topimage

2009-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の空です。 - 2009.08.24 Mon

毎度毎度日を空ける吉野です。すみません。

今日はとても涼しく、過ごしやすかったです。
今朝自転車を漕ぎながら空を見上げたら、なんだかすっかり秋の空でした。
そろそろ地元の駅までの道で、トンボと衝突事故を起こす季節です。


「ラメラ」が終わってはや三週間、遠い昔のような気がしてなりません。
その割に「帰れない二人」が終わったのが、ついこの間のことのような気がしています。変ですね。


さて、私はこの夏休み、ここ数年で一番じゃないかと思う程のびのびしております。
公演が終わってからというもの、買い物に行き・本屋に行き・本を買い・友人にも借り・更に買い・と、ひたすら何か読んでいます。
ボヴァリー夫人は今ちょっと躓き気味なのですが。
こうなってくると収納場所に困るわけで、今机の上に平積み状態です。埃を被ってしまう前になんとかしないといけないのですが、読み返すので「売る」は論外。どうしましょう。

そして不慣れな家事にも果敢に挑戦しています。
…今、「かじ」と打つと一発変換で「火事」になりました。
さすが私のPCだけあってよくわかっています。
ガスの火が怖くて、ろくに台所に立てなかったのですが、徐々に慣れてきました。火事にはしません。
いきなり家事を始めた孫娘に驚いた祖父には「花嫁修業か」と聞かれる始末ですが、めげずにがんばります。

それでも、やはり夏休みがあけて学校が始まるとまた難しくなりそうなので、今のうちにやれることをやっておかなければと思います。
読書も同じで、学校が始まると行き帰りの電車でしか読めませんし。

後期になったら、バイトをしてお金を貯めてお芝居を観にいって…、と、予定だけならたくさんあります。
次の公演まで、時間を無駄にしないよう、でもあんまり焦ったりはしないよう、のびのびやっていきたいです。


吉野でした。


先頭に戻りますよね?


スポンサーサイト

夏休み - 2009.08.20 Thu

こんばんは(^O^)
山津恵理子です。
つい最近まで毎日のようにdry bonesのメンバーと顔を合わせていたのに、今では勉強会という先輩から一回生がスタッフの仕事を教わる会のメンバーと顔を合わせる毎日です。

私は音響班なのですが、普段では関わらなかった先輩やあまり話したことがない一回生とも濃い時間を過ごすことにより学ぶことが多いです!

周りの人の好きな音楽を自分も聴いてみたり、
人と音楽について高校のときからずっと考えていたことが頭をよぎったり、
先輩の人の指導の仕方やまとめ方とか
同回の人がすごく頑張っている姿がかっこよかったり

すごく楽しいし、このような機会を与えてくださった先輩方に感謝です!


あと、夏休みの舞踊の稽古に出ていて、
竹内先生が前に、流暢に言葉をしゃべるよりも不自由な方がいいというようなことをおっしゃってて、
舞踊でも身体の能力が低くてもそれを超えて人を惹きつける踊りってなんだろうとか考えたり、言葉が無い分「身体が先行して言葉がある」という状態の身体をもっと自然にできるようになるのではないかなと思ったり勉強になります。
そして単純に汗をダラダラかくのが気持ちいいです。汗かきなので何もしなくても汗をかきますが…

この夏休みの間にもっと自分の身体と向き合っていけたらな~と思います。



次はみきさんです(^O^)/




なんでもないようなことが - 2009.08.19 Wed

お久しぶりです!
目指すは「プレミアもんの女」、堀暁子です☆


公演が終わってもう少しで20日が経とうとしています。

「ラメラ」を見に来てくれた知人からいろいろな感想をいただき
それは私が全く想像していなかった印象や
まだまだ課題は多いなぁと思わされたり
もっとこうすればよかったかも!と考えたりすることばかりで

公演が終わっても
なんだか私達の中で
「ラメラ」は決して終わらないものであるような気がしてなりません。


そして稽古のないこの日々に
どれだけいろんなことを吸収できるか
どれだけ新しい経験を積み
たくさんの人に出会って
遊びに行ったり
飲みに行ったりして
いろんな話をして
目から鱗が落ちて
考えて
そのうち恋なんかして
また考えて
喧嘩して
調子に乗って
赤っ恥かいて
人を罵って
そして失恋もして

そういう「生活」をきちんと積み重ねることが

実はすごく大事なことなんじゃないかと思っています。


役者としての成長は
人間としての成長がないと
絶対に成立しないはずですよね?




あっそういえば
お題が出ていましたね。
わたしの家族がみんな大好きな映画が

夏! - 2009.08.18 Tue


更新が遅くなってすいませんでした!

なんだかんだもうすぐ夏は終わろうとしています。

私はラメラが終わった後次の舞台の稽古のため反省会や打ち上げに参加出来なかったせいかなんだか終わった!という気持ちになっていないような…劇団員と話がしたいです!
でも竹内先生とは二人でランチする機会があり私の悩みを色々聞いて下さいました。4時間くらい話をしたかな。やはり先生は偉大!
私はこの夏を終えたら本や映画をみたり自分の時間を作りたいと模索しています。
次はほりちゃんお願いします☆何か好きな映画とか紹介してくれたらと思います!

課題図書? - 2009.08.12 Wed

お久しぶりです☆
雲のあまりの綺麗さに毎日ウキウキ、だけど暑くてヘロヘロの砂川奈穂です。


先日、先輩から「ボヴァリなさい!」と言われ、月曜日から電車の中の時間を読書に充てています。
あ、『ボヴァる』とは次回公演『ボヴァリー夫人』の原作を読むという意味の河田さんの造語なんです(笑)



私もまだ50ページくらいなのですが、ようやく人間関係が見えて面白くなってきました。

やはり何事も継続は力なり!!ですね。
読書にしても芝居にしても、少しくらい難しいと感じても途中で投げ出さずに続けてみることが大切なのだなぁと思います。


難しくてわからないことを続けるのはとても勇気がいることだけれど、続けた先で何かひとつでも得られるもの、自分で『よし!』と思えるものに出会えれば、それはとっても幸せなことなんだろうなぁ(*´▽`*)




うわ~なんか語ってしまった(。д゚;三;゚д゚)
恥ずかしいのでこの辺で(笑)
お疲れ様で~す。

クーラーに慣れ親しんだ現代っ子、それが私 - 2009.08.11 Tue

こんばんは、北井です。とうとう「ラメラ」が終わってしまいました。千秋楽から今日で九日が経過し、前公演「帰れない二人」からは約五ヶ月が経ちました。長いようで短く、あっという間でした。時の流れの早さを感じるばかりです。

さて世の学生さんたちは今、夏休みです。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。僕は今まで舞台の稽古があったので規則正しい生活をしていたのですが、休みに入った途端に睡眠リズムと食生活が乱れてしまっております。稽古がないと自分を律することがここまで難しいとは・・・・・

しかし、僕も今年で21歳。自分のことは自分で管理しなければならない年齢です。人に優しく、自分にも優しくしたいところですが、ちょっと自分に鞭を打とうと思います。ちょっとだけですが。


次回は砂川さんですね。ではよろしくお願いします。

-悠久の流れの中で- - 2009.08.10 Mon

おほようございます。
まったり夏休みを堪能している河田宏太です。
雨このやろうふざけんじゃねぇ!!服から鞄からグズグズじゃい!!明日は晴れろー


ラメラお疲れ様でした。課題は山積みです。これからどうしたいのか、どこへ向かいたいのか、てか何がしたいのかを毎日考えています。
長期の休暇に入り、今は稽古はありません。この隙に自分のやりたい事と、やらなくてはいけない事を考え、精進したいです。
まぁ私は学生の身分ですので、とりあえず卒業はしなくては…単位が欲しい今日このごろです。
卒業した後はどうしましょう。汗
冷や汗が止まらない今日このごろです。

放り出されるのです。社会の荒波に。自分の心のコンパスはちゃんと定めて進みたいです!
よーし明日も頑張るぞう!!
では本日はこのへんで。

次はあなたです!  北井さーん!!

今日は暑かった。 - 2009.08.08 Sat

今晩はです。
また停滞させてすみません。
どうも、桂春日です。

今日は我が故郷、広島から友達がやってきました!
行くとこを決めずにふらふらしてたら天王寺動物園に!しかも、期間限定で入場料無料でした。素晴らしい!

動物園、良いですね。
特に「鳥の楽園」という、網でできた庭の中に入って、鳥を見るというあれなんですが、あれは見てて飽きそうにないですね。
みんなやりたい放題みたいな感じで。

さて、話しは変わりますが、今3月公演の為にボヴァリー夫人を読んでいます。
まだ最初の方しか読んでいませんが、もうくじけそうです。
今のところ……面白くない……。
ですが、第2部から面白くなるらしいので、頑張って読みすすめます!

では、今回はこの辺で。
そうそう、バイトですが、10日に宮本○なしに面接に行きます!受かると良いな。
それでは。
次は河田君の番ですね。
よろしくお願いします!

彼方へ - 2009.08.05 Wed

 毎度です。上野です。
 
 ついつい日記を書き忘れているうちに公演が終わり打ち上げが終わり、気がつけばいつもの日常に戻っていました。
 夏休み。
 しかし、竹内先生から与えられた課題はとても大変なものです。

「自分たちはどこを目指すのか」
「自分とはいったい何なのか」

 僕が役者をしているのは、こうやって日常では考えられないことを考える時間が与えられるからだと思います。
 僕は別に芝居が大好きというわけではありません。役者として上手になるために本を読んだりトレーニングをしたりするのではなく、読書もトレーニングも芝居もすべては「考える」方法として等価なのです。
 課題は常に山積みです。
 しかし漠然と「山」全体を眺めていても仕方がなくて、「やっと五合目か」なんてつぶやきながら具体的に一歩ずつ進んでいかなくてはいけない。
 僕は行きたいです。雲をつきぬけて頂上まで。出来ることなら、もっと先へ。
 

 さて、バイトの決まらない桂さんにバトンタッチします。現状報告、よろしくお願いしますね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

公式ホームページ

お客さま

プロフィール

初代管理人

Author:初代管理人
写真は竹内銃一郎
(ウィキペディアの解説ページ)

mixiコミュニティ

カテゴリ

竹内銃一郎のドラボノ介 無頼控 (255)
公演情報 (9)
稽古場日記 (591)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。