topimage

2009-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団員募集! - 2009.09.22 Tue

DRY BONES(ドライボーンズ)では次回公演「ボヴァリー夫人」(2010年3月中旬予定)の上演にあたって劇団員および制作アシスタントを募集します。

DRY BONESとは?


「ボヴァリー夫人」
原作:ギュスターヴ・フローベール
脚色:イノウエ・サトー
構成・演出:竹内銃一郎

【資格・経験】
不問。

【日時】
9月28日(月)
18時30分~

【場所】
近畿大学EキャンパスA館310教室

【応募〆切】
9月26日(土)


【応募および問合せ】
uyaya-nyo@ezweb.ne.jp
drybones.master@gmail.com(ウエノ)

↑オーディション参加希望の方は件名に「オーディション参加」、本文にお名前、年齢をご記入のうえお送りください。


質問等ございましたらお気軽にご連絡くださいm(__)m
スポンサーサイト

世の中は連休ですが。 - 2009.09.21 Mon

現在、近畿大学文芸学部芸術学科舞台芸術専攻18期生の卒業公演の真っ只中でございます。
今回は場内整理でお手伝いさせて頂いています吉野です。


会場は前回DRY BONESが公演したのと同じ近大会館なのですが、何せ卒業公演、お客様がとても多いです。
しかも暑かったり寒かったりお尻が痛かったりと、なかなか過酷な環境になってしまっています。
こうなると、場内整理のスタッフにも胃に穴が空く勢いでプレッシャーがかかるわけで、一公演終わるごとにぐったりです。
しかし、先輩方の最後の公演だと思うとぐったりなどしている場合じゃありません。


場内整理をするたび、自分の使う敬語がむちゃくちゃなこと、人に指示をだすのが苦手なこと…など、数えだしたらきりがない位浮き彫りになります。今回のお手伝いで少しでも改善したいです。

そしてDRY BONESの公演の際、場内整理を引き受けてくださるスタッフさんには改めて感謝です。本当にいつもいつもたくさんの方がお手伝いに来てくださって、やっとお芝居ができるんです。

そうやって協力してくださる先輩方・同期・後輩達に、自分も僅かながらお手伝いすることで、少しでも恩返しができればと思います。

明日からも元気に

授業再開 - 2009.09.19 Sat

後期の授業が始まって三日が経ちました。
更新が遅くなりすみません。山津恵理子です。


そして稽古も始まりました。
今度からの稽古でやるのは、竹内先生の戯曲「氷の涯」の中の一場面です。
長い夏休みの後、ラメラも遠い昔の記憶になっているので、急に目が覚めたような
感じです。

生駒祭や他の行事の稽古も周りで始まり始め、ざわざわと何かが生まれてくるようなかんじです。
時間の流れは速いのでそれについていかないと!と必死です。
とりあえず頑張りたいです。

ゆめのくに - 2009.09.15 Tue

おはようございます!
更新が遅くなりました(>_<)

夏休み中はもっぱら夜遊び、堀暁子です☆笑


今日は友達と一日中
東京ディズニーSeaで遊んできました。

そこで年に似合わず
関西人でも引いてしまうほどの
見事なバカ騒ぎっぷりを
惜しげもなく披露してきた次第です。


ディズニーSeaはものすごい広さなのにも関わらず
乗り物やそれ以外の場所も細部にいたるまですごく凝っていました。

ショーなどの演出はもちろん
乗り物の待ち時間の通路にもセットが施されていたり
掃除をしている人も衣装のような服を来ていたりと

全く「日常」を感じさせない
別世界がまるまるひとつ創られているようでした。


「一時間の芝居でお客さんを飽きさせない」ことでさえ充分に大変なことなのに
一日中いても全く飽きないこの空間には
一体どれほどの工夫とアイデアと手間暇とお金がかかっているのだろうと思いました。

そのための時間や手間を惜しんでは
人の心を動かすことはできないんだと
改めて感じました。


そして
こんなにハシャイだのはいつぶりか思い出せないくらい
童心に帰り
おそらく設計した人の想像を遥かに越えるほど
一日中楽しんで

また明日から
現実の世界に戻って
がんばろうと思っています。

だまし絵展に行ってきました - 2009.09.11 Fri

お久しぶりです。
砂川です。

ふと気付くともう9月も2週目。大学の長い夏休みももうすぐ終わります。
最近はますます秋の気配が増してきて、一昨日なんて朝家から出た瞬間にフワッと冬の匂いがしました。

早いよ~!!
冬はまだ来なくていいよ~
私は秋が好きだよ~(´Д`)


…それでも季節からは逃げられるわけがなく、あっという間に厳しい冬が来るのです。
寒い寒い。霜焼けるよー。

皆さん、インフルエンザや風邪には気をつけましょうね!!



あ、そうそう。先日友達と2人で兵庫県立美術館の『だまし絵展』に行ってきました。
有名なダリやエッシャー、アンチンボルド、マグリッドなどの絵が見れてとても幸せでした。
それにしても、ああいう絵を描く人の頭の中はどうなってるんでしょうね?想像力や発想力を少し分けていただきたい・・・。
そしたらこの世界も違って見るんじゃないかなぁと思います。



それではこの辺で(^^)

 有明海の荒波 - 2009.09.10 Thu

お久しぶりです。
 のんびりサマータイムを満喫中の河田です。

いやー本当にお久しぶりです。役1ヶ月ぶりですか。この間にいろいろなことが起こりましたよ。
まずバイト!そう、先に桂さん家のハルヒさんがバイトに受かったウキウキ情報ではなく、今私が働いている「早い、旨い、安い、ニコ!」のシフトが、まさかの週一に減らされていました。
週一回のバイトじゃぁ芝居を見に行く金にもならんよ!ってなカンジでただいま新しいバイトを探しています。あー金欲しい。


そしてもうひとつ大きな行事がありました。
富山県の利賀村という村で、「世界演劇祭」なるPARTYがありました。
そこでは期間限定で世界のいろんな国の演劇が行われていました。
そこに某ウキウキ眼鏡さんと二人で行ってきました。

いやー衝撃を受けました。全く言語のわからないインドの野外公演から、4ヶ国もの役者さんが皆それぞれ母国語で喋り合う鈴木忠志が演出を手がけた「リア王」まで、どれもこれも迫力満点で、鮮麗された美を感じました。
芝居には種族や言語の壁は無い。と、そう思いました。

ふぅ…夏休み。短いですよね。また学校が始まり、休暇に入り、また月日は流れ、私は大人になっていくのです。
幼い頃、早くなりたかった大人。いまはもぅちょっとだけ子供でいたい。そんな気分です。
社会は荒波。容赦無く絶望は訪れる。まるで有明海の荒波。私は波に乗ることができるのでしょうか。最近そればかりが不安です。

よし!
とりあえず寝ます。
おやすみなさーい。

ザ リ ガ ニ - 2009.09.09 Wed

どうも、バイトが決まってウハウハな桂春日です。
ちなみにバイト先は「あなたとコンビニ」です。

さて、夏休み、なのですが、最近立て続けに集中講義があり、休みじゃねーよ!って感じでした。でも、その集中講義ラッシュも昨日で終わりました。

今日は一日中予定無しだったので、前からしようと思っていた「部屋の片付け」をしました!
日頃より団員から「片付けなさい!」と言われてたのに、先延ばし先延ばし……。
私、片付け苦手なんです。
散らかすのは得意なんですけどね!
以前、姉がうちに泊まりに来るとの事だったので、これは綺麗にせねばと片付けたことがあるんです。
自分ではかなり綺麗に片付いたと思ったのに、部屋に足を踏み入れた姉が少し考えて

「生活感のある部屋だね。」

と言いました。
汚いと言いたいのか!
しかも

「下水から変な臭いするよ?よく暮らせるね。」

いつもこんな、ザリガニの水槽の水が腐ったような臭いがするわけじゃないもん!たまにふとした瞬間に鼻をかすめて行くだけだもん!

まぁ、そんな感じなんです。
ですが、今日の掃除で排水ポンプクリーナー買って綺麗にしたのでもう大丈夫!
ザリガニなんて言わせません!

綺麗な部屋って言いですね。
やる気が出ます!
この部屋が何日続くかは分かりませんが、出来れば1週間は保って欲しいものです。

では、今日はこの辺で!

空はなんだか雲が多くて - 2009.09.07 Mon

 毎度です。上野です。
 長らく更新しませんで申しわけありません。

 さて、九月です。で、どうということではないんですが。やっぱり月がかわると「ああ、長い付き合いだったけど、もう先月になっちゃった」と感慨ぶかいものです。
 まだまだ暑いですが、真夏の粘り気がなくなってスッキリしているのであまり不快ではありません。今くらいの暑さだと扇風機で丁度いいので、クーラーあまり好きじゃない人間にとっては快適に過ごせる日々です。
 
 そんな快適に日々をどう過ごしているかというと、もっぱら部屋で本を読んでいます。もう少しで外も涼しくなると思うので、そのときは、部屋で本を読みます。
 そうです。インドアなんです。ぼく。
 
 来週から大学が始まります。僕は三回生。二十一歳。三歳くらいの子供がいたっておかしくない歳です。「世間」とか「社会」とか「東京砂漠」とか、おぼろげな輪郭でじりじり迫ってきています。
 どんな道を進むにしたって、とにかく、これだけは決めました。
 正直に、途方に暮れる。
 どうしたって「今」ばかり見てるってわけにはいきません。「過去」ってやつは置いてけないし、「未来」はちらちら目に入る。
 だったら素直に、どうしようもない「今」に、ぽっかりと口を開けた「過去」に、気が遠くなりそうなほどあいまいな「未来」に、向き合って、途方に暮れて、生きる。
 大切に生きる。 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。