topimage

2011-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんしがしんだ - 2011.11.24 Thu

何回か前に、落語について触れたいとと書いたが、そしたら、その中で触れるつもりだった談志が死んだ。

わたしにはこういうことがよくある。トリュフォーの映画の題名を借りた「恋愛日記」を上演したら、トリュフォーが亡くなるとか、対面してあんなに緊張したことはなかった映画監督の加藤泰さんが、お会いしてしばらくしたらこれまた急死されたとか。そう、一時期、わたしの芝居に出演された俳優さんの訃報が間断なく続いたことも。
不謹慎だけど、皆さん、まあ、そうなっても不思議ではないお歳ではあったのですが。
うん? 死神か、俺は。
昔の日活映画のタイトルに、こんなのがありました。

「俺にさわると危ないぜ」

死神でも神は神。ワ、ハ、ハ。

寒くなると、お亡くなりになる方が増える。とりわけ高齢者の。わたしの母親が亡くなったのも寒い時期。
暑くなっても、また同様で。
不謹慎ついでに、ブラックジョークを。

暑さ寒さが彼岸まで。

次回のドラボ公演は、ドストエフスキーの「悪霊」をやる予定。読んだら3ヶ月くらいはかかりそうな長編小説を、上演時間100分で出来たらな、と。

ナマ談志は、もう20年以上も前になるのか、弟と新宿の末広亭で見たのが最後だ。
トリの前に出てきて、落語をやらずに近頃の日本はどうも、などと言った内容の漫談のようなものでお茶をにごしたのではなかったか。その後、トリに出てきたのが馬生で。出てきて座るなり、「ただいまは結構なお話で ……」と、相当皮肉が利いた談志批判を枕代わりに使ってた。演じたのは「親子酒」だったか。帰る道すがら、
馬生はどうしてあんなに暗いのか、でも面白い、なんて弟と話したことを思い出す。

自分もいつかは死ぬのだから、誰かが亡くなったからってそんなに哀しんではいられない。




スポンサーサイト

クセニティス=よそ者 - 2011.11.23 Wed

最近やたらと大の男が、テレビカメラの前で泣いている。

ソフトバンクの杉内、秋山、中日の落合、白鵬、等々の文字通りの「大の男」が。ジャイアンツの元(?)GMの清武は、まあ、そんなに大きくはないと思うけど。ひとことで言うと、みっともない。

泣く・涙といえば、俳優の笠智衆のエピソードはあまりにも有名だ。
映画「晩春」のラスト。娘の結婚式から帰った夜。家にはもう誰もいない。笠は縁側の椅子に座って、慣れぬ手つきで林檎の皮を剥いている。と、両目からハラハラと涙が ……、というシーンなのだが、笠はこんなことでは泣けないという。監督は、彼が神とも崇め奉った小津安二郎。その神様がいくら頼んでも頑として譲らない。なぜかと聞くと、子供の頃から父親に、男が人生で泣いていいのは三度だけだと言われて育ったからだ、と。
笠の人柄を物語ってあまりあるエピソードである。
泣いていい三度とは?父親が亡くなったとき、母親が亡くなったとき、それに自分が生まれてきたときなのではないでしょうか?

という前置きをして、こんなことを書くのもなんだが。
この間の日曜日、兵庫県の高校演劇の大会で見て、不覚にもわたしが涙を流してしまった、洲本実業高校による上演作「時間旅行者たち」の感想を記したい。

あえて分類をすると、いわゆる「静かな演劇」系のお芝居。この系は基本的にわたしは好かないが、しかし、そもそもその定義が曖昧で、というより、適当だから、その対極にあると思われる岩松さんまでこのグループに入れられてしまっている。誰が言い出したのか? いずれにせよ、ほとんど意味のないネーミングだ。

それはこんな芝居である。(多少記憶違いがあるかもしれない)
舞台は、自分たちの高校がモデルになっていると思われる高校のSF研究会の部室。
夏休みが明けて、始業式がすんだその直後くらいの時間帯だろうか。
登場人物は、3年生で部長の女の子と、同じく3年生部員の男の子、それにここへ訪ねてくる1年生の女の子と、この3人だけ。

幕があくと、舞台はほの暗く、椅子に座った女の子がひとり。「ばかみたいっ」とひとこと言って、席をたち、部屋から出て行くと、暗くなる。

明るくなると、男の子がいて、壁に梶尾真治のなんとかって小説のヒロイン(失念!)を描いた挿絵が貼ってあって、それを見ながら、ひとりごとしている。内容はまあ、いかにも高校生の男の子が言いそうなこと。

部長が現れる。ふたりは、挿絵のヒロインに関する話から始まって、わたしなどほとんど関心の持ちようのないSF関連の話を熱心に話し始める。

その間に、映画「コクリコ坂」は見たかと聞く男の子に、女の子は、見たいけど見ない、この企画をいつか実現したいと思っていたはずの宮崎駿が息子に監督を任せたのが信じられないし、声優に人気タレントを使ったのは許せないなどと、いかにもマニアなら言いそうなやりとりが挿入される。

そうこうしてるところへ、ひとりの女の子がやって来る。自分は1年生だがと名乗り、おかしなことを聞くけど、笑わないでほしいと前置きをして、「どうやったら未来へ行けるのか」と訊ねる。

ここらへんまで来たところで、この劇が<ただもの>ではないのではないかと、胸騒ぎを覚える。(が、ほとんどの観客=高校生は、どんどんひきはじめている。)

部長が校内放送で呼び出されていなくなると、男の子は怖いほどの真面目さで、やって来た1年生に、実現は難しいけど未来へ行くにはこんな方法があんな方法がと頭をひねりつつ話をし、もしかしたらこんなことも意味あるかもしれないと、その1年生に体操をしようと持ちかける。
ふたりの珍妙な体操が始まる。

部長が戻ってくる。1年生、目一杯やりすぎて倒れる!部長、慌てて「こんなに汗をかいて」と、彼女の汗をタオルで拭いてやる。

この時の汗を拭いてやる部長の手つきのあまりの丁寧さ、優しさに、竹内思わずグラッとくる。

1年生がありがとうございましたと帰る。
もう夕方になったのだろう、部屋が暗くなり、男の子も帰るという。そして去り際に、「コクリコ坂」見に行ったら?なんて言う。

部長は、机の上にあった「コクリコ坂」のチラシを例の挿絵の隣りに貼って、至近距離で睨むように、しばしそれを見ている。

その立ち姿が美しく、切なく、彼女がクラスでどんな位置にいるのか、家に帰って自室でなにをしてるのか、等々が手にとって見えるような気がして、なにやら熱いものがこみ上げてくる。

劇の前半だったか、ふたりで卒業後の進路について話すところがあって、志望大学を決めた男に対して、彼女は進学するかどうかも決めてない、分からないと答えていたのだった。

彼女は現在の孤独や先行きの不安に押しつぶされそうになっていて、その寂しさや不安を忘れることが出来るのは、ここに来て、いささか頼りないが同好の士であるあの男の子とSF談義に花を咲かせているときだけなのだ。

「クセニティス」とは古いギリシャ語(?)で、「亡命者=よそ者」という意味だが、そう、彼女はクセニティスなのだ。だからSFに耽る。ここではないどこかに旅をする。

このところ毎週火曜は「ドラボ映画鑑賞会」を開いていて、先の言葉は、昨日見たアンゲロプロスの「永遠と一日」の中に出てきたもの。先週は同じアンゲロプロスの「霧の中の風景」を見た。

後者は、小さな姉弟が、母親からドイツにいると聞かされている「まだ見ぬ父親」に会いに行く話だが、その旅の中であまりに切ない体験をしてしまういたいけな姉弟(かれらもクセニティス!)と、SF研究会の彼女とが、もしかしたら、重なって見えたのかもしれない。

ラストシーン。壁のチラシから離れ、彼女はゆっくりと舞台中央に進み出る。そしてそれから予想通りの展開。
彼女はやにわに「コクリコ坂」を歌いだすのだ。しかも、ここが心憎い演出になっていて、歌いだしたかと思うと、すぐにやめ、今度は大きな声を張り上げて歌い始める。と、それにか細い声で歌う原曲がかぶり、幕が下りる、と。

いやあ、泣いちゃいました、この最後のところで。ずっと我慢していたのに彼女が歌いだしたところでブチっと堤防決壊。すぐに場内が明るくなったので、誰かに泣いてるところを見られたら恥ずかしいので、それ隠すのが大変で ……

知っているひとは知っているように、概ねの高校演劇作品は、ギャグを散りばめ(大体笑えない)、友情だのなんだのといった分かりやすいテーマを涙ながらに声高に叫ぶものなわけですが(もちろん、例外もいっぱいある)、この作品はその対極にあって、なおかつ、先にも記したように、ふたりによって語られるSF関連の話なんてあまりにペダンティック過ぎて誰も興味が持てないから、そういうスタイルの芝居に慣れてる観客はもちろん、そうでないひとも、なにこれ?みたいな反応をするしかないわけです。

案の定、審査員控え室に戻ると、他の先生方は、「もう少し事件とかヤマとかないと」とか「メリハリに欠けますねえ」なんておっしゃってる。
なので竹内、これは現代演劇が発見したひとつの方法だと丁寧に説明。即ち、多くの芝居は、なにが語られているのか、なにを伝えようとしているのが問題になるわけですが、いま上演された芝居は、ひとが語っていること、その状態、あるいは、いかにひとは語りえないかを問題にしている芝居なわけで、云々と。

その場では一応納得いただけたようだったのだが、最終審査では残念ながら高い得点を上げることは出来なかった。残念! それこそ「12人の怒れる男」の主人公のように、執拗にひとりひとりへの説得工作をすることだって出来たかもしれないが、それをしなかったのは、上位に選ばれた作品はいずれも優秀作と呼ぶにふさわしいものだったこともあったからだが、それより、兵庫県代表になって、今週末にあるらしい近畿大会で上演されても、ギャグもなく、声高に分かりやすいテーマを叫ぶこともないこの作品が、観客や審査員から称賛の声を浴びるとはとうてい思えず、そんなことになったら、彼らを傷つけるだけだと思ったからだった。

大会の実行委員をされていたF先生は、この作品を見て、「あんな高校生が本当にいるのなら、淡路島に転勤したい」と言われていたが、わたしも同様のことを思ったのだった。
うん。定年後、わたしは淡路島に住むのだ、と。












貴様らは石かッ! - 2011.11.21 Mon

先週末は、兵庫県の高校演劇大会の審査にあたっていた。
3日間で15本!さすがに疲れはてた。にもかかわらず、ほとんど寝なかった自分を褒めてやりたい。ほとんどというのは、少しは寝たと言うことですが。合計5分くらい。この一ヶ月ほどの間に見たおよそプロとは呼べぬ大人の芝居の10本ほど、残らずガッツリ眠ったわたしがですよっ。

世の中には、過剰に高校演劇を持ち上げるひとがいて、逆に、必要以上におとしめるひとがいる。言うまでもなく、どちらも愚かしい。

今日は昼休みから6時まで、びっしり学生たちの書いた戯曲の個人指導。マンツーマンで8人相手にずっと喋りっ放し。
ひとりの学生と指導のあと雑談をしていたら、彼女は、兵庫県の西宮今津高校演劇部員だったというので、3年前に凄い芝居を作った先輩を知ってるかと聞くと、入学・卒業で入れ違いになったが、知っていると言う。
その<凄い>芝居は、天皇制批判を含んだ内容もさることながら、いわゆる王朝もので、オリジナルの衣裳といい、その演技スタイルといい、高校演劇のフレームからは大きく外れた異色作だった。
しかし彼女から、大会後、兵庫の代表として、他県の作品とともに、京都の春秋座で上演された際、「京都のひとたちから散々な非難を浴びたって、先輩から聞きました」と言う話を聞いて、ひとごとなのに、竹内カッとなるの巻。

誰なんだ、そんな心ない輩は!

確かにわたしも、作中で語られる歴史観に甘さと危うさを感じて、多分そこを突かれたのではと推測するが、もしかしたらこういう言い方は、異色作の作り手には失礼かも知れないが、賢しらに子供の粗探しをして、何が面白い?明らかに才能を感じさせる若い芽を摘むようなことで誰が得をする?
大体京都に、あのレベルの芝居を作れる<大したタマ>がいったい何人いるのだ。

彼は多分、もう4年生になってるはずで、卒業後も芝居を続けるのかどうか、それはもちろん知らない。もしもその時の心ない非難に気持ちが折れてしまったのなら、それだけの才能だったということであろうし、あるいは、そんなバカが蔓延る業界に身を置くのは真っ平だと足を洗うのであれば、それはそれで見上げた見識と言えよう。

今年の兵庫県大会でも、何本か心に残る作品があり、とりわけ、洲本実業高校の作品には、不覚にも(?)涙を流してしまったが、詳しくはまた改めて。

眠くないのか! - 2011.11.17 Thu

なんだか知らないがベラボーに忙しい。
週末の競馬をカットすればもう少し仕事に時間を割けるのだが、そうはいかない。
依存症なのだ!!

それにしてもエリザベス女王杯を2連覇したスノーフェアリーは凄かった。まるで去年の再現。テレビ画面にほとんど映らず、実況アナもほとんどその名を呼ばず、ゴール寸前になって、「勝ったのは、勝ったのはスノーフェアリー!」だもの。
最後の凄い末脚を誰が言ったか「鬼脚」と表現するが、そんなもんじゃない。ゴール寸前、まるで異空間から突然現れたみたいにやって来るのだ。目にもとまらない!

目にもとまらぬ、と言えば、座頭市の居合い抜きだが、WOWWOWでその「座頭市」の全巻連続上映が始まっている。土・日48時間のうちの30時間ほどを競馬に費やし、おまけにこんなものにまで律儀につき合っているから、まあ、ベラボーに忙しいと思ってしまうのだが。

カツシンの「座頭市」はほとんど全部見てるはずだが、忘れてしまっているのもあって、先日上映された「喧嘩旅」は傑作だった。「血笑旅」はいちばんのおすすめ。ひょんなことから赤ん坊を父親のところへ届けなければいけなくなる。「市」の弱点はもちろん目の見えないことだが、それに「赤ん坊」というお荷物を背負うことになり、殺し屋どもに付け狙われている「市」はそのため、たびたびピンチに陥ることになり ……。シナリオがうまく出来てる。古いアメリカ映画がもしかしたらネタ元になっているのかもしれない。相手役の、女スリを演じる高千穂ちずるがいい。何を隠そう、わたしは子供の頃、このひとの子供になりたいと思っていたのだあ!

監督三隅研次の手腕は誰もが知っている。でも、彼だけじゃない。大映京都でいわゆる娯楽映画を撮り続けていた監督たち、安田公義、田中徳三、池広一夫、森一生、みんな確かな腕の冴えを見せていた。だから、他のシリーズ物、「眠狂四郎」「悪名」等々、どれ見たって退屈することはない。

またいつもの話だが。
このところの金土日、いろんな事情があってほとんど芝居を見てる、というか見なければならない羽目に陥ってる。どれも見事に詰まらない。
10年ほど前に亡くなった弟は、わたしの芝居を一度も見たことがなかった。誘うと、「どうせ素人芝居だろ」と言うのだった。
最近見た7、8本のすべて、弟なら間違いなく、「けっ、素人芝居が高い金とって」と言うだろう。
もちろん、どれも、出ている俳優もホン書きも演出家も、名だたるひとが関わってるものばかりです。
でもね、先に記した映画を基準にすると、やっぱり素人芝居と言わざるをえない。
具体的な固有名詞は明らかにしないが、お祖父ちゃんが人間国宝だった俳優がふたりも出演してる芝居もあって、別に期待はしていなかったが、まあ、ヒドイ。パンフレットに座長格の俳優が、「ゆるい稽古場でとても楽しい」みたいなことを書いていて。もしかしたら、退屈な芝居であることが分かってて、それでこういう形でエクスキューズしているのかもしれぬが。ゆるいというより作りが雑なんですよ。ホンからなにから。
でも、まあ、客がよく笑う。箸が転がっても笑う年頃でもないのに。笑い屋を仕込んだのでなければ、不景気風などどこ吹く風の幸せ者たちが結集したのか、そうでなければ、みんな気が狂ってる、そうとしか思えない。

中では、この日曜に見た(聴いた?)志ん輔の落語はまっとうなもので、3000円の入場料は芝居の値段を考えるとベラボーに安い。
久しぶりに生落語に接して、いろんなことを考えたが、それは改めて。

23と24の狭間 - 2011.11.11 Fri

先日、高校時代の友人の結婚式に行ってきました、佐藤です。
彼女はとても幸せそうでした。良かったです。

同級生がどんどん結婚したり子供を産んだりしている現実を目の当たりにすると、ああ、自分ももうそんな歳なんだなあ、いいのかなあ私はこれでと思いながらも、どこか他人事のような呑気な考えのままです。ダメ…なんですかね?今はお芝居より優先に考えられるものがないんですかね、やっぱり。
小さい頃は「24歳で結婚したい!」って、もうあと数ヶ月でわたくし24です。まいります。

このあいだお芝居を観に来てくれた従姉妹、その子のことは生まれた頃から知っていて、最後に会ったのは確かその子が幼稚園くらいの時でした。ずいぶん大きくなって、小学5年生になっていました。

まだ歩けもしない頃から知っていたいとこたちが、中学生になった、いま高校生、なんて話を聞くと、そんなに時間が経ったのかと、なんだか空恐ろしい気分にもなります。
はにかみながら話す小学5年生の従姉妹と心斎橋を一緒に歩いていると、ああ、私はもう世間一般的には「おとな」なんだなぁ、と少しせつなくなります。せつなくなってる場合ではありませんね。私は子供の頃に戻りたいとはあまり思いません。大人に比べてできることが少ないですし。以前何かのTV番組の統計で、一生おとなか一生こどもどっちがいいかというのを見たことがあるのですが、びっくり、一生こどもを選んだひとのほうが多かったんです。う~ん、子供時代はたしかに楽しかったですけど、やっぱり大人がいいです、私は。何をもってして「大人」なのかを考えなくてはいけませんが…。

私は生まれた時から引越し三昧の子供時代を送って来たので、明確な自分の「故郷」というものがわかりません。
だから、みんなの言う「地元の友達」という感覚も、なんだかよくわからないのです。
友達はたくさんできましたが、やはり物理的に距離が離れると、連絡を取り続けることも難しくなります。というか、新しい場所に慣れることに必死になる分、前の場所に時間を割く余裕がなくなるんでしょうか。果ては疎遠に…というのが殆どで。なので、生まれてからずーっと同じ土地に住み続けているひとが羨ましくもあります。

大阪に住み始めてもう10年目になりますが、いまだにどうしてか「故郷」だとは思えません。たぶんこれからも。やっぱり小さい頃の記憶のほうが鮮明で強く印象に残っているからなんでしょうか…。

たった2年しか住まなかった青森のまっしろな雪景色や、5年ほど住んだ東京都町田市の、大家さん家の裏にある林の中で見つけた狐のお墓や、誰かが住んでいる気配のする古びた小屋がほんとは一体なんだったのか、ということのほうが、私の中にはずっと強く残っています。


子供だった自分から目をそらせない大人の自分が、いつか子供時代を見なくなる日も来るのでしょうか。



乾燥肌 - 2011.11.08 Tue

2、3週間前から全身がむず痒く、アレルギーかもしかしてとんでもない奇病かと、この間ずっと不安におののく日々を過ごしていたのだったが、数日前、テレビのニュースで、「この冬、乾燥肌が大流行」というのを見て、これだと分かってひと安心
早速クスリ屋でそれ用の乳液を買って、塗ったら、痒み和らぐ。やれやれ。

沖島勲の映画「ニュージャックアンドベティ」を見る。40年ぶりの再会。
おかしな映画だ。現実と妄想が分け隔てなく、遠慮なく互いに侵入しあう。
お見合いの席が乱交の場になるという話だから、もうなんでもありなのだ。若いわたしはその潔さに心ひかれたのだろう。
巻末に、監督へのインタビューというおまけがついていた。その中で、何度も繰り返されていた沖島の言葉にわたしも同意した。
いわく、「ひとは普段、文学的なことなんてほとんど考えてないのに、なんでみんな、映画に文学的なテーマを求めるんですかね」と。

この10日ほどの間に、全身の痒みと闘いながら、3本の芝居を見た。どれも始めて見るカンパニーのものだったが、始まって10分経つか経たないうちに退屈してしまって、うとうとしてしまった。ベッドでは痒くてなかなか寝付けないのに。
退屈なのは、どれも〈文学的な〉テーマから自由になれないからだ。だから、ラストがおセンチになる、湿っぽくなる。なにか言いたげになる。
改めて言うまでもないが、文学と〈文学的〉は似て非なるものだ。優れた文学作品は、どれも乾いてる。そう、沖島勲の映画のように。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。