topimage

2012-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MODE公演「満ちる」パンフ原稿 - 2012.03.15 Thu

タイトルのこと
                            竹内銃一郎

  松本さんから戯曲の依頼があったのは、多分1年半ほど前のことで、それからさほどの間をおかず物語を構想し、タイトルを決めた。
「満ちる」とはこの物語の主人公の名前でもある。
こんなことは言語学レベルでは常識なのかもしれないが。ひとつの言葉・文章には、それが意味するところのものだけではなく、希望や願望、往々にして反対の意味合いさえ含まれているのではないか。例えば、「わたしはまだ若い」と語るのは、「もう若くないのではないか」という恐れや不安が前提になっているはずだし、「きみは美しい」という言葉には、「確かにいまここでは美しいけど ……」という留保や、「本当はわたしの方がきれいなんだけど」、「ひとは外見だけじゃないからね」等々の皮肉が暗に込められているはずだ。
という言わずもがなのわたしの見解に従えば、このタイトルには、「満ちる」と命名された女性が「満たされざる者」であること、更にはそれがゆえに、「満たされたいと強く願う者」であることが暗に示されているだろう。
と同時に、これには潮の満ち干の意も込められていて、劇は常に希望を語らなければならないと頑なに考えるわたしは、直裁にいえば、不幸な彼女が「母なる海に包まれて幸福に満たされる」、という感動的な(!)ラストシーンを用意していたのだった。それが ……
当初は去年の連休明けには書き上げるつもりだったのだが、3・11の荒れ狂う海(の映像)を目の当たりにして、そんな目論見は消し飛んでしまった。
書けない日々が続き、すべてを破棄してまったく別のものを書いてもみたが。
呻吟のはてに(そんなオーバーなものでもないのだが)、ふと「青い鳥」を思い出す。ミチルが兄のチルチルと青い鳥を求めて旅に出るのは、むろん、このいたいけな兄妹が寂しさ=不幸を抱えているからだ。そうかとわたしは左膝を打つ(実際にはしていない)。わたし(たち)の満ちるもまた、旅の途中で思わぬ苦難に遭遇し、けれどもそれを乗り越えるべく闘っている、これはそういう物語なのではないか。そう考えたわたしは、今度は前よりもいっそう力を込めて、今度は右膝を打ったのだった(実際にはしていない)。
スポンサーサイト

わたしは意外に謙虚です - 2012.03.14 Wed

先週末に見た映画のことを書こう。

A級Mの土橋くんが、「悲惨な戦争」のチラシに、自分は先人の知見に倣うという意味のことを書いていたが、わたしも同じだ。先人とは自分より古いひとという意味ではなく、文字通り、自分より先を行ってるひとを指す。この歳になっても、当たり前の話だが、まだまだ学ぶことは多い。ありがたい話だと思う。そうです。竹内は意外に謙虚なヤツなのである。

土日で6本。映画の中心をアメリカ・ハリウッドとするならば、これらはいずれも辺境の地で製作されたものだが、むろん「映画の王道」がこちらにあるのは断るまでもない。

「彼女は浜辺に消えた」はイランの映画で、ベルリンで(間違ってるかも知れない)複数受賞した作品のようだから、知っておられるひともいるだろう。
イラン映画というと、わたしなどすぐにキアロスタミやマフバルバフ親子の、素人を使った即興演出を思い出すのだが、この映画も、実際はどのように作られたのかは知らないが、即興風の演出で、まるでバルサのサッカーを思わせる、その自在性とスピード感が素晴らしい。
物語はいたってシンプル。テヘランに住んでいるらしい複数の家族が一緒に、2泊三日の予定で海に出かける。が、予約していた別荘が、持ち主が帰って来るということで泊まれなくなり、その代替として、海のすぐ前に建つ、長く使われていないらしい古い家を借りることになる。
この時点で誰もが、ああ、こりゃヤバイと思うのではないか。だって、タイトルが「彼女は浜辺に消えた」というのだから。

タイトルにある<彼女>とは、親しい家族たちの一員ではなく、その中の奥さんの子供が通う保育園の保母さんで、一日だけという約束で彼らと一緒に来た、いわば<部外者>である。言い添えれば、この女優さん、メチャメチャ美人です。
予想通り、彼女は物語の半ばで忽然と姿を消し、後半は残された<家族たち>による彼女の捜索、そして互いの間に生まれる疑心暗鬼が語られる。
まことにうまく出来ている。アホな映画は、こういう設定を考えると、多分、消えた彼女の隠された秘密を探るというような筋立てにするはずだが、そんな個人の内面の中に入り込まない。実にスマート。
そういえば、ことあるごとに駄目な映画の代表としてあげる「ゆれる」がそんな映画だった。事件の真相を探っていくと、<彼>の秘められたコンプレックスが明らかにされる、みたいな。なんというビンボー臭さ!

<彼女>が最後にその姿を見せる凧揚げのシーンが素晴らしい。凧を揚げていた(=空を見上げていた)女が海に消えるという発想がなんともカッコいいではないか。
しかし、わたしがもっとも感心し、唸り、倣わねばと思ったのは、複数の家族たちがいったいどういう知り合いなのかがほとんど説明されないまま物語は最後まで進行し、にもかかわらずそのことがほとんど気にならないという点だ。多くの作り手は、この手の説明に時間を費やし、ために、後半が大急ぎになって、最後に砂を噛むようなメッセージ・結論で締めくくらねばならない羽目に陥っている。
わたしも例外ではない。ホークスの映画から、人間関係の明示はシンプルに手早くということを学んだが、この映画からはそんな説明なんかなくても物語を成立させることが出来ることを学んだのだ。もちろん、説明不要を可能にさせたのは、この映画が、必要な説明を忘れさせてしまうほどの、非日常的・魔術的ともいうべきスピード感を備えていたからだ。

「バビロンの陽光」は、タイトルからも明らかなように。イラク映画である。
こちらもシンプルなお話。12歳(多分)の少年が年老いた祖母と一緒に、まだ見ぬ父に会うべく旅に出る。父は1000キロ離れた場所にある収容所にいるらしい。車やバスを乗り継いでようやく目的地にたどり着くのだが、そこには父はいない。別の収容所にも行ってみるのだが、そこにもいない。もう亡くなっていて、集団墓地に埋葬されているのではないかと、あちこち行ってみるのだが、なかなか見つからない。とうとう祖母は精神に変調をきたし、ついには亡くなってしまう。

映画の冒頭、「フセイン政権崩壊後、3週目」であることがクレジットで示される。旅の途中、あちこちで黒煙が立ち昇り、アメリカ兵もいっぱい登場する。もちろん、作られた「物語」であろうが、半ばドキュメント。不穏な空気感が映画全体を覆っている。

一方、旅の途中で少年は様々な人々と出会うのだが、それがまるで嘘のように、誰もがものすごくいいひと。ほんといいひと。そういうひとたちに助けられて少年と祖母は旅を続けるのだ。

主人公が目的地に到着する、あるいは、目的の品やひとを獲得する奪回する。それを物語の結末とするならば、その目的達成を妨げる障害物・敵対者を複数用意するのは、物語のいわば常道であるが、この映画はそんな常識を無視している。繰り返すが、ほんとにいいひとばかりが登場するのだ。
この映画から学んだのはこのことだ。即ち、敵対者を設定しなくても物語ることは出来るのだ、と。
タイトルからはなにか明るい未来が設定されているのではないか、あるいは、話の途中で、バビロンにある空中庭園に行こうというようなやりとりもあり、とりあえずのハッピーエンドが用意されてるのではないかと思いながら見ていたが、前述したように、この映画の結末はあまりに哀しい。哀し過ぎる。
映画の最後に、イラクでは400万人のひとがアメリカとの戦争で亡くなったことが告げられる。

この映画を見たのが3・11。いろんなことを考えてしまった。




世界には2種類の人間がいる - 2012.03.08 Thu

このところのメディアは、当たり前のことだけれど、「震災から1年」をじゃかじゃかやっている。
もちろん、それを非難するつもりはないけれど、少なくともわたしの個人作業レベルではいつも、そういう<大きな問題>に飲み込まれまいと心がけている。

この間の日曜。久しぶりに会ったひとのあまりの変貌ぶりに驚いたこと。かっては謙虚で、自らの仕事にも真摯に取り組んでいるひとと見えたそのひとが、ひどく傲慢で、なおかつ、仕事の仕方がとてもいい加減に思えたのだ。
わずか30分ほどの<語らい>であったが、その30分は砂を噛むような時間で、口直しにケーキをたらふく食べてやろうとデパートに立ち寄り、買い物をすませて電車に乗らんとしたときに、キイーケースがないことに気づく。
慌ててさっきのケーキ屋に戻って事の次第を話したのだが、そんなものはありません、と言われる。お金が1万円ほど入っていたから、多分出てこないだろうとは思ったが、一応、デパートの遺失物係りに届けで。ああ、部屋の鍵がないし、なんて一日だと途方に暮れながら歩いていると、なんと遺失物係から電話が。見つかったのだ!

禍福は糾える縄の如しとはよく言ったもので、上機嫌にすごした土曜から、暗い日曜日、それが、最終回2アウト、ランナーなしからの大逆転劇といった感じで。
いや、なにが書きたかったかというと、この程度の一喜一憂からだって劇は生まれる、ということなのだ。

震災が明らかにしたもの。それは多分、それまで漠然としたものでしかなかったわたしたちの<不安>を、はっきりと具体的に形にして見せたことだろう。
そして、ことを厄介にというか、更により具体的に<問題>の所在を明らかにしたのが、原発というわけだ。

<原発>さえなければ、心優しき人々は、ガンバローとか絆とか言ってれば、自らの<よいひと性>を信じることが出来たはずなのに。
遅々として進まない廃棄物処理。自分たちの地域への廃棄物持込に反対するひとたちの大半は、間違いなく、被災地のひとびとに向けて励ましのエールを送り、義援金を差し出した<心優しき人々>だろう。
心優しき人々は、子供を汚染させたくないといい、美しいわたしたちの土地を汚したくないという。もっともな話
である。でも、そんなことを言ってたら、いつまでも被災地の復興は進まない。
どうしたらいいのか?

世界はふたつに分かれてる。強いものと弱いもの。富めるものとそうでないもの。はっきりしたのはこのことだ。

わたしは大穴狙いの賭博うちだから(小心者の証拠)、いつも少数派(=勝ち目の薄い方)に小額を賭ける。

演劇に出来ることなど高が知れている。少なくとも、<癒し>などという曖昧な幻想を振りまく言葉が無効になったことは結構なことだ。
とりあえず、己の2本の足で立つこと。事はそこからしか始まらない。

この日曜に見た亀井亨の長編映画第一作「心中エレジー」は、2004年に公開されたもののようだが、こういう言い方は俗っぽくて嫌いだが、今日の震災以後を予見した見事な作品。
この映画については、また改めて。

そういえば、亀井は「ミルク 滴る女」の中で、ヒロインに、「世界には2種類の男がいる。まずわたしの胸を見る男と、ほとんど見ない男と」と言わしめていた。凄いね、このひと。

不肖の息子が… - 2012.03.06 Tue

先週の土曜日。久しぶりに阪神競馬場へ出かける。愛馬ジョワドヴィーブルがチューリップ賞に出走するのと、6時から伊丹のアイホールで、A級ミッシングリンクの「悲惨な戦争」を見る予定になっていて、そのついでもあり。

パドックのジョワちゃん。こんなに大人しかったかなと思えるほど落ち着いている。いや、これは元気がないと見るべきではないかと思っていたら、やっぱり、3着。最後の位置取りが馬群に入ってしまっていかにも悪く、福永の馬鹿たれが!と思ったが、これからのGⅠ戦線本番に向けてのテストだったのかもしれない。しかし、父親がオレハマッテルゼなんて地味な血統の上に、前走より10キロ以上馬体重を減らしてきた馬が勝つなんて!これだから競馬は難しい。でも、本日は久しぶりにプラス計上。よかったよかった。

最終レースまでやって、急いでアイホールへ。

「悲惨な戦争」は、わたしが30年以上も前に書いた作品。それを上演してくれるというだけでもありがたいのに、これが予想を超える出来映え。とても満足。もちろん、競馬大勝利の余韻のせいではない。

演出の土橋くんと出演した細見くんは、わたしが近大に赴任した最初の年に、多分、演技・演出論という講義を、他学部生なのに受講していた真面目なひとたち。とりわけ土橋くんは、わたしの講義の受講生がこれまで何人いたのか知らないが(数百人?)、その中では飛びぬけて優秀な学生だった。
彼らの芝居も3本ほど見たことがある。この国の、とりわけ関西では珍しい、知性を感じさせる芝居で、基本的に好感を持っていたが、なんといったらいいのか、世界もひとも、もう少し無様なはずなのに …という不満もあった。
が、今回の芝居は …

見ていない芝居のことをアレコレ言うのはいかがなものかだが、「現代演劇レトロスペクティヴ」として上演された他の2本は、見たひとの話を聞けば、解体だのズラシだの、実際そういう言葉を演出家が使ったかどうかは知らないが、原テキストをアレコレいじくって上演したようだ。
アフタートークで、わたしのこのブログを読んでいるという若いひとから、「単なる<文学>の立体化じゃないお芝居って、具体的にはどういうお芝居ですか?」というもっともな質問をされて、そうじゃないものならいくつも挙げられるけれどと、お茶を濁してしまったけれど(申し訳ないです)、そう、例えば、前述のように、言語の解体などという言葉を使えば、新しい演劇が作れると思うその勘違いは、明らかに文学的発想(終わってる? 止まってる!)からくるもので、いや、それは<文学的>ですらなく、二言目にはコンセプトと言いたがる広告代理店的発想がもたらすものだ。
今日を生きる俳優(の身体)を軸に芝居を作れば、どの国のどの時代に書かれた戯曲をテキストに使おうと、<現代演劇>として成立させることが出来るはずだ。解体だのズラシだのと一見もっともらしいことをほざく連中は、結局のところ、俳優(の身体)、及び、戯曲・テキストと正対する勇気と誠実さを欠いた、言語をいたずらにもて遊ぶヘナチョコなのだ。

「悲惨な戦争」を見ていて、いろんなことを思い出した。アフタートークでも話したのだが、前年、「檸檬」という作品で、わたしは一躍注目を浴びてしまい、関係者からは岸田戯曲賞の大本命などと言われ、また、書く前から雑誌掲載も決まっていて等々のプレッシャーの中で書いたこと。あるいは、演出の和田はその年いっぱいで、家業をつぐため実家の松江に帰ることが決まっており、また、劇団設立の言いだしっぺだった俳優のジョージも映画の方に専念したいと言い出したため、年内の劇団解散が決定した中での公演だったこと、等々。

あれやこれやでなかなか書けず、いわば七転八倒しながら書いたこの戯曲、上演したい旨を連絡してきた土橋くんにも言ったのだが、いわば出来の悪い、わたしにとっては不肖の息子なのだ。

それがまあ、今回は立派になって帰ってきたなあ、という感じで。

明らかに瑕疵の多い戯曲で、それは当時も承知していたのだが、しかし、なにをどうすればいいのかその方法が分からなかったのだ。
今ならはっきり分かる。単純な話だ。いい台詞(決め台詞)を書こうとしすぎてるから、それをやめること。ひとつの台詞に、次の台詞でいつもいつも誠実に答える必要はないこと。いちいちリアクションめいた台詞を書こうとするから、バカみたいな駄洒落をはさまなければいけなくなるのだ。

劇の前半は、わたしの戯曲の常だが、物語がなかなか動かず、動かないので下らない台詞や行為で埋めようとして、それが往々にして墓穴を掘らせる結果になるのだが、そこのところを土橋演出は実に冷静に対処していて、そのコントロールのよさに、土橋くん個人の才能もさることながら、誤解を恐れずに書けば、この国の現代演劇の成熟を感じた。必要以上に奇を衒わないのが結構だと思ったのだ。

以前にも同じようなことを書いたような気もするが。わたしの戯曲を他のひとが演出したのを見て、ほとんど面白いと思ったことがない。それは、わたしのイメージしたものとほど遠いからではなく、ただ単に言葉の上っ面を撫でてるだけのようにしか思えないからだ。
授業でも繰り返し言っているのだが、親が必ずしも子供の最大の理解者ではないように、作者が自らの作品の最大の理解者だとは限らない。だから、わたしの知らない、「子供の別の顔」を見せてもらいたいと、ただそれだけのことなのだ。

そういう意味では、今回のA級のお芝居はまさにそういったもので、、貸し借りが嫌いなわたしとしては、いつかこのお礼はしなければ、とそう思った次第であります。













NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。