topimage

2011-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無知を知ること - 2011.12.27 Tue

2011年も残りわずかとなった。今日中になんとかMODE用台本「満ちる」を書き上げるつもりであったが、
すまん松本くん、無理みたいです。
あと数枚なんですが ……。ここまで来たら焦ることもなかろう、というわけで。
でも、なんとか年内には仕上げるつもり。

本番は来年3月。開き直るわけではないけれど、いまどき本番の3ヶ月も前にホンを書き上げる劇作家がいるでしょうか。

えらい、ほんとに竹内はえらい!

唐突ですが、わたしの今年のベスト3

①大澤真幸の、「社会は絶えず夢を見ている」を始めとする何冊かの著書。

 おかげで、なんとなく「3・11」からわたしが受けた衝撃の概容が分かる。要するにわたしは無能なのだとい うことが。また、学生たちの書く戯曲から対話というものが消えてしまった必然も。

②H・ホークスの、「赤い河」を始めとする何本かの映画。

 愚かしいことに、「赤い河」を「帰らざる河」と間違えて、ずいぶん前に見たと勘違いしていた。
 後者も悪い映画ではないが、申し訳ないけど、比較にならない。画面を終始何千という牛が占めていて、あのJ・ウェインが仇役になる(時間がある)という、驚くべき映画だ。興奮する!

三浦大輔「おしまいのとき」
 
 今年も語るに足る日本の演劇は、岩松さんの「国民傘」と上記のものしかなかった。
 このブログにも繰り返し書いたことだが。
 「大義」だの「信」だの「ミッション」だのを、なに言ってンの、バカじゃないの? とハスに構えて笑っていられた時代は、もうとっくに終わっている。その喪失の哀しみがどうして分からないのか、諸君は。

ここに来てまた、いろんな方がお亡くなりになられた。
森田芳光なんて、わたしより若いから少しショック。でも、悪いけど、わざわざテレビで過去の作品を上映しなきゃいけないほどのタマではないと思うけど。

休みになって暇だっていうひと、黒澤明と森田の「椿三十郎」を見比べてみて下さい。
あまりの違いに笑うはず。また、映画監督ってどういうことをするひとのことを指すのか、その一端が垣間見えるはずです。
スポンサーサイト

口ずさむ歌 - 2011.12.12 Mon

また泣いてしまった。

いま来年3月にMODEで上演される予定の台本を書いていて、それがもう終わり近くになっているのですが。

それは、ともに映画監督の、父と娘の確執の話で。
父が久しぶりに撮ることになった映画のシナリオを、いろんな事情から、娘が書くことになり、ま、スッタモンダ
いろいろありまして。

ふたりでその映画のラストシーンをどうするかって話になって。

娘は、ヒロイン(殺し屋!)が自分の娘の手を引きながら人気のない浜辺を歩いていると、娘が歌を歌いだすことにしたいと言い(父の案では、ヒロインの方が歌うことになっていた)、その娘(映画の中の)に、美空ひばりの「私は街の子」を歌わせたいと言う。それは、実は父親の十八番の曲だったのだ!

ここんところの台詞を書いてたら、わたしの瞳からハラハラと大粒の涙が ……

これだけじゃ、なんのこっちゃ分からないと思いますが。気になるひとはぜひ劇場まで。

最近わたしがよく口ずさむ歌 ベスト3!!

①佐々木新一「あの子探して」

花の東京のど真ん中 ぐるり回るは山手線
皇居丸ビル右に見て トンとひと駅下ります

これが歌詞なんですが、多分40年くらい前の歌だから、
若いひとは知りませんね。
「山手線」の最後の「せん」、「下ります」の「ます」のところでコブシをまわす。これがたまりません、なのです。
これを歌うのは、ま、気分のいいときですかね。歌自体は明るくないんですが、気分がいいと前述した「コブシ」がうまく回るんです。

②小林旭「ダイナマイトが150t」

ダイナマイトがヨー、ホホホー ダイナマイトが150t

歌詞はここしか知りません。これももちろん古い歌。

ホホホーってところがアキラ節ですね。意味が分からない。そこがたまりません。
これを歌ってるのは、もうどうにでもなれとか、そういう気分のときですね、多分。人生いろいろありますから。
これは、そこそこ大きな声を出さないと気分が出ないので、ひとりで道を歩いてるときなんかに歌います。

アキラの歌はよく歌う。
「嫌だ、やだやーだ、別れェちゃァ、やーだぁと」とか、「愛はせなんだか 小島のかもめ」とかね。
後者を最初に聴いたのは、中学生の頃だったか。「あいはせなんだか」ってどういう意味なのか、さっぱり分かりませんでした。
いずれにせよ、アキラの歌はうさ晴らしにぴったりです。

③だいたひかる「どうでもいいですよー」

どうしたんですかね、だいたひかる。ファンでもなかったし、ほんと、どうでもいいですけど。
でも、ふっと出てくる。どうでもいい気分になったとき。
①②は、高音の歌ですが、これは低い声で歌う歌。気分が落ち込んだときにこの歌を歌うと、マイナス×マイナスになるからプラスになるんです。
ホントかな???

いやあ、今日はほんとにどうでもいいことを書いてしまった。スミマセンヌキ。





「いちご大福姫」 - 2011.12.08 Thu

何回か前、ドラボの次回公演は、ドスさんの「悪霊」ダー、みたいなことを書きましたが、諸事情を考えると、どうも残された時間内では難しいということになり、次々回公演にまわそうということに決定。

で、急遽、次回公演は、そのタイトルを「いちご大福姫」という短編集にしようというあいなった次第。
で、その上演台本を広く募ろうということにもなり、HPにも掲載しますが、以下が「募集要項」です。

                      *

いちご大福姫」というタイトルの短編戯曲(上演時間15~20分程度)を募集しています。
 
 上演は、上記のタイトルのもとに書かれた戯曲を束ねた、短編集となります。
 興味と関心のある方は、まず、「いちご大福姫」と呼ばれる(自称する)人物のプロフィールを送って下さい。

【その内容】
 設定する時代、国(国籍)は、いつでもどこでもOKです。
 本名があれば本名。年齢。性別。職業(社会的身分)。家族(なければないで)。
 趣味。特技。交友関係。容貌。賞罰。その他。 
 以上に加え、彼女(彼)がなぜ「いちご大福姫」と呼ばれているのか、あるいは自称しているのか、その理由と経緯を書いて下さい。

 分量的には、800字程度で結構です。
 面白そうなプロフィールを送っていただいた方に、改めて執筆依頼をさせていただきます。

応募先  劇団HP
締切   本年12月20日(火)必着

   戯曲採用の場合にかぎり、些少ですが上演料をお支払い致します。

 
 「いちご大福姫」は、来年4月20日(金)より23日(月)までウイングフィールドにて、竹内銃一郎の構成・演出により、上演の予定です。

                        *

なに、「いちご大福姫」ってとご不審の方に、お答えしましょう。
そも、そやつはどこから来たのか?

知るひとぞ知る、山田美妙の小説に「いちご姫」というのがあり、最近それが岩波文庫で復刻され、ちょっと評判になってると聞き、ま、早い話、それにあやかろうという企画です。

当初は、「いちご姫」をそのまま拝借しようかと思っていたのですが、ネットで検索したら、「いちご姫」を名乗ってバンド活動をしておられる方がいるらしく。

で、その方と紛らわしいし、それに「いちご大福姫」の方がひろがりがあるな、と。

どんな「いちご大福姫」が集結するのか、とても楽しみ

もちろん、わたしめも書きまする。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。