topimage

2011-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田秀樹の新作 - 2011.02.28 Mon

ブログ書くの久しぶり。こういうものは、ま、習慣ですからね。少し間があくと、書く気が失せるといいますか。

誰か読んでるひといるのかなと思っていたら、最近会う人が口裏をあわせたように「読んでます」という。うれしい。ま、それが励みになって、久しぶりに、というわけです。

この歳になっても日々「発見」がある。
先週の木曜、座・高円寺の研究生の発表会を見る。わたしの戯曲を上演するので、見て感想を聞かせてほしいと言われ、それに応じたのです。
3本上演され、そのうちの2本がわたしの作品で、残りの1本がイヨネスコの「授業」。
「発見」というのは、わたしの「大鴉」は、10分くらいの上演なのに、それがどういう芝居かが分かったのだ。「授業」も同様。亡くなった淀川長治は、いい映画はそのストーリーを2,3行で紹介できると言っていた。最近どういう風の吹き回しか、いろんなところで「大鴉」が上演されていて、その理由がよく分からなかったのだが、結局、こういうことなのだろうか?
わたしのもう1本、「眠レ、巴里」は愛着のある作品だが、残念ながら一部だけの上演では、なにがなんだか分からなかった。

土曜は、野田秀樹の新作「南へ」を見る。まだ上演中だから、その中身の具体について詳述はしないが、結論だけ記そう。退屈!

退屈の中身の理由のひとつが、話が最後まで見ないと分からない、ということ。確かに、どんな物語もミステリー・謎解きの要素を含んでいる。けれども、最後の最後になって、ああ、そういうことかって分かるのって、TVの土曜ワイド劇場とかでやってる安いドラマと同じでしょ? 学生が書いて来る戯曲の多くもこの手なんだけど。
最後まで分からせない方が高級だと思ってるのかな? そういうお馬鹿さんは、H・ホークスの映画を見てほしい。始まって10分足らずでみんな分かってしまう。その爽快さ!

退屈の理由その2。多くの作家は書くことがなくなると、身辺雑記に終始するか、天下国家を論じだす。今回の作品は後者。ほとんど憂国の士みたい。明日にでも田原総一郎と「国防論」などを語りそうな気配だ。

退屈の理由その3。岩松さんが、このブログに書いた彼の新作評を読んだみたいで、その感想をメールで送ってくれたのですが、その中に「わたしは演劇を(野田みたいに)信じない」という意味のことを書いていて。
まさに、野田さんは演劇を信じているというか、正確に言うと、演劇的と思われている手法を信じているのですね。昔、ピーター・ブルックの「テンペスト」を見た時、簡単に言うと、幼稚園の学芸会みたいな素朴なことを、頭の禿げ散らかったおじさんたちが真面目そうにやってるのを見て、「いい歳をして…!」と呆れたものでしたが、ま、それと同じ印象。パンフには、演出には俳優たちみんなのアイデアを取り入れて、みたいなことが書かれてあったけど、ま、一言でいえば、下らないんですよ。幼稚園児がやってれば許されるんだけど。

もちろん、その下らなさは、例えば最近とうとう見てしまった、H・ホークスの映画「大自然の凱歌」の酒場の大乱闘シーンのバカバカしさとは、対極にあるもので。

退屈の理由その4。俳優としての野田さん、わたしは結構好きだったのですが、これが! もしかしたらどこか体でも悪いのか、まったく冴えない。確かに出番も少ないんだけど。出ていてもうっかり見落とすほどの影の薄さ。
太ってるように見えたのは衣装のせい? 違うと見たが。

唯一、悪くないぞと思ったのは、蒼井優。CMでしか見たことなかったけど、ふにゃふにゃした外見に似合わず、動きも喋りも、役柄もあったのだろうが、シャキシャキしてて男の子のよう。とても意志的な、普通にうまい俳優さん。チャーミングだし。
一方、もうひとりの主役の妻夫木くんは、大きすぎる顔と短すぎる足の印象のみ。残念でした。性格はよさげなんだけど。

岩松さん、先のメールで、馬鹿な評論家は野田ならなんでも褒めるって書いてたけど、ほとんどの批評家は目の不自由なひとだから、動いてるものを正確に捉えられない。最近の野田さんの芝居。前述したようにすっかり動かなくなってしまったから、その分、彼らの理解が行き届くようになってと、こういうことだと思われます。

動く/動かないって、体のことではなく思考のことです、念のため。



スポンサーサイト

宇宙刑事ギャバン - 2011.02.19 Sat

いつもながらマッサージのアルバイトの話しなのですが。ガク然としっぱなし。
私が担当した推定五十代半ばの男性。どこかお怪我で触れないところはありますか?と聞くと。

頭は怪我しているので触らないでください。とのこと。
その方の頭はぱっと見、怪我らしきものは見当たりません。ただ…やたらに整っていて……その~。

カツラらしい。

触れない!いろんな意味で触れない。

むこうでは酔っ払いのお客さんが。
おまえのマッサージには愛が感じられない!下手くそ!っと騒いでいます。

愛って何だ!

次に自分が担当した二十代の男性は電話で、20万用意しといてとのこと。

何の仕事なんだ!

題名の宇宙刑事ギャバンとは昔やっていた特撮ヒーロー物です。その主題歌の歌詞に

愛ってなんだ? ためらわないことさ

というのがありました。

そうなのか?強引すぎだろ!それより小さい子供向け番組で何という歌詞だ!

僕の髪が肩まで伸びて - 2011.02.16 Wed

「映画の中の3分の2くらいは、誰かが歌ってる。それはなぜなのか」

先日、竹内さんがこういうことを云った。
ああ、たしかにそうだった。いつも誰かが歌っていた。
真っ白な煙がたなびくロシアの雪の上で、誰かが歌を歌っていた。
「誰か」のひとくくりに入れてしまえるような人も、たしかにそこで歌っていた。

ロシアのカネフスキーという監督の「ひとりで生きる」をDRY BONES映画鑑賞会にて、観た。
数ヶ月前に、「動くな、死ね、甦れ!」を観たのだが、これの続編。
主人公のワレルカ役の少年が、かなり大人びたことに驚く。
厳しい顔つき。
気候もそうだけど、厳しいものしか、そこにはない。
スターリン統制下。捕虜の日本兵も、雪の中にひっそりとうずくまっている。
人が暮らすようなところではないところで、人が暮らしている。
船は、まだらに錆びている。
少女の衣服は煤けたように汚れている。
空が真っ青に晴れるシーンは、一度もなかった。

「動くな、死ね、甦れ!」で、私が一番印象に残っている歌は、実はワレルカの歌でも、日本兵の日本語の歌でもない。

ワレルカの家は母ひとり子ひとりだった。狭くて汚い部屋に二人で住んでいた。ワレルカは子豚を飼い始めた。この子豚は、ベッドでワレルカと一緒に眠る。
隣の部屋には、ワレルカの母に恋心を抱く男が住んでいた。すごく好きみたいだ。酔っ払いみたいにフラフラふざけた男。歌う男。母は男の想いをはねつけた。
その、振り向いてもらえなかった男の歌。
でたらめな歌だと思った。これは私がロシアの音楽に耳慣れていないせい?いや、でも「カリンカ」はちゃんと、ああ、いい曲だなあとわかるから、やっぱりそうじゃないと思うのだけど。
音程がどうなっているのか、よくわからない。あてずっぽうに、いま、その瞬間に思いついた音を次から次へと羅列していってるとしか思えない。クラシック古典派のような、気持ちよく聞こえる音の並びというか法則を、完全に無視している。そんな風に、私には聴こえた。本当にこんな歌あるの?という感じ。これは、この男の歌に限らず、だった。
そして、声だけは、やけにでかい。でか過ぎるくらいだ。怒鳴っているのに近い。
あの歌を、どう聴けばいいのか私にはわからなかった。
聴く歌じゃない。これは、歌うための歌なんだ、と思った。
でも、なぜか、「聴いている私」に突き刺さる。

男は戸の隙間から、愛する女と自分ではない男が楽しそうに抱き合うのを見て、外からドアを狂ったように蹴りつけた。
蹴りつけた後、すぐさま女が驚き慌ててドアを開け、その後ろから女の相手をしていた男が「何事か」と、ひょっこり顔を出すことは、なかった。
ドアの向こうからは何の反応もない。
そこには、その男がひとりきり。しんと静かだった。
男は陽気な歌を歌う。喉が潰れて張り裂けてしまいそうな、ひどい声が、静かな廊下に響き渡る。
男は歌いながら去っていく。
泣いているようだった。
どうして彼は、あんなにも「歌う」のだろう。

「今は、音楽は"聴く"なんだよね」
竹内さんはこうも云った。
私の父は今年、六十になる。
父は子供の頃から、いつも歌っていたらしい。高校生の頃は二人の甥っ子と三人で、当時人気だった「狩人」というフォークソンググループにあやかって、「漁師」というグループ名でバンド活動をしていたとも聞いた。(これはギャグではない)
宮城は気仙沼、幼い頃から海に潜る、釣りをするのは父の日常だった。キャッチアンドリリースなんて認めない、魚を釣るのは、その日の食事のためだった。


満ち足りていないから、歌う。
厳しい環境と闘うために、歌う。
歌っていないと不安で仕方ない。
歌っていないと、自分が、いまここにいる、という確認が、できない。

逆に言えば、いま生きている確認をするために、歌う。

カネフスキーの映画の歌は、そういう歌に聞こえた。


歌わなくてもノホホンと暮らしていける世の中は、ありがたいと言えばありがたいのだけど、この「ノホホン」って何だろう。
「ノホホン」なんて気の抜けた音を、しょっちゅう効果音として連発していて、いいのかしら。
芝居で身体が変わらない。動くのは口先だけ。身体が死んでいる。


芝居がスムーズに流れないのは、根底に「ノホホン」があるからなのかもしれない。




わすれたものを取り戻す作業 - 2011.02.11 Fri

少し前の稽古で、J氏が「演劇は、わすれた物、失した物を取り戻す作業」というような事を仰っていて、その事が最近、頭の中をぐるぐると回っています。

また、今回の公演は「光と、そしていくつかのもの reset」と名打ってありますが、resetとは何なのだろうか?と。
確かに、劇団のメンバーが変わり、演目も過去のものをもう一度やるという事はresetなのだろうけど、


私自身、今までと何が変わったのか?またこれから何が変われるのか??

おそらく今のままでは、今までと変わらない。


悩みは尽きません。


つまりは愚か(桂) - 2011.02.09 Wed

どうもこんばんは。
今日はなんだか眠くないや★桂です。
明日から朝バイト5連勤ですよ!大丈夫かな?

以前、竹内さんが舞台上で愚痴を言うな!(愚痴っぽくセリフを言うな)みたいな発言をされましたが、愚痴は舞台上じゃなくても言わない方が良いですね。

愚痴を言っていると、どんどん自分がみじめになっていくのが分かります。
楽になりたくて愚痴を言うはずが、言えば言うほど自分を傷付けていくという無意味な行為。
国語辞書によると愚痴とは、「言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。」だそうです。
本当無意味!!

また、今日の私の愚痴り方がまずかった!
友達にメールで愚痴を言ってしまったんですね。
直接言うなら、まだ勢いとかで言えるし、喋るということでもやもやが消えたりもするのですが、メールとなると、文章を頭で構成しなくちゃいけないでしょ。
愚痴を言うために、今日起きた事を説明するわけでしょ。
起きたこと、思ったことをまとめていると、いや、どう考えても自分が悪いでしょって結果に至って、その時点でマイハートグッサグサ状態という。
メール打ちながら、何言ってんだ私!ってなるわけですよ。
言うのと、文字として見えるのもまた違いますしね。

そんなわけで、今度から愚痴を言わない!
もし、愚痴るとしても、メールでは送らない!
そう、心に決めた2011年2月の夜なのでした。

愚痴を言わないとか、いつまでもつのやら。

てめぇ!愚痴ってんじゃねぇし!

ぼんやり - 2011.02.08 Tue

お久しぶりですかわだです。


最近、バイトがとても眠い。
ボクは深夜バイトをしているのですが、最近起きるのが辛くなってきました。ナゼ?わかりません。

先週の月曜日、常連さんが「ビール一杯と角ハイボール一杯」を注文しました。

右手にビール、お盆にビールと角ハイボールで持って行きました。

「お待たせいたしました~」ビシャァァァ!!!! なんと!お盆にお客が当たり、お酒をこぼしてしまった。
しかもお客二人にぶっかけてしまったのだ。
「大変申し訳ありません!すぐに拭くものをお持ちいたします!!」とビューーンと裏へ走るボク。
人間とは不思議なもので、もう駄目だなと思ったらとても冷静になる。その時ボクは、

「こぼしちゃったよルラルラル~」とか考えながら一人でニヤニヤしていた。←オイ!

で、たまたま店長がいたので、「お客さんにお酒かけちゃいました」と報告すると、店長は一目散に飛び出してお客に謝りにいった。そしてボクと店長のふたりでお酒を拭いた。

後は特に問題なく進み、お客が帰った。
「これからは気をつけよーっと」と、心に誓った日であった。

卵ときゅうり - 2011.02.03 Thu


 運転免許取得の為に一昨日から、新潟県にある六日町自動車学校に来ました

 スキー場の近くに有る自動車学校なので、空いている時間にスキーが出来ますうひょー!!スキー板とか、ウェアとかタダで貸してもらえます。
 昨日も滑って来ましたが、筋肉痛になりましたスキー滑り過ぎると、教習所の試験の時に足が痙攣するので注意です下半身がマッチョッチョ怪我には十分注意です。

 合宿所のご飯はうまいです
(o^~^o)
 特に新潟魚沼産こしひかりが最高!甘い!
 そのこしひかりで作った地酒もまたうまうま!
 
 初日から友達いっぱい出来ました
((o(^-^)o))
 青山学院大学、慶應大学、東京大学、と何故か高学歴の人が多いです。
 わーおΣ(゚ロ゚ノ)ノ

 この教習所で、自動車免許と体力と脂肪を取得しつつ、自動車学校卒業後の活動に必要な書類やスケジュールの作成を空いた時間にこなして…
 
 教習車を運転するときに、ついつい過度のリアクションと独り言が止まらない丑田でした。

タイトルの卵ときゅうりは、教官がハンドルとサイドブレーキを卵ときゅうりだと思えと言っていたのが記憶に残っているからです。

意図なきものは去れ - 2011.02.02 Wed

本当にご無沙汰して申し訳ありません。山津です。

更新する事はいっぱいあったはずなのに、そうこうしているうちに時期は去ってしまった。

「意図なきものは去れ」 
今日の稽古での竹内先生の言葉。

何らかの意図をもって登場しろということなんですが。

その瞬間瞬間に判断して動くということは本当に難しい。相手をうかがいすぎると動けなくなってしまうけど動いてしまって後で後悔する。

そうこう言っているうちに次回公演も迫ってきています!

苦悩 - 2011.02.01 Tue

どうも、最近悩み事の多い北村です。

まあ、ホントに悩んでる人は悩んでますなんて言いませんけどね
(・_・`)クネクネ


ちゃんとお芝居に向き合えない…
最近はどうしようもない色気ばかり求めているような、、、

「どうしようもない色気」
それは
基本的なことがきちんとできてないくせに
面白くすることばかりを考えてしまうこと、
それは基本的なところが埋まってないのでちっとも面白くない。


立つことができない
歩くことができない
これは役者にとって致命的。
くねくねした役者など使えないのです。
ああ、スタート地点に立ちたい。


まだまだ苦悩する日々は続きそうです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。