topimage

2012-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き - 2012.01.21 Sat

石原慎太郎が芥川賞の選考委員を辞めたらしい。理由は飽きたとのこと。
ということは、今までそんなに飽きずにやってたわけだ。ふーん。都知事も辞める辞めるといいながら、いま何期目になるのだ
都知事はもちろん、芥川賞の選考委員というのも、いわば公職で、そういう公職にひとりの人間を長く就かせておくのはよくないし、大体、自分で退けよ。気づけよ、それくらい。だから退いた遅いツーの。

前回の続きだが。
ストーリーの紹介が面倒になってしまった。大体、ストーリーってなに
「ストレンジャー…」も「男は…」も「座頭市」も、ストーリーにまとめてしまえば、実際の映画ほどの差異はなくなってしまう。どれもロードムービーだし。

ストーリーだの俗にいうテーマだのは、結局、互いの差異を掻き消し、実体を見えなくさせるものなのだ。

「ストレンジャー…」はまことにひとを食ったような映画で、ニューヨーク、クリーブランド、フロリダと、彼ら3人は移動するのだが、どこへ行っても、カメラは部屋からほとんど出ないのだ。だから結果として、どこ行ったって同じ、ということになる。いうなれば、反(半?)ロードムービーなのだ。

いわゆる事件などほとんど起こらない。けれど、殺人や恋愛だけが映画的事件じゃない、というか、それらを写したって、ほとんどの映画は映画になってない。

ラスト近く。フロリダのモーテルの一室。朝。ハンガリーの女の子が目覚めると、ぶらぶら男たちがいない。また彼女を置き去りにして競馬に行ったのだ。
彼女は、クソッと言って立ち上がり、タバコを探すために部屋を一周し、寝ていたソファーに戻ってタバコに火をつける。この一連の動きのリズム、スピード、隙のなさ、心地よさ。美しい
これこそ〈映画の事件〉と呼ぶべきものなのだ。
スポンサーサイト

これも映画だ! - 2012.01.18 Wed

久しぶりにジム・ジャームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」を見る。
日本で公開されたのは、多分80年代半ばのはずだから、もう四半世紀ほど前に作られたのに、昨日、いや、いまさっき作られたばかりかと思うほどの新鮮さ。これには驚いた。


ハンガリーから20代前半と思われる女性がアメリカにやって来る。クリーブランドに住むおばの家に厄介になるつもりが、そのおばが病気で、10日間ほど、ニューヨークに住むいとこ(男)の家に仮住まいすることになる。
この男、なにをして生計を立てているのかよく分からない。ポーカーで素人風の男たちからお金を巻き上げるシーンがあるから、まあ、遊び人なんだろう。毎日ブラブラしている。ブラブラは「男はつらいよ」の主人公と同じだが、寅と違ってこの男、ほとんど部屋から出ない、というか、部屋から出たシーンは皆無。

思い出した。わたしは若いころ(20代)、ほんとになんにもしないでブラブラしていたから、居候先の姉の子供たちから「ぶらぶらおじさん」と呼ばれていたのだった。

それはさておき。男はいとこのことを最初は面倒臭がっていたが、少しづつふたりの関係はほぐれていき、彼女がクリーブランドに発つ夜、ブラウスをプレゼントする。いかにもダサイブラウス。男はどうもそれを可愛いと思ってるようだが。女は一応それを着てみせるが、部屋を出たあと、脱いでそれをゴミ箱に捨てる。

男と彼のブラブラ友だちは

(おっと、お客が来てしまった。この続きはまた明日)

嗚呼、これが映画だ - 2012.01.15 Sun

映画(館)が学校にたとえられることはあっても、芝居や小説はそのようには言われない。
なぜだろう

教会の絵画やステンドグラスは、文字を読めない、ということは聖書が読めない、信者のためのものらしい。
文字で見せられたり、直接語られてもうまく理解が出来ないことも、図象化されるとよく分かるのだ。
則ち、この世の難しいことはよく分からない子供たちは、映画によって、大人の世界(の理屈)を知ったのだ。
子供の頃、子供用に作られた映画を詰まらないと思ったのは、だから当たり前なのだ。だって知りたいのは大人の世界(の理屈)なのだから。

座頭市シリーズは、そんな教育的見地に立つと、まさにもっとも子供に見せたい映画ということになる。

先日見た「座頭市の歌が聞こえる」は傑作。高岩肇のホンがうまく出来てる。
同じ盲目の琵琶法師に、お前(座頭市)はめくらの社会からも、目明きの社会からも疎外された化け物だと語らせ、小川真由美演じる女郎に、身を落としてもなお捨られぬ切ない恋情を語らせる。

少年少女諸君、生きるということはこういうことなのだ。

カメラはあの名人、宮川一夫。ラストのチャンバラは、アメリカの夜のなか、シルエットにして見せる
このチャンバラがまたいい。座頭市は耳を封じてしまえば力は半減するはずと、悪党どもは太鼓を叩ながら、攻撃するのだ。冴えてますな。音楽に伊福部昭、美術に西岡善信と一流どころを配し、監督の田中徳三の演出も手堅い。とりわけラスト。座頭市がお約束通り悪党どもをやっつけたあとの、主な登場人物たちを丁寧にフォローしていて心にしみる。

これが映画だ

年頭のご挨拶 - 2012.01.12 Thu

9日の夜、ようやく「満ちる」を完結させる。いやあ、長かった。途中、「心臓破り」を書くための中断期間があったにせよ、ほぼ1年がかり。ようやく年があけたという感じです。

しつこくまた書いてしまいますが、いまどき、この国の劇作家と呼ばれているひとで、本番の2ヶ月前に台本を仕上げている作家がいるでしょうか。親しい知人の俳優某は、公演初日が2月半ばだというのに、まだ台本数枚しか貰ってないと、数日前にこぼしておりました(笑)。

いやあ、竹内さんはエライなあ。

しかし、去年は1年で戯曲を3本書くと公言していましたが、それが果たせず。今年はなんとか3本書いてみせるぞと、ここで高らかに宣言しておきましょう。

書き終わったと思ったら、学校の授業が始まり、学生たちが提出した戯曲をほぼ30数本、一気読み。
読むだけなら、とりわけ1年生のものは原稿用紙に換算して平均20枚ほどと短いものなので、さほどの手間ではないのですが、それぞれに寸評を書かねばならず、これには相当時間がかかる。面白いものは面白いと書けばすむのだけれど、大半はそうではないので、なにがどうダメなのかを伝えるのには、やはりそれなりの神経と言葉を使わなければならず ……

昨日は2年生対象の「戯曲研究」という授業で、井上ひさしさんの「父と暮らせば」をとりあげ話す。
正直、井上さんの戯曲はどこかお説教臭くて面倒臭ぇホンだなと思ったりもするのですが、この戯曲は、まあ、知力を尽くしてるというのか、細かいところにまで神経が行き届いた作品。講義しながら改めて感心してしまった。

玄人の作品か素人の作品かを見分けるわたしのポイントは、多幕もの、多場面もの(?)の場合は、各幕各場の始めと終わりを確認します。そこを工夫してるかどうか、ですね。
「父と暮らせば」は、そういうところに抜かりがないわけです。例えば、S1は空舞台に雷鳴が聞こえていて、そこに娘がかけこんできて、「怖い! おとうたん」と叫ぶと、押入れの戸が開いて、中に父親がいて「ここに入れ」という。その父親は実はもう原爆で亡くなってるんだってことはすぐに分かるわけですが、生きてる娘と死んだ父親が狭い押入れで言葉を交し合うという、生死さえも越えた、その異様とも奇妙ともいえる過度な親密さ、その提示から劇が始まるってやっぱり、この物語にかなった始まりだと思うわけです。

肉親同士の過度な親密さの提示で思い出しましたが、いまWOWWOWで一挙連続放映されている「男はつらい」シリーズ。あの中の主人公寅さんと妹のさくらの<近さ>もやはり異様です。
ご存知の方はご存知のように、毎度のように、寅がその時々の旬の女優さんが演じる女性に、惚れては捨てられるというパターンが繰り返されるのですが、その好きになったと当人も思っている女性よりも、明らかに妹・さくらとの親密度の方が高く、また、さくらも夫と言葉を交わしているときよりも、兄との方が明らかに色っぽいのです。

井上さんも「男は …」の監督である山田洋次も、ともに日本共産党のシンパと言われたひと。なにかそこに秘密でもあるのでしょうか。

それはそれとして。やっぱり渥美清はいいなあと思う。軽いときは羽根のように軽く、そうでないときは、岩のように硬く重い。とりわけ、旅先で、暗い通りをひとりで歩いているときの、後姿に漂う孤独感たるや、それは寂しいとかそういう感傷的なるものを超えて、自ら選び取ったもの、他を完全に遮断する厳しいもので、それは演技と言うより、あのひとの世界観ではないかと推測される。
芝居が上手いとかなんとか、そういうレベルではないのです。


なあんてことで。さほどの数がいるとも思えませんが、日頃これをお読みいただいてる皆々様、本年もよろしくお願いします。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。