topimage

2012-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女じゃダメなのか - 2012.02.27 Mon

夜。スポーツニュースで沢村と藤岡の投げあいの結果を知るべくテレビをつけたら、昨日の沖縄は雨降りだったらしく、ジャイアンツとマリーンズのオープン戦が中止。なんだよーとWOWWOWに切り替えたら映画をやっていて、それが意外に面白くついつい最後まで見てしまう。

「瞳の奥の秘密」。去年だか一昨年だか、アカデミー賞の外国部門で最優秀賞に選ばれたらしい。なるほど、うまく出来てるわけだ。

主人公は、元裁判所で働いてた男。途中から見たのではっきりしないが、検事でもないらしい。その彼が、25年ぶりに、元の職場に顔を出す。そこには、かっての上司で、愛してもいた女性が今でも働いている。
彼はいま小説を書こうといていて、それは25年前、彼が手がけていまだに忘れられない殺人事件を題材にしたものだ。

映画は、現在と25年前、あるいは、現実とフィクションの間を行ったり来たりしながら進行する。

見ていて、ボン・ジュノの「殺人の追憶」に似ていると思う。「殺人…」は、軍事政権化の韓国が舞台だが、こちらも、時代は70年代半ばと10年ほどの違いはあるが、同じく軍事政権下のアルゼンチン。犯人を追い詰めていく感触に、近いものを感じた。

「殺人の記憶」を見た時のショックはいまでも忘れない。

「瞳…」にも、母親への手紙から犯人とみなしている男がサッカーファンであることを突き止め、サッカー場に行くと、やっぱり彼がいて …という見事な場面があった。
が、物語の展開が終盤に向かってどんどん散文化していく「殺人…」とは違い、こちらは、ありがちなアメリカンメロドラマに収斂してしまうのが、まあ、ほっとはするけれど、物足りないといえば物足りず ……

でも、どうしてこのレベルの映画が日本で作られないのだろう?

比べるのもどうかと思うが、「満ちる」で満ちる役をやっている山田キヌオさんが出ているというので、「嘘つきまーくんとナンチャラ」という映画を見たら、というか実は半分しか見なかったんだけど、もうホント子供だましみたいな映画で。いや、明らかに若い人向けに作っているんだろうけど、こんなものに騙されないだろう、フツーの子供なら。

とにかく、トロイ。始めの5分ほどのトロサといったら! なぜトロクなるのかといえば、優柔不断で決断がなかなか出来ないからというより、なにを撮ったらいいのか、撮りたいのかかがよく分からないからじゃないだろうか。だから不必要な説明をダラダラ撮っている。


ずっと腹にすえかねているから敵が出来るのを承知で書くが、日本には、女性の映画監督にろくなのがいない。

この映画でも、例えば中学だか高校だかの教室にいる生徒たち、美男美女揃いで区別がつかない。ということは、マジメにキャスティングしてないってことでもあるし、主人公たちと対比しながらひとりひとりにささやかでも物語を与えてやろうという気がないのだ。これ、フツー、手抜きっていう。
以前にも、西川美和の映画について同じことを書いたが、ジョン・フォードやH・ホークスが、たとえば酒場にたむろしてる客たちを、どのように撮ってるか、少しは考えたことあるのかな、この監督。








スポンサーサイト

「小さい秋」を手渡す - 2012.02.22 Wed

わたしには変にマジメなところがあり、このブログも別に誰に要請を受けてるわけでもないのに、二週間も更新しないと、ダメじゃないかなどと自らを叱咤してしまう。
それで書けば書いたで、<問題>が浮き彫りになって、その続きを書かねばという義務感にさいなまれたり。

で、昨日に続いて今日も書くわけですが。

昨日のNHKTVの「クローズアップ現代」で、由紀さおりブームが検証されていた。といっても、この手の番組で何事かがまともに検証されたことなど一度もないのだが。番組のコンセプトは、「日本語の美しさの(再)発見」といったもののようで。例の如く、いろんな角度から考えてみようというわけで、音声学者、日本語学者、アメリカのアーチスト、コンサートの観客等々からお言葉を頂戴していたのだが、語るひとが多いということは、それぞれが浅いということにならざるをえない。
やっぱりな、これで「まあまあこんなところで手を打ちましょうや」みたいな感じで終わるのだろうなと思っていたら、最後の最後に思わぬ「事故」が生じてしまった。

番組の流れは先にも記したように、「日本語の美しさ、みんな忘れてません? 日本人であることをもっと誇りに思いましょうよ」的なメッセージを終始送り続けていたのだが、最後にスタジオに来てMCの国吉さんと話した、多分アメリカ人の若い詩人が、日本語がどうこうということではなく、由紀さおりの歌声に多くの欧米人が魅了されたのは、彼女の表現力が素晴らしいからだと、いうなれば当たり前のことを言ったのだ。MCは執拗に、でも日本語はどうたらこうたらとなんとか用意した結論に持っていこうとするのだが、若い米詩人は、ソフティだけどしぶとくて、安易にその罠にひっかからない。

「言葉が分かるとか分からないとか、英語だからだとか、日本語だから、フランス語だからとか、そういうことではなくて、由紀さおりは、言葉・日本語のむこうにあるもの、例えば、小さい秋なら小さい秋=風景を聴き手に直接手渡したいと思い、それを可能にするにはどうしたらいいかを考え、それが結果として、国境=言葉の壁を超える成功を生んだのではないか。」と。

昨日ここで書いたことにつなげれば、たとえば、「日本語は美しい」という結論=テーマありきを大前提として、そこから逆算して番組の全体を構想・構成するという作り方が、わたしに言わせれば文学的、いや、<文学的>なのだ。

昨日書いたことを誤解なきよう、より正確を期して書けば、文学の単なる立体化は演劇とは呼べず、それは<文学>でしかないのだ、と。

なぜ世に演劇ならざるものがはびこるのかと言えば、<文学>ですらないものが大半だからで、だから多くのひとは、それらよりは幾分格上の<文学>を、演劇と取り違えてしまうのだ。

先日、東京で見た関西発の公演は、<文学>にすら届かない、愚か者たちの手になるという意味で、文字通りの愚作だったが、これに限らず、そもそも舞台に映像を持ち込むという発想自体、わたしには演劇を回避して<文学>へと傾斜する、いうなれば、文学コンプレックス者であることの証にほかならないと思うのだ。

立ち話 - 2012.02.21 Tue

15日から始まった「いちご大福姫」の稽古場で、馬鹿のひとつ覚えのように繰り返している言葉がある。

「演劇は文学じゃないからね」

おそらく90%以上の観客(批評家等も含む)及び作り手たちは、演劇は文学の立体化だと思っているのではないか。もしそうだとしたら、先日久しぶりにお会いして10分ほどの立ち話をしたSさんが話されたように、「稽古なんて2週間やれば十分」なはずだ。いや、手だれの俳優を集め、彼らに手持ちの芸を駆使させれば、1週間もあれば十分だろう。現に、ちょっと事情は異なるが、吉本新喜劇や大衆演劇は、1日2日の稽古しかしてないはずだ。

「演劇は文学じゃない」などと言うと、じゃ、ナンセンスな台詞や禍々しい台詞、あるいは政治的に過激な台詞を散りばめ、俳優は舞台で飛び跳ね、血なんか飛び交えばいいわけね、なんて思うひとがいる。こんな言い方はあんまりだと承知しつつ書いてしまえば、いわゆるアングラ・小劇場と総称された演劇の大半は、そういうものではなかったか。
前述のSさんも、これまた甚だ失礼な言い方になるが、その程度の認識で近代劇=新劇=文学を超えられると思っておられたのではないか。

今回の芝居のテーマは、「立ち話」になるのかもしれない。
昨日の稽古中にこんなことを話した。

立ち話がテーマだと? なにそれ? と思われた方は実際にその目で見ていただかないと理解はされないかもしれませんが。いや、そもそも演劇は文学の立体化だと信じて疑わないひとは、それがどうしたと思うしかないでしょうが。

先週末、久しぶりに東京に帰って、留守中に録画しておいた亀井亨の「ミルク 滴る女」を見る。
亀井は、以前ここでも紹介したが、この10年の間に公開された日本映画の中でわたしが最優秀作品と断じている「テレビばかり見てると馬鹿になる」を撮った監督。

「ミルク」も秀作だった。
自らの巨乳にコンプレックスを抱く女が主人公。彼女は、父とふたりで乳牛を飼育し、牛乳の製造販売をしている。こう書くと、ベタな設定だなあと思われるかもしれないが、これでいいのだ。企画書にはこんな主人公の設定に他の登場人物を面白おかしく付記し、更に、日本の農業問題、地方の過疎化問題を鋭く抉るなどと書けば企画は通るのだ。現に通ったし。

移動撮影と引き絵で撮られた田園風景がとりわけ美しく、また、これまでの作品でも顕著だったが、ヒロインが実物以上に(?)にきれいに魅力的に撮られてる。たまたま、昨日の深夜のテレビのバレイティに、ヒロインを演じた初音みのりが出ていて、映画とのあまりの違いにビックリ!!

この映画の美点を挙げればキリがないが、そのうちのひとつを挙げれば。映画のほとんどラスト。ヒロインに絶倫ではないかと思われている老人と牛乳配達途中のヒロインが立ち話をするシーンがあって。ふたりの背後を時々車が通り過ぎるのだが、そのタイミングが絶妙なこと! 演出ではなく、多分偶然だと思うけれど、アンゲロプロスの「霧の中の風景」の中で、鶏が登場するシーンがあり、その鶏が凄い芝居をすることは知るひとぞ知るところだが、あれと同じで、偶然を引き込む力が亀井にもあるということなのだ。

そうか。書いていていま気づいたが、「立ち話」というアイデアはこの映画から来てたのか?


この、うつけ者! - 2012.02.14 Tue

「いちご大福姫」。9日に読みあわせをし、13日からいよいよ稽古だァー!と張り切っていたら、なんとなんと、13,14日と所属する文藝学部の入試! それに気づいたのが先週の金曜日。入試は土日だと思っていたら、それは他学部の入試だったのだ。とんだお粗末の巻。

公募し、採用を決めた6本の戯曲。どれもわたしの想定を超えた出来映えで、なおかつそれらを並べてみると、これはかなり面白い台本だと、竹内至極ご満悦です。

例によって、世間様にイチャモン。
もう何日前になるのか、アンゲロプロスが事故で亡くなった。しかし、それに関するニュースの扱いの小さい事!それに引き換え、その何日か後の、日本の高校生がローザンヌのダンスコンクールでグランプリ受賞というニュースの大きいこと大きいこと。

ちょっとおかしいんじゃないか。それはね、日本人のほとんどはアンゲロプロスなんか知らないし、日本の高校生が大会の価値は知らなくてもグランプリとったとなりゃ、そりゃよかったよかったとなるのは当然でしょう。
でも、マスメディアには、一般市民を啓蒙するという役割だってあるわけでしょ。物事の大小はきちっと示さなくてはいけない。みんなが熊さん八っあん感覚じゃ困るわけですよ。改めて言うまでもなく、グランプリ高校生よりアンゲロプロスの方が偉大な功績を残してるわけで。もちろん、彼女がこれからどれほどのダンサーになるのかは分かりませんが。

複数のひとからのメールで、アンゲロプロスが亡くなったってことを知りました。ま、わたしがアンゲロプロスのファンだったってことを知ってたからですが。
新作の撮影中だったらしい。わたしに知らせてくれたひとは一様に、残念がって、新作が見たかったと書いてきましたが、ま、わたしは基本的に人間が冷徹に出来ているということもありますが、いいじゃん、アンゲロプロスはやることやったし、彼の映画を見ようと思えば、いまはいつだってDVDで見られるんだからと答えました。

亡くなって哀しいのは、やっぱりパフォーマーですね。二度とナマで見られないというのは哀しい。あと、芝居の演出家も。映画監督や小説家、美術家、詩人等々は作品が残りますが、舞台は残りませんからね。記録映像はもう芝居じゃないわけですから。演出家は哀しい。

ナマでもう見られないというと、ダルビッシュですね。ま、アメリカまで行けば見られるわけですが(多分)、そこまで見たいと思ってるわけでもなく。でも、何年か前から見たいと思ってた。彼はわたしが知る限り、日本球界が生んだ最高の投手です。イチローもそう。一度はナマでって思ってるうちにアメリカに行っちゃった。

なにごともさっさとやらないと悔いが残るって話でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。