、せいぜい7,8票なんですが。
今年の新入生54人のうちの9割ほどの学生が履修し、アンケートに答えたので50人×3が総数なわけですが、挙がった名前は120ほど。つまり、ほとんど重ならないってことです。

大半が漫画家、ライトノベルの作家。ミュージシャンの名前は意外に少なく、AKBもなければEXILEもない。前にも書いたが、あのひとたち、ほんとに人気あるんですか? なんかカラクリがあるとしか思えないんですけど。スポーツ新聞なんてオヤジしか読まないはずなのに、総選挙なんていうと、一面にデカデカ載るし。

そう言えば、保坂和志が新著で「国民の総意なんてもうないんだ」みたいなことを書いてたけど。
もうひとつ、そう言えば。昨日の産経新聞に、マンガ雑誌の去年の発行部数が、10数年前の最盛期の半分以下に
なったとあった。ま、子供が減ったってことが大きいんだろうけど、それにしても ……

若い子たち、みんななにしてるの? ネット? お金もかからないし? 涙が出ちゃうね、あまりの貧しさに。





100均の傘 - 2012.04.06 Fri

昨日の夜、毎日新聞の宮辻氏より、明日の朝刊にドラボ記事掲載との連絡あり。
で、今朝、新聞を買うべく外に出ると、雨が降っていた。傘をさして10数メートル歩いたところで、突風!
その瞬間、哀れ、100均の傘は、骨とビニールの覆いの部分が離れ離れに。まさに一瞬の出来事だった。

100均はやっぱり100均だなあと妙に納得したわたしであったが、よく見ると、めくれあがったビニールはすぐに骨の先に戻せそうなので、やってみると、10秒ほどで元通りになってしまった!

1秒で壊れて10秒で復元。なぜそんな奇跡が可能かというと、覆いの部分と金属で出来た骨の部分は、糊だの糸だのでくっつけられてるわけじゃないからだ。覆いの先の部分を骨の先にちょいと入れるだけ。こういう手抜きがあればこそ100円なんて値段で売っても元がとれるのだなと、ものすごく感心してしまった。

この2週間ほどの間に、MODEの「満ちる」公演のため、3度も東京・大阪を往復し、「いちご大福姫」の稽古があり、新学期の授業の準備もあれば、ガイダンスだ、英語のクラス分けテストの監督だ、なんだかんだと休む間もない忙しさ。チカレタビー。

「満ちる」、面白かったとの声があちこちから届く。嬉しくないと言えば嘘になるが、申し訳ないけど、どうももうひとつ信用出来なくて。ほんとかな、と。褒められるにせよけなされるにせよ、グサッとくる批評=言葉がほしいんですけど。100均の傘みたいな。

「満ちる」の公演では、久しぶりの懐かしいひとにずいぶん会った。同窓会などというものに一度も顔を出したことがないが、なんとなくこんな感じなのかな、と思ったことでした。







 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。