topimage

2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山津画伯(すながわ) - 2011.07.31 Sun

こんにちは!
砂川です。

もうすぐ7月も終了、8月からは本番用稽古が開始です。
台本はどの程度いただけるのでしょうか?気になる所です。笑

先日、チケットを印刷致しまして、それを切り分ける作業をしていたのですが、大きさの都合上、紙の端っこが余るんです。
ただの切れ端でゴミなのですが、山津さんの手にかかればほら!!



宇宙人でしょうか?

またまた何やら考え込んで…





置いたり取ったりしながら出来たのがこちら!



これは魚ですね(^ ^)!!

最後は…



星と見せかけて、花です


切れ端をぜんぶ使うというルールでやっていたのですが、なかなか難しかった様子でした。
出来上がった作品は自分でも携帯電話で撮っていましたよ(^-^)/

山津恵理子、不思議な子です\(^o^)/
スポンサーサイト

オオーイ、久保。 - 2011.07.27 Wed

昨日でようやく試験が終わり、今日から夏休みです。とはいっても小さいときのようにヤッター! という感覚はないですね。むしろ8月から次回公演の稽古が始まるので、本番はこれからという心持ちです。ですが、せっかくなので小学校でやった夏休みの絵日記風に書いてみます。

今日、自てん車に乗っていたら。目のまえをおじいちゃんが自てん車で走っていました。フラフラしてたので、なかなかぬかせませんでした。「さっさっとどけよジジイ!」と思いました。でも、フラフラしている人はぶつかりそうになると「オォこわ!」とすぐにじここうていにはしって、ボクがワルモノにされてしまうので、しかたなく後ろを走っていました。
そしたら、後ろのところに「大井 久保」と書いてありました。どちらがうえのなまえかわからないなと思いました。
今日も楽しかったです。

ガク然! くだらない。ですが書いてみたら意外に。

楽しかったです。

すべての問いは猥褻である - 2011.07.27 Wed

今日は東京に帰る日。飛行機の時間は20時なので、それまでどうしたものか、と。函館市内の主なところはあらかた行ったし、喫茶店で原稿を書こうかとも思ったが…。結局、荷物は駅のコインロッカーに入れて、江差まで足を延ばすことにしたのだが、列車がない。1日上下とも4本。木古内まで行ってそこからバスでと思って行ったら、バスがない。
しょうがないので、駅前の喫茶店で本を読むことにする。
大澤真幸「社会は絶えず夢を見ている」

示唆に富んだ内容。すべての問いは猥褻なのだという。どういうこと自分で本を買って読んで下さい。でもこれ、わたしもずいぶん前から実感してたこと。
戯曲はその大半は問いからなっているわけだが、問い・返答ではなく、問いに問いで返すと、たとえそのやりとりする者たちが同性であっても、いや、同性同士の応酬は、内容に関係なく、なんかエッチだなと思っていたのだ。
戯曲を書いてると、向こうの方から勝手に使って下さいと言わんばかりに、ネタがやってくる。今朝の新聞によれば、最近、韓国やタイに、卵子を提供しに行く女性が増えていると言う。それで50~70万円貰えるらしい。今度の「心臓破り」にこれ使う

きみのためにうたをうたおう - 2011.07.27 Wed

「きみとはじめて」の「きみ」を「きー」と伸ばして、それがすーっと消えていくあの部分が、好きです。
「ぼくはたまらなく」の「ぼー」の部分もそうで、のばした音の先はひっそりと静かで、私はいつもそこで泣きたくなります。
「きみ」から「ぼく」へ、「愛をうたっている」のに、どうしてこんなにさびしいんだろう。
そう思って、何度も何度も繰り返し聴きました。わかるようでわかりませんでした。
このカクカクしたゴシック体では表しきれない、あの音と言葉。

早川義夫さんの「君のために」を初めて聴いたのはもう2年くらい前のことで、竹内さんが、「今一度、早川義夫ブームを起こしたい」と云ったのが、私の中では現実のものとなってしまいました。たしかに昨今の20代の若者の間で、早川義夫さんを知る者は多くはないと思うのですが、聴く機会がないせいかな、とも思います。

だって、一度聴いたら忘れられない歌。

いい曲は、正直わざわざ噛みしめなくたって、もうすでに「いい曲」なんだけれど、そういう曲に限って、歌の中の単語のひとつひとつ、一音一音を噛みしめたくなります。
噛みしめ過ぎるくらい噛みしめてからようやく好きになるような歌は、正直、そんなに縁がないんだと思います。

「歌詞を聴くこと」は、高校生になってからようやくおぼえました。
それまでは、歌詞を「詞」というよりは単なる「音」として捉えていたので、耳に心地よい音であればそれで満足だったのですが、私はその頃、肝心なことを見落としていました。
歌詞を書くひとは、きっと「音にした時に心地よい言葉」を選んで、同時に「いい歌詞」を書いているんだ、と。
音と言葉がせめぎあっているのが歌なんだ、と思うと私はやっぱり歌が好きです。
それはまた同時に、私が言葉と音楽を愛してやまないということです。
愛してやまない、なんて恋人にも使ったことありません。(普通使わないか)

次回公演で早川義夫さんの「赤色のワンピース」が挿入曲としてお芝居の中に登場します。
とてもとても嬉しいです。
真っ暗な舞台袖で大好きな音楽が大音量で流れ、静かにフェードアウトしていくまでを聴く。
そのときだけは、周りにひとがいてもひとりな気がします。
1番好きな時間です。





最初のせりふ - 2011.07.26 Tue

先週の土曜から函館に来ている
こちらはやっぱり涼しい。今日も午前中2時間余あちこち歩き回ったけど、うっすら汗ばむ程度でそれがまた心地よい

日曜の競馬で負けた以外はきわめて順調。約束通り月曜には、来年MODEで上演予定の「満ちる」の半分を松本くんに送り、即、10月のドラボ公演「心臓破り」に取り掛かる。

プロットはほぼ出来上がっている。でも毎度のことながら、最初のせりふが難しい。
よくは知らないのだが、囲碁将棋の最初の一手には、そんなに選択肢はないのではないか。野球だってサッカーだって、多分同じだろう。
でも戯曲は。選択肢が無際限だ。
誰と誰がなにを話すのかは決まってる。しかし、どっちから話し始めるのか。Aから始めるとそれにBがこう切り返し、それをまたAが…

先に挙げた囲碁将棋のトップクラスは、20手30手先を読むというが、こんな風にわたし(たち)も先を読ながら書き進めて行く。多分10手先くらいは。
書き出しが難しいのは、小説や批評も同じだろうが、まさかこんな苦労はしてないだろう。

将棋の羽生によれば、確かに20手30手先を読むけれど、そのすべての可能性をシュミレートするわけではなく、長年の経験から来る勘によって、適当に間引きながら推理を進めるのだという。

多分誰でも、戯曲を書きはじめた当初は比較的スラスラ書けるのは、選択肢の数が少ないからで、そのうち書けなくなるのは、先に書いた、間引きながら、ということがうまく出来ないからだろう。
もっとも、な~んにも考えないで、ゴミのようなものを量産して、それを屁とも思わない人には、関係のない話ですが。
書き上げるのに、正味一ヶ月かかるとすると、一週間くらいは、最初のせりふの二つ三つを書いては消し書いては消ししてる。ま、一手打ったら一度蹴ったら、やり直しがきかない将棋やサッカーと違って、わたしらの場合は何度でもやり直しがきくのは有り難いのですが、締め切りというものが現にあり…

台風一家? - 2011.07.25 Mon

台風も去り、比較的涼しく過ごしやすい日が続いています。
皆様はいかがお過ごしですか?

現在、DRYBONESでは、8月3日の本番用稽古開始まで、週1回の制作会議(DRYでは、劇団員で制作を分担しているのです)と、週2回の自主稽古をしています。

明日は会議の後、またまたマジックを習いに行って来ます。
教えてくださるマスターさんも、御多忙のようで、やっと予約が取れました(*´ ∀ `*)


本番用稽古が始まったら、新しく入ったメンバーやスタッフさんの紹介が(写真付きで?!)できればと思っていますので、お楽しみに(´ー`* ))))

ではまた。

ふざけて転回したことを後悔し始めた時の日記 - 2011.07.25 Mon


ドラコミの仕込み初日終了しました

めっちゃまいております


あぁ~…、1・2週間前から痛い痛いと思ってた足の指、ついに親に見せてみたら、最低ひびで多分折れてるなって明るく言われた

…きゃっほぅ~明日舞踊創作だ

やるらやるら
頑張って踊ります

応援してね

来週には治ってることを期待してます

全然考えてない頭の悪い記事でごめんなさい

おやすみなさい


台風 - 2011.07.20 Wed

ですね。



今日は10時までに暴風警報が解除されなかったので5限目まで授業は休講です!
でも6限目&稽古はあるので夕方から学校に行ってきます!!!


ちなみに、10時ちょっと過ぎに暴風警報が解除されたので、本当に休講だと確認できるまですごく心配で落ち着かない時間を過ごしていました…。
友達に聞いたり、近畿大学のホームページを見たり…最終敵には近畿大学のツイッターで確認がとれました☆
学校が休講だと言ってるなら休講で間違いなしです!

最近は学校もツイッターをしてるんですね



そういえば、朝からずっと暴風警報が出てましたが、私の近所では朝の6時から元気よく蝉が鳴いていました!
なので警報はもう解除されたと思ってテレビを見たら、しっかり警報が出ていてビックリしました(笑)
蝉は元気ですね~

赤と黒の - 2011.07.19 Tue

絨毯!!


そうです。トランプ!!
ひたすらに投げて投げて投げまくる!

前回の日記にも書いた、マジックバーのマスターによると、集中して練習して1~3ヶ月かかるそう。

でも、家でやると必ず何枚か無くなる。
そんな訳で、稽古場での練習です。

帰ってこいと念じつつ。


では、また(∩゜д゜)

人間運搬係 - 2011.07.15 Fri


明日、田舎で法事があるので深夜バスに乗って大阪から群馬を目指します。
お金がない人の長距離移動といえば深夜バスですね。新幹線を使うと群馬まで一万五千円以上ですが、深夜バスだと一万円以下です。な~んだ高々五、六千と思ったあなたはお金持ちです。

夜の八時半に出発し、早朝六時に到着です。

ガク然とする長さです!

私は寝付きが悪いので中々グッスリできず余計長く感じます。
時たま、暗ーい車内でジーとしてると自分が運搬物なんだと思うときがあります。運ばれるただの物。普段忘れていますが、人間も物体なんだなと思います。
今から行く法事は去年亡くなった伯母さんの一周忌です。意識もなく、機械によって生かされている伯母さんの姿を見たときもそのように感じました。人間もまた物なんだ。道徳的な感傷を省いてそういう感覚は表現をするときに重要だと思うことがあります。表現はある過程を通して物を提示することなので。演劇は主体である自分の体を表現の過程を通した体、つまり物として提示するわけで。

あ~寝れない!

大人子ども(桂) - 2011.07.15 Fri

こんばんは。
稽古でトランプを投げては拾うを繰り返してたら、深爪になってしまった桂です。
今日は、稽古でトランプ投げの稽古をしたのですよ。
結構皆、上手いこと飛ばしやがりまして、私あわあわ


さて、今日は午前中に縮毛矯正をあてに行きました。
そこで美容院の人と、将来どうするの?みたいな話になり、卒業しても芝居続けたいんですよ、みたいなことを言いました。
そしたら、美容院の兄ちゃんに「そういうのって、辞めるタイミングが難しいですよね。」って言われました。
いや、続けたいんですけど……
その後、いつまでも食えないことしてもね、など色々言われ、しょんぼり。

多分、一般の人は、芝居は続けて行くものではなく、生活に添えてあるものだと思っているんだろうなと。
芝居して食っていけるの?と聞かれたら、NOですし。

でも、私は芝居したい。
DRY BONESも大きく(?)したい。
じゃあ、どうしたらいいんだろう?

そこのとこをちゃんと考えないとなって、思いました。
芝居の技術もそうですが、劇団を有名にするには?芝居しながらどう働いたら生きていける?
そこを考えていかなければ、ずっと子どものままなんだと思いました。
さらに、もっと演劇のことを知り、情報を更新し、考えていかなければ、「職業:俳優」とはなれない。
今の知識のまま、「演劇の役者やっていきます。」って言うのは甘い考え。それこそホント遊び。
だから、美容院の兄ちゃんにそういう事言われて、腹が立ったんだろうな。


私も、来年3月には卒業です。
学生という期間もあと少し。
考えなければ。大人にならなければ!!

スタートから-0.4キロ
前回から+1キロ

増えちゃった

稽古の成果 - 2011.07.12 Tue

こんばんは!
今日はDRYのメンバー6人で、北新地にあるバーまでマジックの手ほどきを受けに行って来ました(`・ω・´)
マスターがとても良い方で2時間しっかり、トランプの扱い方を教えて頂きました。

帰りに桂さんと梅田をぶらぶらしていると、歩道橋の上で空に向かってカメラを構える人達が!
つられて見上げると、そこには虹が
それも、はっきりくっきり、ビルからビルまでかかっていたのです。

もちろん写真を撮りましたよ☆

そうしてぶらぶらとLOFTまで、マジックの練習用のトランプを買いに行き、帰りにしっかり迷子になりました

これからは教わったマジックの練習が欠かせません

成果は劇場で、確かめてください(と、自分でプレッシャーをかけてみる)

では、また。

 - 2011.07.12 Tue


くそっ、鼻水止まんねぇ!!

呟いてみました

吾輩はバカである(桂) - 2011.07.10 Sun

名前は桂春日(`・ω・´)キリッ

どうも、全親類バカ代表、桂春日です。
いや、最近暑いですね。

はい。とうとうやらかしました。
後悔先に立たず
穴があったら入りたいっ!

今まで「私バカじゃないよ」風に見せていた桂ですが、とうとう、ボロが出ちゃいました。
前から桂はバカだと知っている人も多くいますがね。

今日、芝居を観に行ったのですが、そこで書いたアンケートが酷い!!
中学生も書かないであろう内容と、
小学生でも間違えないような漢字ミス。しかも多数!

やっほーい!やっちまった!
桂、漢字書けない!
知られちゃった!

そうなんです。
バカなんです。
4回の、近大の、22歳の、日本人の、人類の、生物の中で一番バカなんです!

もう、馬鹿で良いじゃない!
それが桂なんだって、良いじゃない!
桂は馬鹿な人だなってことで良いじゃない!

うちも……良いと思うよ!

全人類の、「自分馬鹿だな」って思ってる皆さま!
大丈夫!
か つ ら が い る よ !


はい、スッキリ


ただいま体重、-1.4キロ

4割… いや、3割… いや、………ちょっと歓喜と。あと懺悔。そしてけだるさ。 - 2011.07.10 Sun

ぼくは、internet Englishという教科を履修しています。

いままでぼくはなんとなく、何も考えずに授業に出てました。一言で言うとシラバス見てませんでした。てか、説明文が英語なので面倒だ!と。

授業課題が全てであると、ほんと~に思っていたのです。

今まで騒いでいてすいません。
授業課題6割でした。
諦めなくて良かった。

あっ、でも今までやっていない課題をやらないと単位取れないよ、というメールが今日来ました。
頑張ります。
単位まであと一歩です。

ふぁいと自分。



さてさて…昨日、所持金11円にも関わらず涼むためと自分に言い聞かせ帰りに1マイホへ…。

そこでぶらぶぶらぶらぶらぶらぶらぶらぶらぶらぶらぶらぶらぶらしてました。
なんとかして浮上するために歩き回りました。
しかし世の中うまくいくことなんてそんなにないと痛感させられただけでした。こと「お〇ね」に関しては特に。


でも嬉しいこともありました。
飽きたので(十分涼んだので)帰ろうとすると、なんと!!1年ぶりくらいに高校の同級生と遭遇!!
しかもそいつも関係している連絡がぼくのもとに届いたところだった。

すごい偶然だと喜んだものだ。

こういうことがあるから行くのを止められないんだな~(言い訳)
でも事実でもあるのだ(笑)



はぁ…、俺の家のパソコンpowerpoint入ってねぇよ…。卒公観れなかったしよ…。明日バイトだしよ。踏んだり蹴ったりだよ。
とりあえずlesson11どうしよ…。
なんか11という数字に縁がある今日この頃。
今日10日だけど…( ̄∀ ̄)
おしいっ!!ということに…ならないか(笑)

*(気に止めてる方はいないと思いますが)現実には自分のことぼくとは言わないです。てか言えないです。
文字だけってすごい!以外と自由だな~文字だけの世界って。って思ったり、…ラジバンダリ。

おやすみなさ~い。

純のかけら - 2011.07.09 Sat

お昼前、ぼんやりした頭を頂いて、コンビニへスポーツ新聞を買いに行く。今日は競馬曜日だ。
巨人が勝ってた。昨日負けてたら、チーム史上最速の自力優勝消滅だったらしい。ほんと弱い巨人。まさかここまで落ちるとは理由を挙げることは難しくなさそうだが、でもほんとのところは分からない。分からないから手当ても出来ない。頑張るだけではダメなのだ。人間が共同でことをなすのは、ほんとに難しい。

ついでに週刊誌を立ち読み。文春で、ロッケンローラー内田が阿川佐和子と対談してた。笑った
留置所での番号が、69だったとか。ロック面会に来た奥さんの麒麟女史に、保釈金を出してくれと言ったら、自分で作れと断られたらしい。その女史が、記者会見で、なぜ離婚しないのかと問われ、あの人にはまだ純のかけらが残ってるから、と答えたとか。凄すぎるぞ、麒麟女史わたしはあなたの前で平伏したいです。

ちなみにわたし、昔は純一郎という名前で仕事してました。銃には純のかけらが残っているのです、てか

競馬惜敗

めいぜりふって - 2011.07.09 Sat

いきなりえらそうだけど、みんなぎきょくのこと、えんげきのこと、よくわかってないんだとおもう。

ここにも前に書いたのかな、ユーミンは曲作りは時間をデザインすることだって言ってる。
ぎきょくも同じだ。台詞やト書きの言葉で物語を刻んでく、そういうものなんだ。残るのは、言葉(台詞じゃない)であって物語じゃないの。それを物語の解体だの脱構築なんてわざわざ看板掲げて。バッカじゃなかろか。

うんどうてきにじかんをきざむこと。

寺山修司のぎきょくが(芝居も)、素人ぽく映るのは、いい台詞を書こうとし過ぎるからだ。
いい台詞は時間を止める。サッカーのフリーキックと同じだ。無重力回転得点出来ればなんでもいいのかキッカーとキーパー以外は、ほとんど壁よ、面白いか、それ。

ぎきょくにめいぜりふなんていらない。

一ヶ月ほど前だったか、テレビで結婚詐欺事件を取り上げてた。(うん前にも書いたかな、これ、ま、いいか)女が男に電話でお金を返してほしいと言うと、男は、お前は俺のなんだと思ってるんだと聞く。奥さん違う。愛人違う。恋人友達違う、みんな違うと言ったあとで、男は渾身の名台詞をはく。

お前は俺の最後の女なんだよ

嘘みたいだけど、ほんとに電話で叫んでた。因みにこれ、山本譲二の「陸奥ひとり旅」って演歌の歌詞のパクリなんですけどね。
名台詞もここまでくると笑っちゃうんだけど、寺山さんのそれは、早い話、お説教ですからね。
でも、「青ひげ」で連呼される、「台本を人生で汚さないで」って、似てません先に紹介した名台詞に、どことなく。ま、寺山さんが演歌なひとだってことが、これで証明されたわけだけど。

批評家は、止まったものしか摘めない。
演劇批評って難しい。それを彼らがどこまで承知しているのかいないのか。
特に若いひとは、昔の芝居の現物を見てないから、ビッグネームを過大評価してしまう。下敷きにしてるのが、時代の流行りの尻馬に乗っただけの、ただのお調子者の駄文とくれば、もう何をかいわんやなわけで。それでまた、よせばいいのに、自分も同じことを繰り返す。
演劇においては枝葉の問題に過ぎない、現代口語だの、言葉のズラシだのを取り上げて、御託を並べてる。もうちょっと自分の頭で考えろよ。考えないから、目端のきく商売上手な作家の言葉に乗せられて、提灯持ちに成り下がるんだ。

前衛って - 2011.07.09 Sat

勤務する専攻の卒業公演を観る。演し物は、寺山修司の「青ひげ公の城」。
芝居の出来はさておき。パンフレットに寄せられた専攻教員諸兄の文章を楽しく読んだ。
演出担当の松本さんは、今回の演目に「青ひげ」を選んだのは、演劇の基礎実習にはもってこいだと思ったからだと、卒業する学生に基礎実習とはと、皮肉を込めつつ書いている。
水沼さんの、普段の言動そのままに、20期生に20世紀をひっかけるなど、いい加減もいいところと思わせながら、実は結構辛辣な寺山批評になっている。だって、寺山さんは20世紀のひとでしょ、過去のひとでしょと、暗に書いてるわけですから、したたかです。散々暴言三昧をしておきながら、最後をわたし泣きましたみたいなフレーズで終わらせるわたしに比べたら、彼の方が悪党度合いはずっと上位者であることは、言うまでもありません。

確かに古いのです、寺山。物語の解体なんて言って、ほんとは物語が書けないだけじゃないかと、今回の戯曲読んで思ったし。だって普通に下手なんだもの。

寺山が前衛 だったら今時のテレビのバラエティーなんかみんな前衛になっちゃうだって、あっちもこっちも脱構築をやってるわけでしょ。それをもう30年以上も前にやってるんだから、やっぱり先駆的 でもまあ、そもそも脱構築ってアプローチそのものが古いわけでね。
ま、今日のところは、前衛とは短命なり、ということにしておきましょう。

夕焼け - 2011.07.08 Fri


駅に出ると空がきれいなグラデーションでした

写真だと分かりにくいですが…

無駄無駄無駄無駄無駄…無駄? - 2011.07.06 Wed


あ~お腹いっぱい。

カレーうどんをたらふく食った石畑です。
こんなんだから…。


今日から稽古が8月1日まで休みになりました。
毎日毎日結構大変だったけど、いざ休みを貰うと何をしていいのやらです(笑)



いつも稽古終わりに次をどうしようか?
とちょっと考える石畑ですが、今日は何故かいつも以上に考えてしまいました。

明日から休みだってのにね。何してるんだかです。

でもこんなことって結構あるような気がします。
バスケ部を引退したときは、こんなプレーができたら…なんてこと考えたし、ラグビー部を辞めたときだって、タックルの入り方を1から考え直したり。
無駄だってのにね。
もう次は無いのにね。


何故なんでしょうね?

誰か答えを持ってる方がいらっしゃるならご連絡ください。

あっ、まだAI・HALLのやつ連絡取れてません。
明日連絡しま~す( ̄∀ ̄)

樹木稀林=危機麒麟 - 2011.07.06 Wed

根拠のない〈常識〉ほど手強いものはない。いや、正確に言うならば、根拠のない〈常識〉を信じてしまっている人間ほど始末に悪いものはない。

15年ほど前になるのか。今度のドラボ公演に出演してもらう、保や原さん、それから、今では同僚となっている水沼さんも出演したお芝居がありまして。
原さんの話では、そのオーディションには300人の応募があったとのことですが、その芝居のいわば主役をやった、奈良女子大の演劇サークルに所属していた女の子が、大学のサークルに戻って芝居をやることになったら、出番の少ない端役にさせられら、と。その主な理由は、「台詞が棒読みだから」だったとのこと。

これ結構言いますね。
なぜ棒読みはいけないと考えるのか。
台詞って抑揚をつけないといけない。メリハリが大事、と言うのは常識でしょ、と信じて疑わないからですね。

一ヶ月くらい前に、テレビで凄い話を聞いてしまった。
凄い話をしたのは樹木稀林。いま上映されてる、まえだまえだが主演の映画の番宣だったのですが。

監督の是枝氏が、子役たちに前日台本を渡さなかったのは偉いと彼女は言う。
監督いわく、渡すと家で親が変な芝居をつけ、おかしな物言いをさせるからだ、と。
こういう話があるのよ、と麒麟女史。落語家の米朝(人間国宝)の息子が映画に出ることになったと父親に報告に行くと、「ちょっと稽古をつけたるさかい、台詞言うてみぃ」と言うので、息子は台詞を言う。
すると人間国宝氏、違う、この言葉立てんかい、そうやない云々と、まあ手取り足取りして、翌日の本番。監督、息子の台詞回しに頭を抱えた。抑揚だらけで、およそ普段の日常では聞いたことのない物言いになっていたとか。
多分、関西発の番組で米朝をこんなにコケにしたら、この部分カットされてたと思うけど。
麒麟女史に敵なしだなあと関心したわけです
でも、ま、早い話が、息子の小米朝がいかに無能かということなんですが。

なんでこんな非常識な〈常識〉が未だにまかり通っているのか、その原因究明はまた改めて。

ところで、前述したお芝居、アイホール制作の「みず色の空、そら色の水」で主役を演じた西山さん、いまはどこでどうしているのでしょうか

まっすぐのところ - 2011.07.02 Sat

毎日暑いですね。本当にもう、こんなに暑くては7月8月はどうなるんや!!

さて、DRYBONESでは毎週月曜日は映画の日。
今週は小津安二郎監督の『お早よう』を見ました。お早ようって、普通に読んだらオハヤヨウですよねー、なんかあれっ?ってなりました。書いてて。

内容は、ご近所同士の付き合いや親の心子知らず、子の心親知らずのどうってことのない日常。
それだけなのに笑えるんです!だって他人の日常ほど、それも少しもめたりしている時ほど面白いモノはありませんもんね。

ーーーーーー

日常生活のそういう時って、演技では出せないような空気が漂ってるんです。それを芝居で出せないものかな~と、喧嘩のシーンなどでは相手を挑発してみるのですが、ふぬぬぬぬ…

ーーーーー

あ、ほんとどうでも良いんですけど、髪の毛を切りました(`・ω・´)+°
かなりバッサリ。
切ったのは先週の土曜ですが、会う人会う人にどうしたん?!!と、驚かれます。それが楽しくって。ふはははは。
髪を洗うのと乾かすのが格段に早くなりました。エコです(^ ^)


では、また。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。